モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

私が愛したディアブロライクRPG  25選  機種別に ちょっとした感想付きで紹介

ディアブロっぽいゲームを探して約10年 そんな歴史をどうぞ

 

私はディアブロというゲームが本当に好きです。

 

もうディアブロっぽいゲームと聞いただけで、

直ぐにでも購入したくなってしまいます。

 

定義としてはあいまいなのですが

 

お宝を求めてダンジョンに潜り

 

アクションしながら

敵を薙ぎ払って

 

お宝をザクザク手に入れて

 

自分自身を強化して

 

そして、またダンジョンに潜って行く

 

分かりやすく表現すると、こんな所でしょうかね。

 

一般的なゲームジャンルで言いますと、

アクションRPGなのでしょうが。

 

そんなジャンルを飛び越えて、

ディアブロライクRPGと呼ばれる事も多いです。

 

そんなゲームが好きな人の為に、

分かりやすい表をまとめて見ようと思ったのが今回のきっかけです。

 

私だって、最初は誰かに教えてもらいました。

 

ディアブロっぽいRPG

 

こんな検索を何回行ったでしょうか。

 

何回アマゾンのレビューを読みまくったでしょうか。

 

「このゲームはディアブロっぽいのかな」で、

全く関係ないシミュレーションRPGだったこともあります。

 

そんなゲームを一目で分かることができれば、

結構役に立つかもなと思った訳です。

 

まだまだ遊んだ事が無いゲームも沢山ありますので、

数としては少ないと思いますが。

 

このブログが続く限りは、

どんどん追加していけると思いますので。

 

長い目で見て下さればと思います。

 

 

ディアブロが好きな人も

 

ディアブロを知らない人も

 

この記事を読んで、

きっかけにしてみてはいかがでしょうか。

 

 

2017年 11月4日  ウナタカの勇剣追加

2017年 11月14日   ダンジョンエクスプローラー・盟約の扉 追加

 2017年 12月2日  DS3作品追加

 2017年    12月14

煉獄弐追加  私が選ぶハクスラベスト3を追加

 2017年12月29日  クラシックダンジョン2作品追加

2018年02月14日  ツヴァイ  セルセタの樹海  ダマスカスギヤ追加

 

retogenofu.hatenablog.com

retogenofu.hatenablog.com

 

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

ディアブロっぽい作品のまとめ

 (ゲームの画像から購入できます)

 

プレイステーション 4作品

 

ディアブロ

 1000円

 

もうそのものズバリ、ディアブロです。

 

ディアブロっぽいというか、

ディアブロです。

 

ダンジョンに潜って

 

お宝を探して

 

自分自身を強化していく

 

まさにディアブロです。

 

魔法の書物を購入して、

魔法のレベルアップをさせたり。

 

町はずれに住んでいる

レアアイテムを高額な値段で売ってくれる場所に通ったり。

 

力の種的なドーピングアイテムを買ったり。

 

お金さえあれば、大抵の事は出来る、

夢のような作品でした。

 

このゲームで、人生が狂った人も多いのではないでしょうかね。

 

元はオンラインのゲームだったそうですが、

そんな機能が無くても充分に楽しい。

 

一度は遊んでほしい作品なのでした。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

聖剣伝説レジェンドオブマナ

 350円

 

プレイステーション

他のディアブロっぽいゲームを探していたのですが、

なかなか見つける事が出来ませんでした。

 

そんな中で、

ディアブロに似た匂いを感じる事ができたのが、

今作の聖剣伝説レジェンドオブマナでした。

 

聖剣伝説という、大人気ゲームシリーズがあります。

 

そんな中でも、結構な異端児なのが、

レジェンドオブマナでした。

 

そんなレジェンドオブマナが、

どうしてディアブロっぽいのか?

 

やれることがめちゃくちゃ多いんです。

 

アイテムを拾ってきて

 

そのアイテムで、

装備や仲間のゴーレムを作り出していく

 

そして、またダンジョンにアイテムを探しに行く

 

この流れが最高でした。

 

このやりこみ要素は、

基本的にはおまけです。

 

ただ、このおまけがあるからこそ、

延々と遊ぶことができたんですね。

 

イベントとは関係なく、

ただダンジョンに行きたくなる

 

そんな楽しい作品でした。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

ベイグラントストーリー

 300円

 

 

ファミ通のレビューで40点満点を叩き出した

 

そんな伝説が有名なこの作品ですが。

 

全てがダンジョンで構成されているという、

なかなかの豪快な作品になっていました。

 

敵に与えるダメージのほとんどが

まさかの0という

 

頭がパニックになること間違いなしのこの作品ですが。

 

ハマったら最後、とんでもなく面白い作品になっています。

 

1週目が地獄の様な難易度で

 

2週目は天国が待っている

 

なので、エンディングを見てからが本編

 

そんな素晴らしさがありました。

 

アクションしながら、敵を倒していくのですが。

 

敵が強めに設定されていますので、

手に汗に握る戦闘シーンを体験するにはもってこいでした。

 

敵を倒すことで装備品を集められまして。

 

その装備品を合成させて、

自分だけの装備品を作成していく。

 

そんな自由度の髙さも売りでした。

 

売りでしたが、

そんなのをしても、与えるダメージはほぼ変わりません。

 

なので、色々なスキルを使用して、

その困難を乗り越えていくというのが、

ベイグラントストーリーの醍醐味になっていました。

 

 

私はディアブロに出会ってから、

このベイグラントストーリーに出会いました。

 

なのでディアブロの方が偉いです。

 

しかし、出会う順番さえ違っていたら、

ベイグラントストーリーこそが、最高ゲーム!!」なんて感じになっていたと思います。

 

最初はクソゲーだと思います。

 

しかし、そこから徐々に好きになって行きますので、

この機会にベイグラントストーリーの世界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

ルナティックドーン

 500円

 

知名度は低いけど、

遊んだら最後、延々とプレイしてしまう

 

そんなアクションRPGでした。

 

ゲームの画面で言いますと、

ほぼディアブロです。

 

ディアブロとの違いで言いますと、

街の住人を攻撃できる所でしょうか。

 

相手の装備品を奪う為に、

勝負を仕掛ける

 

そして返り討ちに合う

 

こんな流れが黄金パターンでした。

 

依頼をクリアすることで、

お金を貰うことができまして。

 

そのお金を使用して装備品を買いまくり、

武器をどんどん強化していくというのが面白かったです。

 

稼いだお金で装備品を強化していく、

面白くない訳がありませんよね。

 

ディアブロに飽きてきたら、

ルナティックドーン3を遊び

 

ルナティックドーン3に飽きてきたら、

ディアブロを遊ぶ。

 

こんな繰り返しがお勧めです。

 

ディアブロアーカイブス配信していませんので、

寝っ転がりながら遊ぶことは出来ませんが。

 

ルナティックドーン3はアーカイブス配信されていますので、

寝る瞬間まで楽しめます。

 

なので、寝ながら遊びたい人には、

ルナティックドーン3がお勧めです。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

プレイステーション2  3作品

 

シャイニングフォースネオ

 310円

 

あの大人気ゲーム、

シャイニングフォースシリーズが。

 

まさかのディアブロライクで帰ってくる

 

そんな衝撃的なゲームになっていました。

 

ゲームのシステムは、

ほぼ完璧なディアブロでして。

 

壮大な世界を冒険する、

屋外のディアブロでしたね。

 

フィールドを移動しながら、

次の街を目指して冒険していく作品で。

 

フィールドにはモンスターの巣と呼ばれる、

敵が延々と湧いてくるポイントがありまして。

 

そのモンスターの巣を破壊することで、

装備品であったり、スキルポイントをゲットできるという

楽しすぎるシステムでした。

 

セーブポイントと、フィールドを瞬時に移動することができまして。

 

敵を倒したら、速攻でセーブしに帰るという、

チキンな戦法も有効になっていました。

 

装備品を

お金やスキルポイントに変えることができまして。

 

延々とアイテムを拾いまくるのが最高のゲームになっていました。

 

プレイステーション2を遊べる環境であるならば、

是が非でも遊んでほしい、大好きな作品でしたね。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

ダーククラウド

 450円

 

ドラゴンクエストシリーズの開発でお馴染の、

レベルファイブが発売したこの作品ですが。

 

まあ楽しかったです。

 

街を破壊された少年が、

街を復活させるために、ダンジョンに素材を集めに行くという

壮大な作品なのですが。

 

買ったその日に虜になりました。

 

遠距離攻撃が死ぬほど強いという、

ディアブロの精神を受け継いでいまして。

 

主人公をほとんど使わないで、

遠距離攻撃出来るキャラで最後まで進んで行く。

 

そんなゲームになっていました。

 

このゲームの特徴としましては、

戦うほど武器が成長していくシステムで。

 

成長した武器を壊して、

その武器のステータスを、そのままパワーアップアイテムにする、

斬新なシステムも最高でした。

 

育てた武器を壊して、

次の武器のパワーアップアイテムとして使用する。

 

その武器をまた壊して、

更に強いパワーアップアイテムに進化させる。

 

この武器成長のシステムと、

遠距離攻撃が最強の要素が組み合わさる。

 

そして敵を遠くから倒しまくる。

 

もう大好きでした。

 

続編である、

ダーククロニクルはもう購入してあります。

 

ただ、まだ遊んでいません。

 

なので、遊んだらまた追加するでしょうね。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

冒険時代活劇ゴエモン

 1150円

 

あのがんばれゴエモンが、

壮大なアクションRPGで登場する。

 

そんな作品になっていました。

 

敵が延々と湧いてきまして、

その敵を倒して、経験値やお金、アイテム等をかき集める。

 

まさにディアブロでしたね。

 

ただ、このゲームを最後まで遊んでいません。

 

絶対に面白いゲームだと分かっているのに、

最後まで遊んでいない。

 

それは何故なのか?

 

画面に酔うからです。

 

敵と戦うのは最高です。

 

しかし、ステージのパズルを解いていくのが、

死ぬほど辛かったんです。

 

狭い空間で、カメラが回転する。

 

そして、吐きそうになる。

 

レトロゲーマーには辛かったですね。

 

なので、3Dなんて問題なし

なんて方だけに遊んでほしいなと思います。

 

絶対に面白いと思います。

 

ただ3D画面だけは、勘弁してください。

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

 

 

PSP  11作品

 

レディアントマイソロジー1・2

 200円

 

私は、テイルズシリーズをほとんど遊んだ事が無かったのですが。

 

この作品をきっかけに、

全ての作品を遊んでみたいなと思いました。

 

テイルズシリーズのお祭り的な作品で

 

モンスターハンターの様な作品でもあり

 

ディアブロの様な作品でもあり

 

戦闘シーンは王道のテイルズ

 

そんな作品でした。

 

 

ダンジョンで素材を集めて

 

素材を使用してアイテムを作成し

 

鉱石や宝石で、装備品に様々なスキルを付加していく。

 

敵を倒せば、

色々なスキルが付加された装備品を落としていく。

 

その装備品に身をまとい、

延々とダンジョンに冒険しに行く。

 

テイルズというブランドが無くても、

絶対に好きになっていた作品でした。

 

自分のアクションテクニックで、

強敵すらも倒すことができる。

 

そんな、テイルズの楽しさが、

爆発した作品なのでした。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

煉獄

 370円

 

 

記憶喪失の主人公が、

ただただダンジョンを登って行く。

 

敵を倒すことで、

その敵の武器を奪うことができまして。

 

その武器を装備して、

自分だけの最強のキャラクターにしていく。

 

こんな感じです。

 

イベントなんてほとんどありませんので、

延々と敵を倒して、ドロップアイテムを稼いでいく。

 

そんなゲームでした。

 

ただ、めちゃくちゃ面白いです。

 

面白いという言葉でしか表現できません。

 

もう絶対に遊んでほしいですね。

 

このゲームも、遠距離攻撃が死ぬほど強かったです。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

 

煉獄弐

 

1000円

 

 

前作も最高でしたが、

今作の方が数倍最高でしたね。

 

基本的には前作のパワーアップ版なのですが。

 

ゲームの遊び応えが、

とんでもないことになっていまして。

 

レベルが無いハック&スラッシュでは、

文句無しでトップなのではないでしょうか。

 

本編はおまけで、

クリア後の隠しダンジョンこそが本編

 

楽しすぎる最強装備集め

 

ステータスの極限を知るには数十時間掛かる

 

こんな、やりこみ要素の塊になっていますので。

 

一生終わらないハック&スラッシュをお求めの方は

この煉獄弐をお楽しみください。

 

 

もっといろいろ書きたいのですが、

新鮮な気持ちで遊んでほしいなと思いますので。

 

迷わずに遊んでください。

 

 

長めの感想を書いていますので、

詳しく知りたい方は、そちらもどうぞ。

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

 

 

アントールドレジェド・ウォーリアーズコード

 670円

 

このゲームですが、

シリーズものだと、感想を書き終わった後に気づきました、

 

アントールドレジェンドというシリーズがありまして、

私が遊んだのは、ウォーリアーズコードという作品でした。

 

この作品ですが、

まず間違いなくディアブロを意識しています。

 

他の作品では、

途中でイベントをリセットするという機能はありませんが。

 

この作品にはあります。

 

ディアブロと同じく、

敵が出てくるのが有限になっていましたので。

 

敵を狩りまくって、

どうにもならなくなった時の為に、

その状態を引き継いで、また1から始められるようになっていました。

 

そして、ゲームの画面も

まんまディアブロでしたので、

パワーアップしたディアブロだと思って遊んでください。

 

何の問題もありません。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

ウナタカの勇剣

 

800円

 

 

この作品も、アントールドレジェンドシリーズの作品で。

 

ウォリアーズコードの、前に発売されていた作品でした。

 

なので、ウォリアーズコードよりもシンプルだと思います。

 

 

このゲームの特徴で言いますと、

「スキルツリー」のシステムだと思います。

 

レベルが上がることで、

アビリティポイントをもらうことができまして。

 

そのアビリティポイントを割り振ることで、

新たなスキルを覚えていく。

 

そのスキルから派生して、

新たなスキルが解禁されていく。

 

こんな楽しみになっていました。

 

魔法タイプにガチガチでいくのか

 

戦士タイプにガチガチでいくのか

 

はたまたバランスタイプでいくのか

 

そんな育成要素の豊富さが最高でした。

 

 

その他の特徴としましては、

「モンスターのレベルが自分に依存する」ところでしょうか。

 

普通のRPGならば、

モンスターのレベルはそのままです。

 

しかし、このウナタカの勇剣では、

自分のレベルが上がれば、モンスターのレベルも上がる、

なかなかの個性的なシステムになっていました。

ファイナルファンタジー8の様なシステムでした)

 

無双状態を楽しむのがハクスラの醍醐味ですからね。

 

その要素を真っ向から否定したのは、

賛否ある部分だったと思います。

 

しかし、そうすることで、

今まで以上に、トレジャーハンティングが面白くなります。

 

レベルが駄目ならば、装備で圧倒する

 

こんなガチのトレハン要素こそが、

ウナタカの勇剣が表現したかったことなのかもしれません。

 

 

「難しいハクスラが遊びたい!!」なんて人は、

このウナタカの勇剣を遊んでみて下さい。

 

 

別の記事で、

6000文字の感想を書いていますので、

もっと深く知りたい方は、そちらもよろしくお願いします。

 

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

 

 

ロストレグナム

 830円

 

グラディエーターという作品がありました。

 

そんな作品の続編として、

ひっそりと発売されていたのが、今作のロストレグナムでした。

 

この作品もほぼディアブロです。

 

そんな作品の最大のセールスポイントが、

装備品を強化しまくる事でした。

 

ダンジョンに行きます

 

ダンジョンの一番下にはボスが居ます

 

ボスを倒すと、次のダンジョンが解禁されます

 

基本的にはこんな流れなのですが、

一度クリアしたダンジョンにも、何度でも行けます。

 

どうして行くのか?

 

アイテムを拾いに行くためです。

 

装備品を落とすことも有りますし

 

要らない消費アイテムを落とすことも有ります。

 

ただ、この要らない消費アイテムも、

装備を強化するアイテムと交換してくれます。

 

つまり、拾うアイテム全てが、

自分の装備品を強化するのに使用できるんです。

 

拾ったアイテムを全て有効活用できる。

 

もう最高でした。

 

敵を倒せばレベルも上がりますので、

延々とダンジョンに通いましたね。

 

そして、もう一つの要素で言いますと、

ヤバい裏ワザが用意されていました。

 

そのヤバい裏ワザこそが、

武器の性能が青天井に上がって行くという所でした。

 

製作者としましては、

限界を決めていたと思います。

 

しかし、偶然が重なってしまうと、

その限界が取っ払われてしまい。

 

とんでもない武器を作り出すことができるという裏ワザでした。

 

この裏ワザを知ってしまうと、

普通のプレイでは満足することができなくなってしまいます。

 

なので、ゲームのバランスを完全に破壊するのですが、

それを上回る敵の強さですので。

 

結局は使ってしまうんですよね。

 

圧倒的なダメージ量でダンジョンを冒険する

 

この魔力には勝てないよね…。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

ダンジョンエクスプローラー・盟約の扉

 

390円

 

 

この作品は、かなり独特なシステムになっていました。

 

基本は王道のハック&スラッシュ

 

ダンジョンのシステムは、

入る度にフロアの構造が変化するランダムダンジョン

 

モンスターを倒すことで、素材を手に入れられて、

その素材を使用して、装備を強化していく

モンスターハンター的な要素

 

なんて感じで、

さまざまなゲームの要素を取り入れた、

未来のハック&スラッシュになっていました。

 

 

その他の特徴としましては

 

4人パーティーで進むことができるので、

装備品を集める楽しさと苦労が4倍楽しめる

 

職業を自由に変更出来て、

上級職のシステムも搭載されているので、

自分の好きな戦い方を探しやすい

 

ダンジョンを育成できるシステムが搭載されていて、

ゲームの中盤なのに、ラスボスクラスのモンスターとも戦える

 

こんなやりこみ要素が、

一生終わらない作品に仕上がっていました。

 

 

ダンジョンをクリアして宝石を稼ぎ

 

その宝石をダンジョンに食べさせて、

ダンジョン自体のレベルを上げていく

 

そうすると、

どんどん強力なモンスターと戦えるようになっていき、

とんでもない装備品をゲットしていく可能性が増える。

 

こんな、ヤバすぎる中毒性が最高の作品でしたね。

 

 

難点としましては、

ゲームのシステムが、かなりきつめになっていまして。

 

そのシステムに慣れる前に、

このゲームから離脱してしまう人が多かったところでしょうかね。

 

その部分に目をつむることが出来れば、

一生終わらない、夢の様なハック&スラッシュを体験できますので。

 

やりこみゲームが大好きな方は、

この作品を最高にお勧めします。

 

 

細かく知りたい方は、6000文字で感想を書いていますので。

 

そちらも読んでください。

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

クラシックダンジョン

 

950円

 

 

この作品は、

日本一ソフトウェアが発売している、

やりこみ要素が豊富なシリーズで。

 

今現在4作品発売されています。

 

オーソドックスなハック&スラッシュでありながら、

自由度の高さが、とんでもなく高い作品なので。

 

やりこみゲームが好きならば遊んでほしい作品です。

 

 

オーソドックスな作品なのですが

 

主役と脇役のシステム

 

能力を大幅に上げるアーティファクトのシステム

 

こんな二つの特殊なシステムをプラスすることで、

日本一ソフトウェアお馴染の

「ぶっ飛んだ作品」へと変貌させることに成功しました。

 

 

主役と脇役のシステムで言いますと、

脇役が主役のダメージを全て受けきってくれまして。

 

脇役が死ぬまでは、主役は絶対に死なない

かなりの特徴的なシステムになっていましたね。

 

主役でレベルを上げると、

脇役で活躍する「HP」と「マナ」が上がって

 

脇役でレベルが上がると、

主役で活躍できるステータス全般が上がる。

 

一人の冒険者が最後まで活躍できる訳では無く。

 

沢山の冒険者と、

力を合わせてコツコツ進んで行く、

こんなシステムが面白かったです。

 

 

アーティファクトのシステムは

 

攻撃力アップや防御力アップなど、

能力をアップさせるアーティファクトという置物がありまして。

 

そのアーティファクト

ボード版の上に置いて、

「最強の冒険者を目指していきましょう」というシステムでした。

 

アーティファクトを起動させるには、

マナと呼ばれる能力が必要で。

 

このマナを上げるために、

必死にレベルアップさせていくという感じでした。

 

攻撃力アップであったり

 

魔法のレベルをあげたり

 

装備品以外の部分でも、

キャラクターを強化することができるというのが面白かったです。

 

攻撃力を1上げるアーティファクトもあれば

 

攻撃力を10上げるアーティファクトもある

 

ただし、高性能なアーティファクトほど、

マナが必要になっていく…。

 

「よし、マナだけに特化した最強の脇役を作ろう!!」

 

なんて、面白すぎるシステムが

このゲームをいつまでもやめられない理由になっていくのでした。

 

 

レアな装備品を集める楽しさ

 

レアなアーティファクトを集める楽しさ

 

お金があれば大抵の装備やアーティファクトは買える豪快さ

 

こんな要素がいい感じで混ざり合い

 

時間を忘れて没頭できる、

最高クラスのハック&スラッシュが誕生する。

 

 

最強の冒険者を目指す!!

 

こんな要素が大好きな方にこそ遊んでほしい、

日本一ソフトウェアが贈る奇跡の作品なのでした。

 

 

別の記事で、長めの感想も書いていますので、

細かく知りたい方はそちらもよろしくお願いします

 

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

 

クラシックダンジョンX

 

 

1200円

 

前作の発売から一年

 

とんでもなくパワーアップして帰って来たのが、

今作のクラシックダンジョンX2でした。

 

職業の追加

 

武器の追加

 

装備品の追加

 

アーティファクトの種類も格段に増えた

 

誰もが満足する続編になっていました。

 

 

お金でどうにでもなるという、

豪快過ぎる要素は制限されましたが。

 

バランスを良くするという意味では、

良かったのかも知れません。

 

 

そんな優等生ハクスラには、

隠されたもう一つの顔がありました。

 

 

そのもう一つの顔こそが、

「スキルを自由に付け替えられる」夢の様なシステムでした。

 

 

ほとんどのハック&スラッシュでは、

装備品にランダムでスキルが付加されます。

 

攻撃力アップであったり

 

ステータスアップであったり

 

技や魔法のレベルが上がったり

 

沢山の能力の中から、ランダムに付加されます。

 

 

そんな装備品を眺めながら

 

「ガチの戦闘にはこの装備」

 

「アイテムを稼ぎに行くときはこの装備」

 

なんて感じで、

延々と楽しめるのが最高の幸せでした。

 

 

自分好みの装備を探す

 

このトレジャーハンティングの要素があるからこそ、

ハック&スラッシュというのは一生終わらないんです。

 

 

そんな「神の領域」に手を突っ込んだのが、

今作のクラシックダンジョンX2でした。

 

 

どんなシステムなのか?

 

 

単純明快です

 

 

「称号」というスキルがついた装備品を集めて、

どんどん壊していくんです。

 

スキルの付いた装備品を、

「称号屋さん」という存在に渡すことで、

称号だけにしてもらえます。

(装備品は無くなります)

 

この称号を複数集めて、

自分の好きな装備品に上書きしていきましょう。

 

こんなとんでもないシステムでした。

 

このシステムの面白い所は、

1個の称号で上書きできる訳では無く

 

「複数の称号を集めなければ、上書きできない」という所が大変でした。

 

せっかく激レアな称号をゲットしたのに、

上書きするには足りない。

 

「じゃあ一応キープで!!」

 

こんな大変さも良かったです。

 

他の作品ならば、

要らない装備品というのは、そのままお金に変えてしまいます。

 

「もっていてもどうせ使わないし…」。

 

しかし、そんな要らない装備品たちが、

今作では宝の山ですからね。

 

装備を拾えるだけで楽しいというのは、

他のハック&スラッシュよりも、何倍も楽しくなっていたのでした。

 

 

昔から思っていました

「このスキルが、こっちの装備品に着いたら完璧だったのにな…」と。

 

そんな夢が、ついに叶うんです!

 

自分自身で、完璧な装備品を作り上げるんです!!

 

もう、とんでもなく楽しいです!!!!!

 

 

一度でも私と同じことを思ったことがあるならば、

今すぐに遊んでください。

 

 

面白さは保証します。

 

 

別の記事で、長めの感想を書いていますので、

細かく知りたい方は別の記事も読んでみて下さい。

 

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

 

ツヴァイ

 

630円

 

この作品も本当に最高でした。

 

聖剣伝説ゼルダの伝説の様な、

昔ながらのアクションRPG好きにはたまらない作品だと思います。

 

 

そんなツヴァイですが、

ハック&スラッシュの部分があるとすれば。

 

食べ物のシステムだと思います。

 

敵を倒すことで、色々な食べ物をゲット出来まして。

 

その食べ物を食べる事で、

経験値を獲得していく、一風変わったシステムになっていました。

 

 

「だったら、普通に経験値が増えれば良くない?」となりがちですが。

 

食べ物という形だからこそ、

他の作品では味わえない面白さがあった訳です。

 

 

実は、この食べ物というアイテムは、

経験値のアイテムでもあり、ライフ回復のアイテムでもありました。

 

ハック&スラッシュで大事な物と言えば、

回復アイテムですからね。

 

有り金全てを、ポーションに使う作品だってありますからね。

 

その大事な回復アイテムでもあり、

レベルアップの為のアイテムでもある訳です。

 

今食べれば、レベルアップするかもしれない。

 

でも回復アイテムが無くなってしまう。

 

どうしましょう?

 

これが、ツヴァイの考える楽しさになっていました。

 

 

その他にも、

10個貯めれば、各上の食べ物に交換してもらえますので。

 

貯めれば貯めるだけ、得られる経験値もアップしました。

 

このシステムも面白さに拍車をかけていましたね。

 

いつ食べ物を食べるのか?を考えながら、

ダンジョンを潜って行く

 

これが考えるハック&スラッシュなのかもしれません。

 

 

その他の特徴としましては、

物語の完成度が素晴らしかったことです。

 

ほのぼのRPGですので、

それほど激しい展開ではありません。

 

しかし、そのほのぼのした世界が、心に染みまして。

 

「いつまでも、この世界に住んでいたいな」と思えました。

 

 

子供から大人まで安心して楽しめる

 

そんなツヴァイを絶対に遊んでください

 

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

 

 

 

プレイステーション3  1作品

 

トリニティージルオール

 560円

 

あのジルオールが、

なぜかアクションRPGになる

 

こんな衝撃的な作品でした。

 

ゲーム画面としましては

無双シリーズの様な画面なのですが。

 

遊んでいる感覚は、ディアブロそのものでしたね。

 

敵の大軍を、

ファイアーボールで蹴散らして、アイテムをかき集める。

 

幸せしか無かったです。

 

無双シリーズが好きな人と

 

ディアブロライクが好きな人

 

両方に楽しんでもらうことができる

 

最高のゲームになっていました。

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

 

ニンテンドーDS   3作品

 

迷宮のロリィタ

 

730円

 

 

この作品ですが、結構なくせ者です。

 

目的としては

 

モンスターに連れ去られてしまった父親を助け出すために、

お嬢さまがダンジョンに潜って行く。

 

こんな、絶対に面白いと分かる展開です。

 

ゲームのジャンルも、

ゴスロリアクションRP」Gと書かれていますからね。

 

100%当りを掴んだと思いました。

 

思いましたが

 

中身としましては、ハック&スラッシュではなく。

 

ゴスロリパックマンになっていました。

 

 

ダンジョンを冒険している感覚は、

本当に不気味で最高です。

 

しかし、その戦闘システムがかなり独特でして。

 

最初の数フロアは、絶対にモンスターに勝てない。

 

最終フロアに辿り着くことで、

モンスターの力を無力化することができる。

 

その状態になると

一撃でモンスターを倒せるようになって、

無双状態が続いていく。

 

この繰り返しで、最終フロアを目指して行く。

 

こんな、パズルゲームの側面がかなり強くなっていました。

 

 

一応のハック&スラッシュ要素で言いますと、

モンスターを倒すことで、

アイテムとドレスの型紙をゲット出来まして。

 

モンスターを狩りまくって、

自分の装備を充実させていくという、ハクスラ要素もありましたが。

 

 

基本は

 

逃げて

 

逃げて

 

逃げまくって

 

無力化したら、今までの恨みを晴らしに行く

 

なんて、作品になっていましたので。

 

ハック&スラッシュが大好きな人は、

パスしてもいいかなと思います。

 

 

パックマンが好きな方は、怖いものみたさでどうぞ。

 

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

 

フロム・ジ・アビス

 

380円

 

 

この作品は面白かったです。

 

ゲームの目的も王道になっていまして。

 

巨大なゲートから

あふれ出してくる闇を消すために。

 

巨大なボスが待ち受けているダンジョンに冒険に行く。

 

果たして世界に平和は訪れるのであろうか?

 

こんなシンプルさです。

 

 

ダンジョンがあって

 

街があって

 

モンスターを狩りまくってお金を稼いで

 

そのお金で、最強装備を整えていく

 

王道のハック&スラッシュがここにはありました。

 

 

このゲーム最大の特徴で言いますと

 

「モンスター自体がスキルになる」

こんなヤバすぎるシステムになっていました。

 

モンスターが、

アイテムや装備を落とすのは当たりまえですよね?

 

 

モンスター自体が、

スキルに変化するんです。

 

目の前のモンスターをキャプチャーすることで、

自分のスキルとしてどんどん吸収することができまして。

 

ドラゴンボールの「セル」の気分を味わうことができました。

 

目の前のモンスターが、

もしかしたらとんでもない必殺技を持っているかもしれない。

 

こんなワクワクが

最後の最後まで続いていきますからね。

 

ハック&スラッシュの中でも、

上位に来るくらいの名作ゲームでしたね。

 

 

……となれば良かったのですが

 

このゲームには、

最大のマイナスポイントがありました。

 

そのマイナスポイントのお蔭で、

結局は、ハック&スラッシュの山の中に埋もれてしまいました。

 

 

その最大のマイナスポイントこそが、

プレイ時間の圧倒的な短さです。

 

正直言いまして、

定価で買っていた人は、もれなくブチ切れると思います。

 

どのくらい短いのか?

 

4時間です。

 

早い人ならば、

3時間もあれば終わると思います。

 

遊んでいて思います

「え?嘘だよね?」です。

 

3時間遊んで、

「ここからが本番だ!!」と思っていたのに。

 

それ程のやりこみ要素も用意されていない。

 

なのに、ゲームのシステムは最高。

 

 

もっと頑張れ!!

 

 

そんな、やる気を出していれば、

絶対に大ヒットした、悲しい作品なのでした。

 

 

ただ、無双状態を体験するには、

これ以上の作品もないと思いますので。

 

ストレス解消で遊んでみて下さい。

 

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

 

クロストレジャーズ

 

840円

 

出ました、私が待ち望んでいた究極の作品が。

 

このゲームの目的も王道です。

 

魔王に連れ去られたお姫様を助け出すために

 

駆け出しの冒険者が、

巨大な塔のダンジョンを登って行く。

 

5階ごとに、巨大なボスモンスターが待ち構えており、

そのボスを倒しながら、お姫様を目指して行く。

 

果たして無事にお姫様を助け出すことはできるのであろうか?

 

こんな、素晴らしすぎる目的になっていました。

 

 

このゲームの何が素晴らしいのか?

 

ディアブロライクを楽しめるだけではなく

 

同時にモンスターハンターの要素も楽しめて

 

更にダンジョンメーカーの料理のシステムも楽しめる

 

私が大好きなゲームの要素を、

この作品1本でふんだんに楽しめる事でした。

 

 

メインはもちろんディアブロです。

 

ダンジョンを冒険しながら、

沢山のモンスターをバッタバッタ斬りまくって行きます。

 

そして、モンスターが落としたアイテムを使用して、

自分だけの最強装備を作成していく。

 

モンスターが落とした食材を使用して、

自分のステータスを、どんどんパワーアップさせていく。

 

こんな素晴らしさになっていました。

 

更に嬉しいのが、

1フロアに、1イベントが用意されていまして。

 

このイベントを楽しむ為に、

何度でも、ダンジョンに潜りたくなります。

 

スキルのレベルを上げてくれたり

 

エストを受注出来たり

 

どんなイベントが待ち受けているのかを、楽しむために、

何度も、何度も、何度でも、冒険できる作品でしたね。

 

 

更に嬉しいのが、

ダンジョン自体の属性を好きなタイミング変更させることができ。

 

ダンジョンを

新鮮な気持ちで楽しめるようなっていました。

 

 

普通のRPGならば、

 

序盤のダンジョンに行くなんて事はあり得ません。

 

だれが好きこのんで、スライムでレベル上げをするのでしょうか。

 

このクロストレジャーズでは、

そんなスライム相手でも、ワクワク出来るんです。

 

それが、このゲームの凄い所なんです。

 

ダンジョンを変化させれば、

何度でもイベントが復活しますからね。

 

何度でも、1階から登りたくなります。

 

 

簡単に35階からやり直せるのに、

それを無視して、1階から登りたくなる。

 

気付いたら12時間遊んでいる

 

それなのに全く飽きない

 

こんな素晴らしさが、

クロストレジャーズという作品を象徴しているのではないでしょうか。

 

そんな素晴らしい作品を、

是非とも遊んでほしいなと思います。

 

 

私のランキングではありますが、

ナンバーワンのハック&スラッシュだと思っています。

 

思い出補正があれば

初代のディアブロなのでしょうが。

 

ゲームの面白さで言えば、

このクロストレジャーズがトップです。

 

なので、この作品から遊んでみて下さい。

 

面白さは保証します。

 

 

6000文字で感想を書いていますので、

細かく知りたい方は、そちらもよろしくお願いします。

 

 

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

 

 

プレイステーション VITA  3作品

 

ダーククエスト・アライアンス

 1030円

 

この作品は、

アントールドレジェンドと同じメーカーの作品でした。

 

と言いますか、

この作品を先に遊んで。

 

そのあまりの面白さに、

アントールドレジェンドにたどり着きました。

 

ゲームの画面もほぼディアブロです。

 

アントールドレジェンドの進化版と言う感じでしょうかね。

 

敵の数がとんでもなくて、

そんな大軍を蹴散らしていくのが最高の幸せでした。

 

ディアブロをパワーアップさせたのが、

アントールドレジェンドならば

 

アントールドレジェンドをパワーアップさせたのが、

ダーククエスト・アライアンスなのでした。

 

純粋なディアブロ好きには、

絶対に遊んでほしい作品でしたね。

 

 

retogenofu.hateblo.jp

 

 

イースセルセタの樹海

 

2280円

 

 

この作品は、ありそうでなかった

イースハック&スラッシュになっています。

 

誰もマッピングしたことがない、セルセタの樹海を。

 

仲間たちと共に、マッピングして行きましょうという作品なのですが。

 

まあ面白かったです。

 

じめじめとしたダンジョンに潜るのが、

王道のハック&スラッシュだとばかり思っていましたが。

 

太陽が燦燦と降り注ぐ世界を冒険するのも最高でした。

 

 

装備をドロップしながら進んで行くという作品ではなく。

 

モンスターの素材をドロップして、

それを元に、装備を強化していくという流れになっているのですが。

 

沢山のモンスターが登場しますので、

楽しみながら冒険することができました。

 

その他にも、

エリアには巨大なボスがウロウロしていまして。

 

そのボスを倒すのも、寄り道要素として最高でした。

 

意地でも倒したくなる

 

これがハクスラ好きの頑固な部分ですからね。

 

そこを上手くくすぐってくれるのは、

流石イースといった作品なのでした。

 

 

イースでありながらハクスラ

 

ハクスラでありながら、ちゃんとイース

 

こんな、未だに売れている

凄い作品を楽しんでください。

 

 

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

 

ダマスカスギヤ 東京始戦

 

ダウンロード専用  1853円

 

 

この作品は、純粋なアクションRPGというよりも、

アーマードコア寄りのハック&スラッシュです。

 

ロボットに乗りこんで、

沢山のミッションをこなしながら、小銭を稼いでいく。

 

泥臭い作品だったと思います。

 

 

レベルという概念がなく、

敵を倒してパーツを拾いまくり。

 

そのパーツをセッティングして、

自分だけのロボットを作成していくという流れになっていました。

 

 

ゲームの操作性は

アクションゲームの様なシンプルさで、

初心者でも簡単に操ることができますし。

 

カスタマイズは

アーマードコアの様な本格的なシステムですので、

昔ながらのシミュレーション好きにも満足できます。

 

ここら辺は、アクションゲーム初心者にも楽しめる

優しさだったのではないでしょうか

 

 

この作品の特徴で言いますと、

ビックリする位のドロップ確率です。

 

1回のミッションで、

パーツを数十個持ち帰れるなど、

とんでもない大盤振る舞いになっていました。

 

ミサイルをドカンと撃って

 

雑魚敵を一瞬で壊滅させて

 

その場所にはドロップアイテムが山の様に落ちている

 

これ以上の幸せがあるのでしょうか?

 

 

しかも、そんなパーツのひとつひとつに

沢山のスキルがランダムで設定されていますからね。

 

トレジャーハンティングの要素もこのゲームの魅力でした。

 

 

ダウンロード専用という事もあり、

本編としてはかなり短いのですが。

 

追加のミッションも買うことができますので。

 

そこら辺は、今風だったのかもしれません。

 

 

アーマードコアにドハマリしていた人は、

この機会にチェックしてみて下さい。

 

 

retogenofu.hatenablog.com

 

 

 

 

私が思う 最も面白いハック&スラッシュ ベスト3

 

色々な作品を遊んできましたが、

「結局はどの作品を遊べばいいの?」となりますよね。

 

だったら、ベスト3で書いてみたいと思います。

 

これから出会う作品も沢山ありますので、

このランキングは変動する可能性がありますが。

 

今現在で、

「絶対に遊んでほしい!!」と思う3作品を選びましたので、

参考にしてください。

 

 

第3位

 

ロストレグナム

 

拾ったアイテムを全て有効活用できる

 

ハック&スラッシュの鏡だと思います。

 

冒険を楽しみつつも、

最強装備を自分自身で鍛え上げていく。

 

この面白さは、

他のハック&スラッシュの数段上を行っているのではないでしょうか。

 

アイテムを拾って、最強を目指して行く

 

これが今までのハック&スラッシュでしたが。

 

自分自身で、好きな様に装備を鍛え上げていく

 

こんな斬新さがありましたので、

いつまでもダンジョンに潜っていたいと思えるのでした。

 

ダンジョンに潜る度に、必ず装備を強化できる

 

この中毒性を味わったら最後、

睡眠時間を削ってでも、遊びまくってしまうのでした。

 

 

最強を目指すのが好き

 

そんな人にとっては、

このロストレグナムこそが

トップのハック&スラッシュなのかもしれません。

 

 

 

第2位

 

煉獄弐

 

ファンタジーRPGがほとんどを占める、

ハック&スラッシュという世界で。

 

まさかのSFの世界を冒険できる。

 

新時代のハック&スラッシュになっていました。

 

この新鮮さも、最高なのですが、

それ以上に……アクションゲームとして面白いです。

 

ハック&スラッシュでは、

遠距離攻撃しか使用しない私ですが。

 

この煉獄弐に関して言いますと、

接近戦も最高に楽しかったです。

 

遠距離攻撃も楽しい

 

接近戦も楽しい

 

アクションゲームとして最高

 

そんな、ハック&スラッシュのジャンルを飛び越えた

圧倒的に面白い作品になっていました。

 

 

ハクスラFPSが同時に楽しめる

 

これ1本で、数ヶ月は余裕で遊べる

 

大好き過ぎる作品なのでした。

 

 

 

第1位

 

クロストレジャーズ

 

この作品を超えるハック&スラッシュは存在するのか?

 

それくらい虜になった作品でした。

 

1日12時間遊んでも、まったく飽きない作品ですからね。

 

色々なゲームシステムが楽しめるのみならず、

その加減もとても素晴らしく。

 

全てのハック&スラッシュの究極系こそが、

このクロストレジャーズだと思っていますので。

 

今すぐにでも遊んでください。

 

自信を持ってお勧めします。

 

 

 

装備を鍛え上げるのが好きならば

ロストレグナム

 

 

戦闘の楽しさを味わいたいのならば

煉獄弐

 

 

総合力を求めるならば

クロストレジャーズ

 

この3作品を遊べば、必ず幸せになれる

 

そんな奇跡の作品をお楽しみください。

 

 

私が愛したディアブロライクRPGのまとめ

 

いま遊んだ事がある作品で言いますと、

このような感じになっています。

 

手元にある作品で言いますと、

 

 

ダーククロニクル

 

この作品がディアブロライクRPGだと分かっています。

 

今狙っている作品で言いますと

 

 

PS3のセイクリッド2

などでしょうかね。

 

プレイステーション3は

ディアブロライクの宝庫だと分かっていますので、

そこら辺も今後のポイントになってくると思います。

 

 

初めて通販で買ったゲームソフトが、

ディアブロでした。

 

どうしても遊びたかったんです。

 

だけど周りに売って無かったんです。

 

なので、怖かった通販ではありましたが、

買っちゃったんですよね。

 

今では、ほとんど通販で買っていますからね。

 

慣れって怖いですよね。

 

ディアブロが無ければ、

数年は遅れていたと思いますので。

 

その点でも、ディアブロには感謝しています。

 

 

それでは最後に

 

どの作品が一番お勧めなのか?

 

 

ディアブロだよね!!