読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

スーパー雀豪の感想 戦えば戦うほど 自分の麻雀データが蓄積されます

名作 SFC 麻雀 シミュレーション

前任者はホンイツばかり上がっていました

 

f:id:retogenofu:20160315173820j:plain

[戦えば戦うほど 麻雀の傾向が分かる?]

[スーパー雀豪  ビクター  スーパーファミコン]

1995年発売  ジャンル  麻雀  参考価格350円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  10時間

このゲームに対する世間の評価  玄人好みのマージャンゲームでしたね

どんな人におすすめ?  イカサマなしの正統派ゲームが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

今の時代では

ゲームソフトとデータが別々になるのが当たり前ですよね。

 

DSなどはゲームソフトにセーブしますが

それ以外では、もうメモリーカードにセーブをしますからね。

 

昔の様に

「前任者はどこまで進めたのだろう?」という楽しさが無くなりました。

 

レトロゲームを購入する理由の

10%くらいは、あのドキドキの為に有ったのかもしれません。

 

 

そんな今回の 前任者の歴史を覗き見よう

スーパー雀豪の感想です(*’▽’)

 

 

 

スーパー雀豪とはどんなレトロゲーム

 

このスーパー雀豪ですが

1995年にビクターから発売された

スーパーファミコン用の麻雀ゲームでした。

 

 

ゲームの目的は

1人のプレイヤーとなりまして

大会やフリー対局を繰り返しながら

自分の麻雀の腕前を磨いていこうという作品でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな麻雀ゲームで

 

イカサマなし

運の増減システムなしの

正統派麻雀作品でした。

 

フリー対局

雀豪位戦

短期戦

 

こんなモードから好きなモードを選び

麻雀を楽しむのが目的でしたね。

 

最初にフルネームと生年月日を打ち込み

自分の分身を主人公にすることで

ゲームに感情移入することができましたので

 

他の麻雀ゲームとは違う

心地よい中毒性がありました。

 

一見するとシンプルな麻雀ゲームなのですが

細かな楽しさが散りばめられている

隠れた名作麻雀ゲームなのでした(^◇^)

 

 

 

スーパー雀豪の感想でもあり レビューでもあり

 

[舌戦を乗り越えて 相手を叩きのめせ]

 

このゲームですが

対局中に相手が喋ってきます。

 

「ダブリ―をかけられるってラッキーだわ」とか

「親リーは高いわよ」とか

 

まるで本物の麻雀を遊んでいるかのように

会話を楽しむことができました。

 

これだけならばハートフルなゲームですが

 

「はだか単騎はあがれないよ」とか

「あなたの捨て方は、酷いわね」とか

「あなたには絶対に負けないわよ」とか

 

かなりの攻撃をされます。

 

そして、このタイミングが絶妙でして

本当に腹がたってくるんですね。

 

あがらなければトップになれない状況で

「あなたの捨て方は、酷いわね」ですからね

 

冷静さを失う事間違いなしでした。

 

そんなムカつきを乗り越えて

冷静に戦う事こそが、麻雀の必勝法だったのかも知れません。

 

 

まあ、喋った相手から

無理矢理にでもあがりたくなりますので

結果的にガタガタになるのですがね。

 

「他の人からあがれるけど、絶対にあいつからあがってやる!!」

こんな怒りが、トップからどんどん遠ざかる理由になるのでした。

 

麻雀って奥が深いんですね(´・ω・)

 

 

 

[戦えば戦うほど どんどんデータが蓄積されていく]

 

私は図鑑を埋めるのが何よりも好きです。

 

ウィザードリィ

ポケモン

ドラクエモンスターズ

 

図鑑を埋めていくのがメインの目的でしたね。

 

そんな楽しみが

このスーパー雀豪でも楽しめました。

 

このゲームでは

 

今まで上がった役

トップを取った回数

総合の点数

何回試合を行ったか…

 

なんて感じで、過去のデータを全て見る事が出来ました。

 

 

麻雀というのは難しい役ほど高得点です。

 

そしてその最高クラスが「役満」と呼ばれる王様です。

 

そんな役満を埋めていくのが楽しかったですね。

 

正統派の麻雀ゲームなのですが

役満は比較的出やすかったと思います。

 

そんなシステムでしたので

とにかく半チャンを繰り返しまくりまして

自分の歴史を塗り替えていくのが楽しかった作品でした。

 

 

そして、このデータのおかげで

自分が好きな役というのが改めて分かって行きました。

 

私は「ピンフ」という

オーソドックスな役が大好きなのですが

 

人によっては

「トイトイ」や「ホンイツ」などが好きな人も居ますので

自分を見つめ直すには最高でしたね。

 

 

このゲームを中古で購入したのですが

前任者はホンイツばかり上がっていましたね。

 

ピンフが20くらいなのに

ホンイツが90くらいで

トイトイが50くらいでした。

 

私はピンフが80くらいで

ホンイツは10とかでしたので

「こんなに好みが分かれるんだな」というのも面白かったですね。

 

遊べば遊ぶほど

自分のデータが蓄積されていく感じが

このゲーム楽しむ理由なのかも知れませんね(/・ω・)/

 

 

 

スーパー雀豪のまとめ

【中古】 SFC スーパー雀豪(ソフト単品)

【中古】 SFC スーパー雀豪(ソフト単品)
価格:280円(税込、送料別)

 

「RPGツクール」や「デザエモン」など

中古で購入する事で

前任者の秘密を覗き見る事ができるソフトはあります。

 

このスーパー雀豪も

そんな楽しみがあるソフトの1つなのかも知れませんね。

 

前任者はどんな雀士だったのかを

覗き見る事ができる

こんなドキドキがあったのでした。

 

人の日記を覗き見たいなら

是非とも購入してください(/ω\)

 

 

そんな今回の、自分で歴史を作り上げていくのが楽しい

スーパー雀豪の感想でした(*^▽^*)