読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ガチトラ PSP 元極道の教師が 心に闇を抱えた学生を救っていく 泣いちゃうね

名作 面白さ保証 アクション アドベンチャー 長編 PSP

遊び応えが抜群  この一言に尽きますよね

 

[元極道の教師が 心に闇を抱えた学生を救っていく 泣いちゃうね]

[ガチトラ  スパイク  プレイステーションポータブル]

2011年発売  ジャンル アクションアドベンチャー  参考価格500円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  10時間

このゲームに対する世間の評価  ストーリーが最高 生きる活力が湧いてくる

どんな人におすすめ  龍が如くシェンムーが好きなら 絶対におすすめ

 

 

やる気がない時ってありますよね。

 

「何もしたくないな…」こんな気分です。

 

そんな時は、

やる気が出てくる作品を遊べばいいんです。

 

熱くて、熱くて、熱すぎる作品を。

 

 

そんな今回の 生きる活力が湧いてくる 名作アクションアドベンチャー

ガチトラの感想です。

 

 

 

ガチトラとはどんなレトロゲーム

 

このガチトラですが、

2011年にスパイクから発売された

プレイステーションポータブル専用のアクションアドベンチャーでした。

 

 

そんなゲームの目的は

 

無敵の極道、梶虎男

 

とあるきっかけで、

学園の高校教師になってくれと頼まれてしまう。

 

引きこもりの学生

 

闇金に追いかけられている女子高生

 

精神的なショックで、

言葉を発することができない女子高生

 

とある原因で

不良学生になってしまった高校球児

 

などなどを、

持ち前の熱さと、元極道ならではの怪しい方法で、

まっとうな人間に成長させていく。

 

果たして、無事全員を卒業させることはできるのであろうか…。

 

こんな目的になっていました。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションアドベンチャーで。

 

似たタイプのゲームで言いますと

龍が如く」や「シェンムー」などに似ていました。

 

住宅街や歓楽街、

高級住宅地や学園等々。

 

様々な場所を歩きながら、

 

服を買っても良いですし

 

コンビニに行っても良いですし

 

ステーキ屋さんに行っても良いですし

 

街を歩く住人の悩みを解決しても良いですし

 

メイド喫茶に通っても良いですし

 

映画館に行って、映画を見ても良いですし

 

とにかく自由度が高い作品になっていました。

 

街には沢山のミッションがありまして、

そのミッションをクリアして行く事で、人間的に成長しますし。

 

授業で使える教材をゲット出来るようになるなど、

教師版の龍が如くになっていました。

 

 

ゲームの流れとしましては

 

問題を抱えている学生が現れる

 

学園では対処ができない

 

どんな手段を使ってでも解決しようとする主人公

 

学生の不安を取り除くために、

様々な場所で情報収集をしていき

 

その学生に、今なにが起こっているのかを理解する

 

学生とバトルをして、

心と心でぶつかって行く

 

無事に事件を解決して、めでたしめでたし

 

かと思いきや、また新たな問題児が現れる…。

 

こんな一連の流れになっていました。

 

 

どうして、引きこもりになったのか?

 

どうして、闇金に追われているのか?

 

どうして、言葉を発することができなくなったのか?

 

こんな問題を、

必死になって解決していく。

 

王道な学園ドラマを楽しむことができました。

 

 

龍が如く

極道の物語でした。

 

GTOは

元暴走族の教師の物語でした。

 

その二つを足せば絶対に面白いはずです。

 

なので足しました。

 

 

元極道が、高校教師として

熱く生きていく。

 

遊んだあとには、

生きる活力が湧いてくる。

 

話題にならなかったのが不思議で仕方ない

 

名作ゲームをお楽しみください。

 

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

ガチトラの感想でもあり レビューでもあり

 

[ペルソナ4のりせちーの顔面を蹴る そんな衝撃]

 

このゲームを遊んで、

ます最初にビックリするのが。

 

女子高生をぶん殴るところでしょうか。

 

男子高校生ならば、

ぶん殴っても良いと思います。

 

拳と拳の語り合い

 

それこそが、学園ドラマです。

 

しかし、女子高生をぶん殴るのは無しですよね。

 

それはもう、ただのバイオレンスです。

 

 

そんなバイオレンスを、

開始10分ほどで体験させられる。

 

この始まりこそが、

ガチトラというゲームの面白いシステムになっていました。

 

 

主人公の虎男は、

401戦無敗の、無茶苦茶強い極道です。

 

バス停のコンクリートの部分で殴られても、

平気な顔で笑っています。

 

こち亀の「両さん」並みのタフさになっています。

 

 

そんな主人公が、

アクションゲームの主人公になってしまったら。

 

もはやクソゲーになってしまいます。

 

 

だって、まず死なないのですから。

 

 

そんな部分を、解決したのが。

 

語り合いというバトルシステムでした。

 

画面は格闘ゲームの画面です。

 

主人公と、問題のある学生が

命を賭けて殴りあう

 

そんなゲームです。

 

しかし、現実の世界では

言葉の言い合いになっています。

 

つまり、言葉の言い合いを、

格闘ゲームで表現している訳です。

 

言葉の言い合いならば、

どんなにタフな主人公でも、女子高生に負けてしまいます。

 

このハラハラドキドキを、

格闘ゲームとして表現していく。

 

斬新なシステムが話題でした。

 

 

そんな斬新なシステムの

トップバッターとして登場するのが。

 

「ゆいちゃん」と言う

女子高生のトップアイドルでした。

 

このゆいちゃんですが、

ペルソナ4のりせちーに似ています。

 

ペルソナ4のりせちーも

女子高生のトップアイドルでした。

 

そして、声も同じです。

 

釘宮理恵さんが声をやっていまして、

まさにりせちーがそこにはいました。

 

そんなトップアイドルの顔面を、

蹴る所から始まる。

 

この斬新すぎる始まりこそが、

ガチトラというゲームを

最後まで遊ぼうと決めた理由だったのかもしれません。

 

 

学園では対処できなかった、

トップアイドルの心の闇を。

 

極道の主人公が解決する。

 

もしかしたら、この人はとんでもない人間なのでは…。

 

 

こんな始まりで、物語がスタートしていく。

 

もう絶対に遊ぶしか無いよね。

 

 

 

[ゆとりの為にこのゲームは有る そんな激アマなシステム]

 

このゲームですが、

どんな人でもエンディングまで行けます。

 

努力すればエンディングまでは行けるとか

 

攻略方法があるのでは、エンディングまで行けるとか

 

そういう意味では無く。

 

誰でも、絶対にエンディングまで行けるようになっていました。

 

 

それはどうしてなのか?

 

このゲームがゆとり仕様だからでした。

 

 

敵が出てきます

 

こちらは1人、相手は3人、

絶体絶命です。

 

幾らタフな主人公でも、

拳銃を持っている相手には苦戦します。

 

なので、ゲームオーバーになります。

 

ここで、

「リトライするのか

「簡単にしてリトライするのか」を選べるようになります。

 

「クリア出来ないの?」

 

「だったら簡単にしてあげるね」です。

 

なので、簡単にしてリトライをします。

 

それでも負けます。

 

だって3人ですからね、

それは無茶ってもんです。

 

すると、

「リトライするのか」

「クリアした事にするのか」を選べるようになります。

 

なんと、クリアした事にしてくれます。

 

「これでもクリア出来ないの?」

 

「じゃあもう進んでいいよ」です。

 

アクションゲームなのに、

アクションゲームを無視して進んでも良い。

 

こんな激アマなシステムこそが、

どんな人でもエンディングまで行ける理由なのでした。

 

 

ただ、ゲームをクリアしないと、

「その学生がどんな理由で悩んでいるのか」が

分かりにくくなるという物がありました。

 

このゲームでは、

最後のとどめとして、虎男の「熱い説得」を聞くことができまして。

 

その熱い説得に感動した学生が、

まっとうな人生を歩んで行くという流れなのですが。

 

クリアした事にして進んで行きますと、

そのシーンがまるまるカットされてしまいますので。

 

自力でクリアした方が

より感情移入できるというのは良かったです。

 

 

ゲームが苦手な人は

クリアしたとみなして楽しむ

 

ゲームが得意な人は

必死にゲームをクリアして、より感動する

 

こんなバランスが最高なのでした。

 

 

アクションゲームなのに

 

アクションを無視して進んでも良い

 

今の時代って凄いね

 

 

 

[遊べるゲームが多すぎて、めちゃくちゃ楽しめる]

 

このゲームは、

本編で言えば10時間で終ります。

 

10時間で終りますが、

それ以外の要素が盛りだくさんでしたので。

 

全てをコンプリートするには、

とんでもない時間が掛かると思います。

 

釣りをしたり

 

シューティングゲームをしたり

 

テニスをしたり

 

野球をしたり

 

空手をしたり

 

まあ沢山のミニゲームが用意されていました。

 

 

そんな中で、

物凄くハマったのが、メイド喫茶に通う事でした。

 

闇金に追われている女子高生を、

メイド喫茶で、安全に働かせるという流れなのですが。

 

物語をクリアした後も、

その女子高生はメイド喫茶で働き続けます。

 

その女子高生を、

「究極のメイドまで育成しましょう」というミニゲームです。

 

主人公が料理を頼めば、

メイドの料理のスキルが

 

主人公とトランプを楽しめば

メイドの対応力が

 

なんて感じで、

お金をガンガン使って

メイドのランクを上げまくって行く

 

こんなシンプルな育成シミュレーションが、楽しくて。

気づいたら、延々とプレイしていましたね。

 

 

本編に10時間

 

それ以外の要素で、20時間

 

もはやおまけがメインだね

 

 

 

ガチトラのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

最初は思っていました

 

龍が如くのパクリなのかな?と

 

しかし、龍が如くにも負けない魅力がある

 

そんな奇跡をお楽しみください

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

トーリーが本当にいいんです。

 

主人公を敵視していた人間達が

 

主人公の魅力に負けていき

 

どんどん仲間になって行く。

 

こんな展開こそが、

王道の学園ドラマですよね。

 

そんな展開を、

自分自身で体験していく。

 

マジで面白かったです。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが、

めちゃくちゃ面白いんですけどね。

 

あまり話題になっていませんよね。

 

物凄く残念だと思います。

 

ですので、この機会に遊んでほしいなと思います。

 

今なら格安で買えますし、

難易度もめちゃくちゃ低いですからね。

 

トーリーを楽しむだけでも、

充分に遊ぶ価値はあると思いますね。

 

 

最近やる気が出ないな

 

そんな人は、

ガチトラという最高のゲームを遊んでみてはいかがでしょうか。

 

きっと、やる気がみなぎってくると思います。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

龍が如くに GTOをプラスして 名作ゲームに進化させる

それこそが、今急いで500円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます