読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ポケモン不思議のダンジョン・赤の救助隊 ポケモンとトルネコ3が結婚する  そんな幸せ

低年齢向けの不思議のダンジョン 遊び応えはトルネコ3並

 

[ポケモンになってしまった人間が 奥深すぎる物語を体験していく そんな奇跡]

[ポケモン不思議のダンジョン・赤の救助隊  任天堂  ゲームボーイアドバンス]

2005年発売  ジャンル ローグライクRPG  参考価格490円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  10時間

このゲームに対する世間の評価  楽しいという言葉しか無い 

どんな人におすすめ  簡単なローグライクが好きならば 絶対におすすめ

バーチャルコンソールで配信あり

 

 

ポケットモンスターって本当に凄かったですよね。

 

クラスの半分は持っていましたからね。

 

男子のみならず、女子も持っている。

 

国民的な作品でしたね。

 

ただ、初代ポケットモンスターから

2までの発売がかなり遅れていましたので。

 

2を遊ばないまま、

今にいたる人も多いのではないでしょうか。

 

だったら、今作を遊んで、

久しぶりにポケモンの雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

 

きっと、あの頃の思い出が

鮮明に蘇ってくるでしょうね。

 

 

そんな今回の  ポケモントルネコ3が結婚したらこうなる

ポケモン不思議のダンジョン・赤の救助隊の感想です。

 

 

 

ポケモン不思議のダンジョン・赤の救助隊とはどんなレトロゲーム

 

このポケモン不思議のダンジョン・赤の救助隊ですが、

2005年に任天堂から発売された、

ゲームボーイアドバンス専用のローグライクRPGでした。

 

国民的なゲーム

ポケットモンスターが。

 

まさかの、トルネコシレンでお馴染の、

ローグライクRPGで発売される。

 

「え?大丈夫なの?」こんな印象だったと思います。

 

ゲームボーイアドバンスでは、

赤の救助隊が

 

ニンテンドーDSでは、

青の救助隊が発売される

 

こんな同時発売も、衝撃的だったのではないでしょうか。

 

 

そんなゲームの目的は

 

何故かポケモンの姿に変身してしまった主人公

 

この世界には、

沢山のポケモンが住んでおり、

色々な悩み事を抱え込んでいる。

 

アイテムを欲しがったり

 

ダンジョンから出られなくなったり

 

ダンジョンの奥深くまで一緒に冒険して欲しかったり

 

そんな数多くの悩みを、

救助隊として解決して行き

 

ポケモンの世界になじんで行く。

 

そして、この姿から戻るために、

さまざまなダンジョンを冒険して、情報収集をしていく

 

果たして、無事に人間に戻ることはできるのだろうか?

 

主人公の、

救助隊としての人生が幕をあける…。

 

こんな目的になっていました。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなローグライクRPGで。

 

似たタイプのゲームで言いますと、

トルネコの大冒険」や「風来のシレン」が似ていました。

 

最も似たゲームで言いますと

トルネコの大冒険3が、物凄く近い作品ですね。

 

 

最初に色々な質問をされまして、

自分がどんなポケモンなのかを決めていきます。

 

私は「キモリ」という、

初代には居ないポケモンでした。

(初代で言いますと、フシギダネのポジションですね)

 

そして、一緒に冒険してくれる、

相棒のポケモンを選びます。

 

私はヒトカゲにしました。

 

本当はフシギダネにしたかったのですが、

キモリを選んでいる為に、選ばれなかったのかも知れません。

 

そんな、キモリヒトカゲの黄金コンビで、

最後まで突っ走って行きましたね。

 

 

このゲームの特徴的なシステムで言いますと、

仲間がやられても、駄目なシステムになっていました。

 

主人公がやられて

ゲームオーバーになるのは分かりますが。

 

仲間がやられても、

問答無用でゲームオーバーになります。

 

この部分に慣れていないと、

いきなりゲームオーバーなんて事もありましたので。

 

衝撃度で言えば、かなりのものがありました。

風来のシレン3はこのシステムでしたよね)

 

 

ポケットモンスターの世界で、

不思議のダンジョンを行う。

 

そんな、斬新なゲームなのですが。

 

基本的には、

今までのローグライクRPGと同じです。

 

入る度に変化する

ランダムダンジョン

 

自分が動けば、相手も動く

ターンバトルのシステム

 

ここまでが同じで。

 

ポケモンのレベルはそのままですし。

 

持っていけるアイテムの制限数もありません。

 

この部分では、

ローグライクRPGの初心者にも安心だったのかも知れません。

 

レベルがそのままという事は、

諦めなければいつかはクリア出来ます。

 

3人1チームで、冒険に行けますので、

1対3という圧倒的な戦力で戦う事も出来ます。

 

まさに、ローグライクRPGの

入門編的な作品に仕上がっていましたね。

 

 

ポケットモンスターという事もあり。

 

不思議のダンジョンシリーズお馴染の、

装備品強化という要素はないのですが。

ポケモンは武器を装備ができないので)

 

ポケットモンスターの代表的なシステム

ポケモンゲットだぜ!!」が用意されています。

 

モンスターボールというアイテムは無いので、

「どうやって捕まえるのだろう?」と疑問だったのですが。

 

そこはとてもシンプルです。

 

相手をぶん殴ります。

 

そして、仲間にします。

 

たったのこれだけです。

 

ドラゴンクエスト5やトルネコの大冒険3のシステムですね。

 

ポケモンを倒すことで、

低確率で、仲間になってくれる。

 

こんなシンプルさになっていました。

 

 

トルネコの大冒険3が、

なぜ数百時間遊べる作品だったのか?

 

モンスターを仲間に出来るからです。

 

全てのモンスターを集めるには、

数百時間は軽くかかってしまう。

 

そんなやりこみゲームでした。

 

そんなやりこみゲームが、

ポケットモンスターの世界でも楽しむことができる。

 

もう、この時点で、

満点をあげたくなりましたね。

 

 

システムも優しい

 

トーリーも、泣いちゃうくらい良い

 

ポケモンを仲間に出来る、最高のやりこみシステムも用意されている

 

今まで遊ばなかったことを後悔する

偉大な作品なのでした。

 

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

ポケモン不思議のダンジョン・赤の救助隊の感想でもあり レビューでもあり

 

[グミを拾って ポケモンに食べさせまくれ]

 

このゲームですが、装備品がありません。

 

リボンやスカーフなどの、

能力を上げてくれるアクセサリーは存在しますが。

 

剣や爪などの、物騒な武器はありません。

 

そうなって来ると、思う訳です。

 

「愛しのポケモンを、連れて行けないんだな」と。

 

装備品を強化できるのであれば、

究極に鍛えまくって、愛するポケモンに装備させられますが。

 

そんな事はできません。

 

 

ポケモンによって、

伸びるパラメーターが違ってきますので。

 

どうしても、

使えるポケモン、使えないポケモンに分かれてしまいます。

 

 

ではどうやって解決するのか?

 

 

そこで登場するのが、

グミと言うアイテムでした。

 

簡単に説明すれば、

ドーピングアイテムです。

 

こうげきが1上がったり

ぼうぎょが1上がったり

とくこうが1上がったり

とくぼうが1上がったりします。

 

そんなグミを集めまくることで、

自分だけの最強のポケモンを育成できる。

 

かなり面白いシステムが搭載されていましたね。

 

最大HPが上がるグミに

出会っていませんので。

 

打たれ強さに関して言えば、限界はあると思うのですが。

 

それでもパラメーターをどんどん上げていけるのは、

かなり中毒性が高いシステムでした。

 

 

ドラゴンクエストならば、

ドーピングアイテムはレアアイテムでした。

 

強敵を50匹くらいたおして、

ようやく1個手に入る。

 

こんな辛さがありましたが。

 

今作に関して言えば、かなり拾えます。

 

もうガンガン拾えます。

 

ガンガン拾いまくりですので、

ガンガン食べさせてください。

 

そうすると、ガンガンパワーアップしていきます。

 

これで解決してください。

 

 

他のポケモンよりも、

パラメーターの伸びが低いって?

 

グミを吐くまで食べさせろ!!

 

こんな解決方法こそが、

どんなポケモンでも、最後まで連れていくことができる、

嬉しいシステムだったのかも知れませんね。

 

 

 

[ジグザグマを一生連れていく  そんなチートキャラ]

 

ジグザグマという、

ポケモンマスターお馴染のポケモンがいます。

 

このジグザグマですが、

大人気のキャラでした。

 

それはなぜなのか?

 

アイテムを拾ってきてくれます。

 

どんなアイテムを拾ってきてくれるのか?

 

レアアイテムをガンガン拾ってきます。

 

ふしぎなあめという、

レベルをアップさせてくれる、ヤバいアイテムも拾ってきまして。

 

ポケモンのルビーを遊んでいた時は、

最後までジグザグマを使っていました。

 

 

そんなジグザグマが、

今作の不思議のダンジョンでも、ヤバい性能になっていた訳です。

 

このジグザグマですが、

ドラクエで言いますと、スライム的な感じで。

 

簡単に仲間になります。

 

というか、初めて仲間にしたのが

ジグザグマでした。

 

そこで、分かったんですね。

 

「このゲームでも、アイテム拾ってきてくれるの?」と。

 

 

どうすれば、アイテムを拾ってきてくれるのか?

 

階段を下りるだけで、

かなりの確率で拾ってきます。

 

それこそ、10階層のダンジョンで、

8個とかアイテムを拾ってきます。

 

ダンジョンによっては、

ぜんぜん役に立たないアイテムも拾ってくるのですが。

 

3つ目くらいの、

序盤のダンジョンですら、グミを拾ってきますからね。

 

まあ大好きになりました。

 

 

ドーピングアイテム

 

技マシン

 

高価なアクセサリーなどなど

 

階段を下りるだけで、ガンガン拾ってくる。

 

もうジグザグマしか連れて行きませんでしたね。

 

 

キモリ

 

ヒトカゲ

 

ジグザグマ

 

このパーティーで最後まで突っ走る

 

だってジグザグマが異常な高性能キャラだから。

 

そんなジグザグマゲーをお楽しみください。

 

 

ちなみに、

ゲームをクリアすることで、

相棒のヒトカゲを外すことができますので。

 

ジグザグマ2匹を連れて歩けるという、

夢のような体験も可能になりますので。

 

ジグザグマで、

グミを集めまくって、主人公をドンドン強化していく。

 

こんな流れが、

このゲームの王道になっているのかも知れませんね。

 

 

階段を下りるだけでいいなんて

 

ああ楽しい…。

 

 

 

ポケモン不思議のダンジョン・赤の救助隊のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ポケットモンスターという

神ゲー

 

不思議のダンジョンという

神ゲー

 

その二つが結婚する

 

もう遊ぶしかないね!!

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームですが10時間もあれば、

エンディングまで行けます。

 

冒険を有利に進める、

ヤバいアイテムが数多く用意されていますので。

 

ゲームオーバーになることも、

かなり少ないです。

 

しかし、そんなのはクリアまでで、

後半はどんどん難しくなって行きますので。

 

ローグライクRPGの上級者にも、

満足できる作品に仕上がっているのではないでしょうか。

 

 

前半は物語を楽しむ

 

後半はやりこみゲームを楽しむ

 

そんな奇跡をお楽しみください

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

こんなに面白いゲームを、

今の今まで遊ぶことはありませんでした。

 

おそらく、

初代のポケモンを遊んでいても。

 

今作を遊んだ事がない人も多いかと思いますので。

 

是が非でも遊んでほしいなと思います。

 

DS版も発売されていますし、

DSがあればゲームボーイアドバンスも遊べますからね。

 

今すぐ遊んでください

 

面白さは保証します!!

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

ポケモントルネコ3が結婚する  そんな幸せ

それこそが、今急いで490円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます