読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

タッチダウンフィーバー シンプルさが売りのアメフトゲーム

シンプルなほうが分かりやすいですからね

 

f:id:retogenofu:20170315001642j:plain

[複雑なアメフトを、シンプルに楽しもう]

[タッチダウンフィーバー ケイ・アミューズメント・リース  ファミコン]

1988年発売  ジャンル スポーツ  参考価格580円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  アメフトを知らなくても楽しめますよね

どんな人におすすめ?  楽しいゲームが好きならおすすめ

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

アメリカンフットボールというのはとても複雑です。

 

それこそ、どんなルールなのかは未だに分かりません。

 

そんな、アメリカンフットボールのゲームを発売するとなった時に

どこまで複雑にするのかというのは難しいですよね。

 

「それならば、いっそシンプルにしましょうか」というのは

意外と正解なのかも知れません。

 

 

そんな今回の、複雑なアメフトを、シンプルに楽しめるゲーム

タッチダウンフィーバーの感想です。

 

 

 

タッチダウンフィーバーとはどんなレトロゲーム

 

このタッチダウンフィーバーですが

1988年にケイ・アミューズメント・リースから発売された

ファミコン専用のアメフトゲームでした。

 

 

ゲームの目的は

トーナメントを優勝するか

リーグ戦を制覇するのか

こんなシンプルな目的でした。

 

ゲームのシステムは、シンプルなアメフトのゲームでした。

 

パスをしながら少しずつ進むのか

快足を飛ばしながらランニングで進むのか

こんなシンプルさが売りでしたね。

 

 

アメフトの基本ルールである

4回攻撃権を持っている間に

「10ヤード進まなければいけない」というのを

上手く表現出来ていたのも最高でした。

 

アメフトというのは

本来ならば、複雑な作戦面が売りなのですが

 

その部分を、あえてシンプルにしていましたので

楽しみながらアメフトを学ぶことができました。

 

 

アメフトゲームの中でも

かなりシンプルな作品なのでした。

 

 

 

タッチダウンフィーバーの感想でもあり レビューでもあり

 

[相手の足が速いのならば、チームプレイで行こう]

 

アメフトゲームの面白い所は

現実では体験できない

圧倒的なランニングのスピードだと思います。

 

快足を飛ばして

 

相手をグングン抜いていきながら

 

最後はタッチダウンというのが

 

ド派手で楽しいものです。

 

しかし、今回のタッチダウンフィーバーに関していえば

そんな現実離れしたプレイは、殆ど出来ません。

 

少しの距離を進んだだけで、相手に潰されてしまいます。

 

せっかくのアメリカンフットボールのゲームなのに

少し物足りなく感じてしまいます。

 

 

そんな時に登場するのがパスです。

 

相手の足が速いのは当たり前です。

 

何故ならば、ボールを持っていないので

全力でこちらを追いかけることが出来ます。

 

一方こちらは、ボールを持っていますので

ボールを抱え込みながら走らなければならず、とても大変です。

 

そこで登場するのが

大事な仲間との連携プレイなんですよね。

 

「まったく攻められないじゃないか」と思っているところに

「こちらにパスをくれ」と、味方が絶好の位置に走りこんでくれている訳です。

 

1人では絶対に突破できないので

 

みんなで力を合わせて、頑張りましょう

 

こんな熱い展開が待っていました。

 

 

この、パスをメインに組み立てていくのが

アメフトのゲームというジャンルではかなり斬新でしたね。

 

玄人好みの、パスに焦点を当てることで

このゲームでしか味わうことが出来ない、独特の世界感になったのは

 

結果的に大正解だったのでしょうね。

 

 

 

タッチダウンフィーバーのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

タッチダウンフィーバーというタイトルなのに

ほとんどタッチダウンできない

 

パスフィーバーと言っても過言では無い

そんな体験をどうぞ。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームの醍醐味は

相手のパスを強奪することです。

 

相手も、パスを多用してきますので

そのパスの動きを先読みしまして

颯爽と強奪していくのが最高でしたね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

アイシールド21という漫画を読んでいた世代にとっては

アメフトが身近なのかも知れませんが

 

それ以前の世代にとっては、アメフトは未知のスポーツでしたので

 

この作品で学んでみてはいかがでしょうかね。

 

 

颯爽と駆け抜ける相手を潰して 

 

こちらはパスで攻めまくる

 

ああ楽しい…。

 

 

パスがメインのゲーム性 

タッチダウンフィーバー

 

それこそが、今急いで580円で買う理由です

 

こちらから購入できます