読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ひぐらしのなく頃に 祭 カケラ遊び PS2版 萌え~から怖え~への変貌が素晴らしすぎ!!

名作 面白さ保証 PS2 サウンドノベル ホラー 長編

ひぐらしの鳴き声を聞くたびに このゲームを思い出す

ダブルキャスト並のトラウマをお楽しみください

 

f:id:retogenofu:20170201174948j:plain

[普通に遊んでも50時間以上掛かるって サービス精神ありすぎでしょ]

[ひぐらしのなく頃に 祭 カケラ遊び  アルケミスト  プレイステーション2]

2007年発売  ジャンル サウンドノベル  参考価格  700円

 

記事のネタバレ度 高め

攻略に必要なプレイ時間  50時間

このゲームに対する世間の評価  犯人が分かるまでは本当に怖かった

どんな人におすすめ?  長時間遊べる 名作サウンドノベルをお探しなら最高です

 

 

私が本格的にアニメを見るようになったのは

数年前からだったと思います。

 

それまでは、ゲーム好き、漫画好きではありましたが

アニメ好きではありませんでした。

 

どうしてそうだったのか?

 

DVDをレンタルするお金が無かったからです。

 

全てのシリーズを見るのに

最低でも2500円は掛かる訳ですから。

そのぶんのお金で、ゲームや漫画を買った方がお得だと思っていたからです。

 

しかし、「ひぐらしのなく頃にというアニメが面白いよ」という

何気ない友達の一声から

お試しでアニメをレンタルしたら最後

アニメオタクまっしぐらへと進んでしまいましたね。

 

 

そんな今回の、この作品に出会って 人生が相当変わった 困りもの

ひぐらしのなく頃にの感想です。

 

 

 

ひぐらしのなく頃にってどんなレトロゲーム

 

このひぐらしのなく頃にですが

2007年にアルケミストから発売された

プレイステーション2用のサウンドノベル作品でした。

 

元はパソコンゲームからの移植なのですが

家庭用ゲーム機でも楽しめるように発売されたのが

今作のひぐらしのなく頃に祭でした。

 

 

ゲームの目的は

 

とある村に引っ越してきた中学生の主人公

 

最初は平穏な生活を送っていたのだが

 

年に一度のお祭りをきっかけに、村全体がおかしな方向へと進んで行く。

 

果たして、主人公は最後まで生き残ることができるのか…。

 

こんな目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなサウンドノベル作品で

選んだ選択肢によって、その後の展開が大きく変わって行く。

そんなシステムでした。

 

メッセージのオートスキップ

 

シナリオのフローチャート

 

用語説明

 

こんな感じで、新時代のサウンドノベルらしく

プレイヤーの為を思ったシステムも最高でした。

 

主人公の選んだ選択によって

その後の世界が180度変わってしまう

 

そんな今の時代に遊んでも、文句無しで楽しめる作品なのでした。

 

 

 

ひぐらしのなく頃にの感想でもあり レビューでもあり

 

[物語の展開が本当に素晴らしい]

 

物語の始まりは

主人公がとある村に引っ越してくることから始まります。

 

学校が一軒しかないような村ですので

様々な学年の子供たちと一緒に勉強をします。

 

そこで4人の女の子と仲良くなり

部活動を通じて、この村の事を知って行くという感じでした。

 

そんなギャルゲーの様な、ワクワクの展開だったのに

 

年に一度のお祭りをきっかけに

どんどんおかしな方向へと進んで行くんですね。

 

お祭りの晩には、1人が死んで、1人が行方不明になる

こんな事を教えられます。

 

2人死んでしまうと、2人が行方不明になる

 

死んだ人が増えると、行方不明になる人も増える

 

こんな基本ルールに怯えながら

ずっと過ごさなくてはいけなくなる訳です。

 

この始まり方が最高で

この事件の謎を解き明かすと共に

どうやって生き延びていくのかを探していく

 

推理物のアドベンチャー

 

どうやって生き延びるのかのサバイバルアドベンチャー

 

両方の展開を楽しむことができました。

 

 

 

[ヒロインそれぞれのルートがあり それぞれが狂っていく]

 

どうして、私がひぐらしのなく頃に興味をひかれたのか?

 

ヒロインが犯人になるからです。

 

1人のヒロインが犯人になるのではなく

 

それぞれのルートごとに、犯人が変わる。

 

こんなに狂ったゲームは、今までありませんでした。

 

 

主人公の選んだ、何気ない選択肢が

 

ヒロインの心に、ちょっとしたダメージを与えまして

 

そんな少しのきっかけが、その世界を大きく変えていくわけです。

 

今までは、楽しく遊んでいたのに

数日後には、ぶっ壊れてしまう。

 

こんなイカレタストーリーを友達に聞いた瞬間に

 

直ぐにDVDを借りに行きまして

 

そこからひぐらしの世界にどっぷりとはまってしまうのでした。

 

 

ゲームの流れとしては

 

そのバットエンドを回避するべく

 

時代を遡って、何度も繰り返し

 

ハッピーエンドへと導いていくというタイムリープ的な感じでした。

 

「この選択が間違っていたという事は?」とか

 

「この選択は可哀そうだよね、てことはこっちかな?」とか

 

結末を先に知ることで

どうやってヒロインを犯罪者の道から助け出すのかを探し出す

 

こんな素晴らしさでした。

 

 

最初に残酷な結末を見せられてから

物語の解決を目指す

 

こんな展開に震えてください。

 

 

 

[普通に遊んでも50時間掛かる 長すぎ]

 

このゲームですが、とんでもなくボリュームがあります。

 

ハッピーエンドを見るためにかかる時間は

だいたい50時間です。

 

しかし、これは普通にプレイしての時間です。

 

サウンドノベルですので

文字を読みながら進めて行きます。

 

ですので、文字を自分のペースで読み進めていくと50時間です。

 

 

ここに、ある事が加わります。

 

それは声優のボイスです。

 

このゲームではフルボイスで進んで行きますので

 

文字を読み進めなくても

アニメの様な感覚で楽しむことができるわけです。

 

アニメの様な感覚でプレイすると

100時間以上掛かってしまうそうです。

 

 

100時間以上遊べるサウンドノベル

 

うん、サービス精神多すぎ。

 

 

 

[鳴き声の謎が未だに解けない]

 

このゲームに関して、未だに解決していない事が有ります。

 

それはヒロインの口癖です。

 

正統派のヒロインは語尾に、かなと付けます。

 

「圭一くんは、刑事さんと一緒に何を話してたのかな?かな?」といった感じです。

 

妹的なヒロインの口癖は「にーにー」です。

 

沖縄の方言でも有名ですが

お兄ちゃんの事をにーにーと呼びます。

 

正統派ヒロインはかな

 

妹的なヒロインはにーにー

 

これが何を意味するのか?

 

 

セミの鳴き声です。

 

ひぐらしの鳴き声は「カナカナカナ」ですし

 

ニイニイゼミの鳴き声は「ニーニー」です。

 

この事を友達に話すと、本当に感心してもらえる

鉄板ネタなのですが。

 

他の2人のヒロインには特徴が無いんですよね。

 

もしも、セミの鳴き声をサブリミナル的に隠しているのであれば

 

他のヒロイン2人にも設定するはずなのに

 

他のヒロインには設定されていない

 

もしくは、私が気づいていないだけかもしれない。

 

 

そんなアニメ好きには感心してもらえるネタでした。

 

 

 

ひぐらしのなく頃にのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

イラストが完全に萌えゲームですので

 

敬遠する人が多いかと思うのですが

 

ゲームのクオリティはとんでもない名作ですので。

 

そんな恥ずかしさを全て吹き飛ばして

 

今すぐにでも遊んでください。

 

 

そして、アニメオタクの仲間入りをしてください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

犯人のヒロインをどうやって救い出すのか

 

ホラーゲームでありながら

 

恋愛シミュレーションの様な感じでもあり

 

大冒険活劇でもある

 

まさに奇跡の様な作品でしたね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームをどの時期にあそんでほしいのか

 

そうです、真夏です。

 

真夏の時期にあそぶからこそ

ゲームの世界感とリンクできる。

 

ただ、あえて真冬に遊ぶのもありです

 

極寒の世界で

とてつもない世界を体験する

 

マジでお勧めです。

 

 

ちなみに、プレイステーション3版は

今までのひぐらしのなく頃にを全て凝縮した作品だそうで

200時間掛かるそうです。

 

 

200時間の濃厚体験をどうぞ

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとう

 

ゲームをクリアするのに一か月かかった だけど幸せだった

それこそが、今急いで410円で買う理由です

 

こちらから購入できます