読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

THE・歩兵2 PSP 名作FPSでもあり 新時代のアクションRPGでもある

ゲームのバランスが良ければ 天下を取れたかもしれない

 

f:id:retogenofu:20170221201347j:plain

[難しいミッションが登場する 30分くらいレベル上げをする そんなFPS]

[THE・歩兵2  ディースリーパブリッシャー  PSP]

2009年発売  ジャンル アクション・シューティング 参考価格460円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  15時間

このゲームに対する世間の評価  シンプルシリーズにしては 長く遊べる

どんな人におすすめ  戦場で撃ちまくりたい人にお勧めです

 

 

最近どんなゲームを遊んでるの?

 

こんなことを聞くと

 

大半の人は「FPS」と答えます。

 

もはや、FPSが王様なのかもしれませんね。

 

 

そんな今回の  名作FPSでありながら アクションRPGでもある

THE・歩兵2の感想です。

 

 

 

THE・歩兵2とはどんなレトロゲーム

 

このTHE・歩兵2ですが

2009年にディースリーパブリッシャーから発売された

プレイステーションポータブル専用のアクションシューティングでした。

 

2006年に発売された

「THE・歩兵」の続編で。

 

シンプル2500シリーズという

「それはもう、普通の値段設定なのでは?」という

大人気シリーズ12弾目の作品になっていました。

 

 

そんなゲームの目的は

 

厳しすぎる上官に従いながら

様々な戦地に赴き

 

沢山のお金を稼ぎまくりましょう。

 

そんなシンプルな目的になっていました。

 

目的地に辿り着けとか

 

敵を全て殲滅させろとか

 

捕まっている要人を助け出せとか

 

敵の司令官を倒せとか

 

ステージ事に

ミッションが違いまして。

 

そのミッションをこなしていきながら

最強の傭兵を目指して行く。

 

楽しすぎる作品でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションシューティングで

 

自分目線でゲームが進んで行く

FPSと呼ばれるジャンルになっていました。

 

最初に

 

男性の傭兵か、女性の傭兵か

 

ノーマルか、スレンダーか、マッチョかを決めます。

 

マッチョだったら

パワフルだけどスピードが遅い

 

スレンダーだったら

スピードがあるけどパワーが皆無

 

なんて感じで、

そのキャラクターごとに、パラメーターが変わって行くのが楽しかったです。

 

 

その他の特徴としましては

レベルアップのシステムと武器購入のシステムでしょうね。

 

ミッションをこなしていく事で

RPGの様に経験値を貰うことができまして

 

経験値が貯まると

レベルがアップするシステムになっていました。

 

レベルが上がることで

ポイントを貰えまして

 

そのポイントを割り振って

ステータスを上げていくシステムでした。

 

生命力

バイタリティー

攻撃力

戦闘力

俊敏力

 

こんなパラメーターに

レベルアップで貰ったポイント割り振って行く。

 

アクションRPGの様なシステムも良かったです。

 

 

もう一つの武器購入は

 

ミッションで稼いだお金を使用して

高性能の武器を買いまくる

 

楽しすぎるシステムでした。

 

今までは、30メートルしか届かなかった

ゴミの様なマシンガンだったのに。

 

稼いだお金を握りしめて

武器商人のおじちゃんに会いに行く事で。

 

400メートル先まで届く

イカレタマシンガンをゲットできる。

 

最高過ぎるシステムでしたね。

 

1回のミッションで

2000とか稼げるのですが

 

高性能な武器になりますと

450000とかの、とてもじゃないけど手が出せない値段になっていまして。

 

「いつか、あの武器を買うぞ!!」なんて

燃える展開にもなっていました。

 

目の前の25000のマシンガンを買うのか

 

15分かけて35000のマシンガンを買うのか

 

2時間かけて100000のロケットランチャーを買うのか

 

どのタイミングで武器を購入するのかを考えていく

魔性のやりこみシステムでしたね。

 

 

ミッションをこなすごとに

レベルがアップしていく

 

ミッションをこなすごとに

お金がザクザク貯まっていく

 

ゲームのシステムは

戦場で敵を撃ちまくる、王道のFPS

 

そんな、新時代のアクションRPGだったのでした。

 

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

THE・歩兵2の感想でもあり レビューでもあり

 

[ゲームの難易度でいいますと 相当な激ムズゲーム]

 

このゲームですが

マジで面白かったです。

 

普通のFPSならば

自分自身のアクションテクニックが全てだったと思います。

 

そんなFPSというジャンルに

RPGのシステムをプラスする事で

 

「頑張ればクリアできる」というゲームになっていたわけです。

 

 

しかし、そんなシステムにしたので

ゲームの製作者も思ったのでしょうね。

 

「そうだ!めちゃくちゃ難しくしよう!!」と。

 

「レベルを上げれば、クリア出来るからね」なんて

言い訳がありますので

 

かなり難しい作品に仕上がっていました。

 

 

敵の索敵能力がとんでもなく

 

こちらが発見していないのに

相手はバンバン撃ちまくってくるなど

 

気づいたら死んでいる

中々の上級者向けゲームになっていました。

 

 

戦車や軍艦など

兵士のみならず、ド派手な兵器も襲ってきまして

 

ド派手なアクションゲームになっていました。

 

軍艦には

「ロケットランチャー」や「グレネード砲」しか効かないなど

 

そのミッションごとに

そのミッション専用の装備を考えなければいけない

 

こんな難しさがありましたね。

 

 

一応の救済措置としましては

回復アイテムを山ほど持っていける所でしょうか。

 

このゲームでは重量制限がありまして

その重量以内ならば、回復アイテムを持ち込むことができます。

 

必要最低限の武器を持ったら

沢山の回復アイテムを持ち込んで回復しまくる。

 

そんな優しさがありましたが

 

それを上回る難易度で襲ってきますからね。

 

FPSには最高に楽しめるのではないでしょうか。

 

 

沢山の回復アイテムをもってしても

簡単にはクリアさせてくれない

 

とびきり難しい、FPSなのでした。

 

 

 

[初めのミッションを もくもくと50回くらいクリアする そんなレベル上げ]

 

このゲームですが

かなり独特なゲームだと思います。

 

なにせ、レベル上げができますからね。

 

ほとんどアクションRPGです。

 

レベルが上がることで

パラメーターがアップしていくのですが。

 

生命力とバイタリティーを上げる事で

持ち込める重量が上がるシステムでしたので

 

基本的には

生命力とバイタリティーに振っていました。

(1レベルで、回復アイテムの上限が2個アップします)

 

 

そんな経験値稼ぎですが

初めのミッションが、一番効率的でしたね。

 

貰える経験値とお金は少ないのですが

 

1分くらいでクリア出来ますし

 

敵が落とすマシンガンの弾薬が美味しかったです。

 

このゲームでは

武器の弾薬を自分で購入しなければいけないシステムで

 

この弾薬が死ぬほど高かったんです。

 

25発のマシンガンのパックが

1500とかしますからね。

 

とてもじゃないけど、買う気になれませんでした。

 

そんなマシンガンのパックを

1分のミッションで5個ほど拾うことができますので。

 

実質7500ほど多く稼げる印象でしたね。

 

 

難しいミッションに行く

 

マシンガンを撃ちまくる

 

弾が少なくなる

 

初めのミッションに行く

 

10分程稼ぐ

 

弾数満タン!!

 

こんな大変さも良かったです。

 

 

他のミッションが

10分で300の経験値なのに

 

初めてのミッションならば

4分ほどで300の経験値ですからね

 

明らかに設定ミスでしたね。

 

まあ、その設定ミスのおかげで

ゲームをクリアすることが出来たので。

 

結果的に大満足です。

 

 

スライムを延々と倒すことで

最強クラスの武器を買える

 

そんな豪快すぎるレベル上げをお楽しみください。

 

 

 

THE・歩兵2のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

敵の強さもとんでもないですが

 

レベル上げをする事で

対抗できる

 

そんな新時代のアクションRPGをお楽しみください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

遠くから、相手の頭を撃ち抜く

 

これぞFPSという幸せを体験して欲しいなと思います。

 

近づいたら100%ばれる

 

だったら、近づかないで相手を撃ち抜く

 

そんなスナイパーのゲームでもありました。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

最初は思っていました

「シンプルなFPSなのだろうな」と。

 

そんな印象だったのですが

 

武器購入の

やりこみ要素も用意されていますし

 

キャラクター育成の楽しみもありますからね。

 

寝る間も惜しんで遊んでしまいましたね。

 

 

ただ、ただ、2時間レベル上げをする

 

そして、ハイテクな装備を購入する

 

またレベル上げをする

 

ああ楽しい…。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

名作FPSでもあり 新時代のアクションRPGでもある

それこそが、今急いで460円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます