モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ジョジョの奇妙な冒険・ファントムブラッド PS2版 初代のジョジョは 北斗の拳だった

クソゲーかと思ったら超名作アクションだった

 

f:id:retogenofu:20170216221310j:plain

[この一本のゲームソフトだけで  ジョジョの1部を濃厚に体験できます]

[ジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッド バンナム プレイステーション2]

2006年発売  ジャンル アクションゲーム  参考価格480円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  6時間

このゲームに対する世間の評価  クソゲーかと思ったら名作だった

どんな人におすすめ  全てのジョジョ好きには遊んでほしいな

 

 

ジョジョって本当に素晴らしいですよね。

 

ジョジョを読んでいるだけで

オシャレな人になった様な錯覚に陥ります。

 

熱いバトル漫画なのに

 

作品の中には爽やかな風が吹いている

 

奇跡です。

 

 

そんな今回の  このゲームの存在を忘れないでほしいな

ジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッドの感想です。

 

 

 

ジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッドとはどんなレトロゲーム

 

このジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッドですが

2006年にバンダイナムコから発売された

プレイステーション2専用のアクションゲームでした。

 

大人気少年漫画

ジョジョの奇妙な冒険」のゲーム化作品で。

 

有りそうでなかった

ジョジョの第1部のゲーム化でした。

 

人気が高い

第3部や第5部のゲームは有ったのですが。

 

ジョジョの奇妙な冒険の始まりである

第1部はゲーム化されていなかったんですね。

 

そんな、疑問に答えたかどうかはわかりませんが

 

満を持して、プレイステーション2というハイスペック機で登場したのが

今作の「ジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッド」なのでした。

 

 

そんなゲームの目的は

 

紳士になりたい熱い男

ジョナサン・ジョースター」を操りまして。

 

ジョースター家の財産を根こそぎ奪おうとする

完全なる悪「ディオ・ブランド―」と対決していく。

 

そんな壮大な物語になっていました。

 

最初はいじめっ子にも勝てなかった

ジョナサンが

 

さまざまな苦難に立ち向かっていく事で

どんどんたくましい男になって行く。

 

このゲームソフト1本で

ジョジョの奇妙な冒険の第1部を丸ごと楽しむことができる。

 

遊ぶ応え抜群の作品でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションゲームで

 

アクションゲームというよりも

格闘ゲームに近い作品だったのかもしれません。

 

小さなステージに閉じ込められまして

敵との殴り合いをして行きます。

 

面倒なコマンドなどはいらず

ボタンの組み合わせでコンボを叩き込んでいく

 

シンプルなアクションゲームでした。

 

 

ゲームの基本的な流れとしては

 

原作のストーリーが流れる

 

ジョナサンの敵が登場する

 

敵とのアクションバトルが始まる

 

倒すことで、成績に応じたポイントが貰える

 

原作のストーリーが流れる

 

次のチャプターへ。

 

こんな流れになっていました。

 

コンボ数や残りライフ、残りタイムのほかに

 

「何度ポージングを決めたのか?」という

物凄くジョジョっぽいシステムも最高でした。

 

敵を殴りつつ

美麗なポージングを、合間、合間に決める。

 

スタイリッシュ過ぎるゲームでしたね。

(ポージングを決める事で、攻撃力がアップしたりします)

 

それらを総合した結果によって

ランクとポイントが表示されまして。

 

そのポイント数に応じて

隠し要素が解禁されていくという

やりこみのシステムも最高でした。

 

 

最初は

いじめっ子にすら勝てなかったジョジョ

 

ディオとのボクシング対決もボコボコ

 

そんなジョジョ

どんどんたくましい男になって行く

 

ジョジョの伝説の始まりの作品

 

アクションゲームとして考えても

超が付くほどの名作ゲームなのでした。

 

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

ジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッドの感想でもあり レビューでもあり

 

[2時間で終わるんだろうな  からの6時間]

 

このゲームを遊んだ時に思いました。

「中途半端に終わるんだろうな」と。

 

ジョジョの第1部の展開で言いますと

 

最初の展開は

「どうやって、ずるがしこいディオから財産を守るのか?」という

展開だったと思います。

 

どんな悪にも屈しない

熱い男ジョナサン。

 

そんなジョナサンをボロボロにして

ジョースター家の財産を、自分のものにしようと画策する

完全なる悪のディオ。

 

そんな頭脳ゲームの様な展開でした。

 

 

そんな展開が

2時間ほど続きまして。

 

「あれ?もうそろそろエンディングだよね?」的な気持ちになってきます。

 

なにせキャラクターゲームですからね

大抵は2時間や3時間で終ってしまいます。

 

そんな時に

「ディオとの命を懸けたバトル」が始まりまして。

 

「なるほど、ここで終わりなのね」と納得しました…。

 

 

まさか、ここから4時間遊べるとは思いませんでしたね。

 

と言いますのも

ジョジョの奇妙な冒険が面白くなって行くのは

この熱いバトルをきっかけになんですよね。

 

作者としても「バトル漫画」にしようとは

これっぽっちも思わなかったのではないでしょうか。

 

「最後のバトルくらいはド派手にしようかな」なんて

軽い気持ちだったのかもしれません。

 

 

しかし、そこからの展開が最高でして。

 

「人間のジョナサン」と「吸血鬼のディオ」という

壮大すぎる展開になって行くんです。

 

 

このままでは

「ジョナサンに絶対に勝てない」と悟ったディオが

 

「石仮面」という怪しげなアイテムを使用して

不死身の吸血鬼になり

 

イギリス全土を征服しようとする。

 

その野望を阻止しようと

ジョナサンが奇妙な冒険に出かける。

 

なんて感じで

「ここからジョジョの本編が始まって行く」といっても過言ではありません。

 

後半なんて「北斗の拳」の様な

必殺技と必殺技のぶつかり合いになって行きまして。

 

ガチのバトル漫画ですからね。

 

ゲームとしても

今までの3倍は面白くなって行きます。

 

 

今までは、

いじめっ子やディオと殴りあっていたのに

 

そこからは、

切り裂きジャック」や「16世紀のエリート剣士」など

ガチの戦いですからね。

 

まあ凄かったです。

 

 

チャプターで言いますと25まで用意されていまして。

 

私が「そろそろ、エンディングなのかな?」と思っていたのが

チャプター8くらいでしたので。

 

そこから、17チャプターも

遊べるとは思いませんからね。

 

おそれいりました。

 

 

ここで終わりかな

 

流石に終わりかな

 

いやいや、次こそは終わりかな

 

そんなこんなで

最後の最後まで体験させてくれる

 

キャラクターゲームの鏡の様な作品なのでした。

 

 

 

[ゲームのクオリティもかなり高い]

 

そんなゲームですので

途中でだれてくると思っているかもしれません。

 

人間の集中力は

長くても60分が限界だそうで

どうしたって、だれてくると思います。

 

しかし、このゲームは一切だれることなく

最後の最後まで突っ走ってくれました。

 

 

最初の印象では

「ずいぶんもっさりしている」でした。

 

なにせ、人間と人間の殴り合いですので

普通のアクションゲームになってしまいます。

 

しかし、ゲームの後半になりますと

「波紋」と呼ばれる特殊能力に覚醒しまして。

 

そこからは、ド派手なアクションゲームに進化して行きます。

 

操れるキャラクターも

スピードワゴン」や「ツェペリ」など

ジョナサン以外のキャラクターも使用でき

 

飽きさせない工夫が、随所に盛り込まれていた気がしますね。

 

 

ゲームの面白さと

物語の素晴らしさが融合する事で

 

最後の最後まで

楽しい気持ちでいられた。

 

そんな凄さなのでした。

 

 

 

[攻略法に気づくと ほとんど死ななくなる  最大の罠]

 

このゲームですが

最高のアクションゲームだと思います。

 

ボタンの連打だけで、

敵を倒すことはほぼ不可能で。

 

相手の攻撃を避けながら

 

どうやってダメージを積み重ねていくのか?を考える必要ありました。

 

 

そんなゲームだったのですが

 

とある攻撃方法に気づいた瞬間に

一気にヌルゲーになりました。

 

 

このゲームですが

普通の攻撃方法の他にも

「チャージ攻撃」的な方法が用意されていまして。

 

この攻撃法補が異常でした。

 

ジョナサンで言いますと

「ズームパンチ」という必殺技でして。

 

ボタンを押しっぱなしにすることで

どんどん威力が増していき

 

マックスまで貯めると大ダメージという技でした。

 

ここまでならば

「まあ他のゲームでもあるんじゃないの?」だと思います。

 

ここからが、このゲームのイカレている部分でした。

 

 

このチャージショットですが

他の攻撃をしている最中も、何故かチャージできます。

 

普通ならば

チャージ中は、無防備なのだけど

「そのぶんとてつもないダメージ」だと思うのですが。

 

このゲームでは

いつでもチャージできます

「そしてダメージもとんでもないです」でした。

 

相手にコンボを叩き込んでいる最中も

チャージをしている

 

相手の攻撃をガードしている最中も

チャージをしている

 

相手に殴られている時ですら

チャージをしている

 

こんな感じで

常に、人差し指をR1に置きっぱなしにしている

何とも豪華なアクションゲームになっていました。

(ダウンするとゲージがリセットされます)

 

 

このチャージショットの何が酷いのか?

 

相手の攻撃を問答無用で中断できるんです。

 

相手がコンボを叩き込んできます。

 

このままでは、

どうやってもコンボから逃れる事はできません。

 

しかし、チャージショットが貯まっていれば

そのコンボの最中に発動することができました。

 

つまり、防御できない状態の相手に

最大ダメージの必殺技を当てる事が出来た訳です。

 

これは酷すぎました。

 

 

その他にも

相手の動きを数秒止められる技がありまして

 

この技を使用して

 

チャージショットを貯めて

 

効果が切れそうになったら、また使用して

 

マックスまで貯まったら

 

止まっている相手の顔面目掛けて

特大の一撃をくらわせる

 

なんて事も簡単にできまして。

 

もはや、他の攻撃方法使用しないで

△ボタンとR1ボタンしか使わないゲームになっていました。

 

 

この攻略法に気づくまでは

結構なゲームオーバーの頻度だったのですが。

 

そこからは、一切死ななくなりましたね。

 

ですので、この攻略方法を試すのは

自己責任でお願いします。

 

 

最初はガチでゲームを楽しんで

 

無双状態を楽しみたくなったら

 

この禁断の攻略方法に手を出す

 

そんな遊び方で、お願いします。

 

 

 

ジョジョの奇妙な冒険ファントムブラッドのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ジョジョのゲームでは無かったとしても

大好きなゲームになったと思います。

 

そして、ジョジョが大好きなので

奇跡の神ゲーになりました。

 

そんなゲームを

今すぐにでも遊んでほしいなと思います。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームには

おまけのモードが用意されています。

 

そのおまけのモードですが

 

めちゃくちゃバカです。

 

今までは主人公にボコボコにされていた

雑魚キャラたちを操りまして。

 

逆にこちらがボコボコにするという

何とも凄いモードでして。

 

いじめっ子や警官、ゾンビなどを操ることができ

 

まさに無法地帯になっていました。

 

結構なシリアスなゲームなのに

おまけモードはおバカ。

 

そんな、隠しモードも

お楽しみください。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

ジョジョの印象で言いますと

 

華奢なキャラクターが

スタイリッシュに相手をぶちのめす

 

こんな印象だったと思います。

 

しかし、今作に関して言いますと

完全なる「北斗の拳」になっていましたね。

 

マッチョとマッチョのぶつかり合い

そんな新鮮さがありました。

 

 

クールなジョジョも最高ですが

 

熱すぎるジョジョも最高

 

そんな、隠れた名作アクションゲームを

今すぐにでも遊んでほしいなと思います。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

初代のジョジョは 北斗の拳だった

それこそが、今急いで480円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます