読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

マリオパーティー2 テレサに怯え続ける ヒリヒリするボードゲーム

桃鉄でお馴染のハドソンが開発した 珍しいマリオゲーム

 

[桃鉄から物件の要素を抜いて ミニゲームをプラスする]

[マリオパーティー2  任天堂  ニンテンドー64]

1999年発売  ジャンル ボードゲーム  参考価格380円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  7時間

このゲームに対する世間の評価  1人で遊んでも楽しい パーティーゲームなのに

どんな人におすすめ  ミニゲームを遊びまくりたい人には最高です

バーチャルコンソールで配信あり

 

 

ボードゲームって偉大ですよね。

 

知らない友達でも、

ボードゲームを通じて仲良くなれる。

 

そんな凄さがあります。

 

麻雀で仲良くなるように、

ボードゲームで仲良くなって行く。

 

そんなゲーマーあるあるです。

 

 

そんな今回の 1人で遊んでも楽しい みんなで遊びたかったな…

マリオパーティー2の感想です。

 

 

 

マリオパーティー2とはどんなレトロゲーム

 

このマリオパーティー2ですが、

1999年に任天堂から発売された

ニンテンドー64専用のボードゲームでした。

 

任天堂のゲームでありながら、

開発は桃太郎電鉄などでおなじみのハドソン

 

そんな衝撃もあった作品でした。

 

 

ゲームの目的は

 

マリオランドという名称が気に入らない、

マリオのわき役たち。

 

ああでもない、こうでもないと、議論する。

 

そんな時、マリオランドにクッパが襲来する。

 

そうだ、このクッパを倒したキャラクターの名前を

街の名前として付けよう。

 

いったい誰が、この街の命名権をゲットするだろうか?

 

そこから、スーパースターを目指した、

熱すぎるボードゲームが始まって行く…。

 

こんな目的になっていました。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなボードゲームで。

 

桃太郎電鉄から物件を抜いた

 

人生ゲームからイベントを抜いた

 

なんて感じで、

物凄くシンプルなボードゲームになっていました。

 

青いマスはコインが増える

 

赤いマスはコインが減る

 

アイテムを貰えるマスがあったり

 

バトルするマスがあったり

 

通行料を取られるマスがあったり

 

細かいイベントは無いものの、

シンプルなボードゲームを楽しむことができました。

 

貯めたコインを何に使うのかと言いますと、

キノピオに会いに行き、スターを獲得します。

 

このキノピオこそが、

桃太郎電鉄で言う所の、目的地になっていました。

 

桃太郎電鉄ならば、目的地に着くことで、

お金を貰う事ができましたが。

 

キノピオの場合は、

スターを貰う為にコインが20枚必要ということで。

 

目的地を目指す必要があまりない、

なかなか不思議なボードゲームになっていました。

 

コインを集める事に集中して、

貯まってきたらキノピオを目指して行く。

 

こんなゲームシステムになっていましたね。

 

 

ここまでならば、

ただのボードゲームです。

 

イベントすら起こりませんので、

人生ゲームですらありません。

 

 

では、このゲームは何を楽しむのか?

 

とんでもない数のミニゲームを楽しんで行きます。

 

実はこのゲームですが、

4人の行動が終わると、毎回ミニゲームが発生します。

 

5ターンで1回や10ターンで1回などではなく、

まさかの毎回ミニゲームを楽しめます。

 

ゲームを始める時に、ターン数を決めるのですが、

最低が20ターンですので。

 

20回はミニゲームを楽しめる訳ですね。

 

その時に止まっている、マスの状況によって

チーム分けが変わるシステムで。

 

2対2の王道のパターンから

 

3対1、1対3、全員で戦うなどの、

変則的なパターンも用意されており。

 

遊べば遊ぶほど、新たなミニゲームを楽しむことができる、

とんでもないゲームに仕上がっていました。

 

昔ながらの、シンプルなミニゲームから。

 

マリオカートをモチーフにした、

本気になれる熱いミニゲームまで。

 

数十種類のミニゲームを体験できる。

 

まさに王道のパーティーゲームになっていました。

 

体験したミニゲームは、

集めたコインで購入する事も可能で。

 

ミニゲームを収集して行くというのも、

このゲームのやりこみ要素の一つになっていましたね。

 

1時間で1つのワールドが終わりまして、

色々なワールドを体験することで、最後のクッパのワールドが解禁される。

 

終わった後も、

ミニゲームを集めるために遊んでいく。

 

何度でも繰り返し遊べる、

楽しすぎるボードゲームなのでした。

 

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

マリオパーティー2の感想でもあり レビューでもあり

 

[たった1ターンで トップからラスに転げ落ちる厳しさ]

 

このゲームですが、

かなりシンプルなルールになっていました。

 

スターを持っている人が優勝

 

たったのこれだけです。

 

ボーナス設定と言う、

「コインを沢山持っている人にスターが1個」などの、

特殊ルールをプラスする事も可能ですが。

 

基本的には、スターを持っている人が優勝です。

 

そして、このスターですが、

それはもう簡単に強奪されます。

 

このゲームにはテレサと呼ばれる、

おばけのキャラクターがいまして。

 

そのテレサの目の前を通ることで、

相手のコインを奪ったり、スターを奪うことができました。

 

コインを奪うのに、5枚のコイン

スターを奪うのに、50枚のコインが必要なのですが。

 

後半になりますと、

150枚とかのコインを持っていますので。

 

簡単に依頼を頼むことができます。

 

 

例えば、3個のスターを持っています。

 

あと5ターンを守り切ることができれば、

このワールドの優勝者です。

 

 

そこから、全部奪われますからね。

 

自分はスター3

 

皆は0

 

そこから、

自分は0、皆は1.

 

そして、ラスまで転げ落ちていく。

 

こんな地獄が待っていました。

 

自分が奪おうにも、

テレサのマスはもう通り越している。

 

こんな悲しさがありましたね。

 

 

テレサのマスに止まって発動するのであれば、

何の文句もありません。

 

止まった方がラッキーなのですから。

 

しかし、目の前を通過するだけでいいんです。

 

つまり、そのルートに行けば、

100%スターを奪えるわけです。

 

このテレサの要素があったからこそ、

最後の最後まで油断できない、

奥深すぎるゲームになって行くのでした。

 

 

いかにテレサまでダッシュできるのか?

 

そんなテレサゲーをお楽しみください。

 

 

 

[面倒ならば コンピューターに全て任せればいい そんな裏わざ]

 

このゲームですが、

エンディングまでかかる時間は7時間程度だと思います。

 

遊ぶワールドごとに、

マスの配置が変わりますので、

後半のワールドほど、長引く傾向にありました。

 

そんなゲームですので、

どうしても辛くなってきます。

 

最初の方は楽しいんです。

 

知らないミニゲームも沢山遊べますから。

 

しかし、何度も遊んでいると、

どうしても飽きてしまいます。

 

しかし、全てのワールドを体験しないと、

最後のワールドが解禁されませんので、結構大変でした。

 

これが、皆で遊ぶのならば、

何の問題もありません。

 

みんなで戦ったり

 

友達と組んでコンピューターを倒したり

 

絶対に楽しいに決まっています。

 

 

ただ、1人ですからね。

 

後半はだれてきます。

 

そんな時に、

コンピューターに任せる操作に気づいたんですよね。

 

普通のゲームならば、

最低でも人間が必要で。

 

全てをコンピューターにする事は出来ないのですが。

 

このゲームは

全てをコンピューターにすることができまして。

 

まあ楽でしたね。

 

RPGで延々とレベル上げを見ているかの如く。

 

コンピューターが自分の代わりにゲームを進めてくれる。

 

まあ助かりました。

 

流石に、最終ステージは自分で遊びましたが。

 

その後の、コイン稼ぎには大幅に活用させてもらいましたね。

 

ブログを書いている最中に、

延々とミニゲームの購入資金を貯めまくってくれる。

 

そんな優しすぎる裏ワザなのでした。

 

 

 

マリオパーティー2のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

盛りだくさんのミニゲーム

これでもかと楽しめる。

 

ミニゲームの腕が上がれば、

ゲームを有利に進めることができる。

 

戦略よりもテクニック

 

そんなゲームをどうぞ。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームの凄い所

 

優勝しなくても良い所です。

 

普通だったら

 

優勝したら次のステージが解禁されるとか

 

自分が稼いだコインをそのまま貰えるとかだと思うのですが。

 

まさかの、全員のコインを全て貰えるという、

なかなかの太っ腹な作品でしたね。

 

稼いだスターはコインに換金されますので、

長時間遊べば遊ぶほど、コインを稼げるのは良かったです。

 

どんなに負けても、

絶対にエンディングを見ることができる。

 

そんな優しさが、

このゲームの魅力です。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームはたくさん売れましたので、

格安で購入することができます。

 

今ではバーチャルコンソールで配信されていますので、

直ぐにでも遊ぶことができます。

 

1人で遊んでも楽しいですが

 

みんなで遊べばもっと楽しいでしょうから。

 

接待用のゲームとして持っておいてはいかがでしょうか。

 

 

そして、テレサに怯えて下さい。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

テレサに怯え続ける ヒリヒリするボードゲーム

それこそが、今急いで380円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます