読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

カーブノア GB版 ゲームボーイでも ローグライクRPGは楽しめます

名作 面白さ保証 GB RPG ダンジョンRPG コナミ

トルネコが初代なのかと思いきや  カーブノアが先輩でした

 

f:id:retogenofu:20170215014201j:plain

[ローグライクでありながら  ほとんどパズルゲームみたい  でも好き]

[カーブノア   コナミ  ゲームボーイ]

1991年発売  ジャンル ダンジョンRPG  参考価格630円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  クリアしていないので分かりません だいたい10時間?

このゲームに対する世間の評価  飽きないゲームとは このゲームの事を言う

どんな人におすすめ  ローグライクが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

ローグライクRPG

 

これだけでご飯3倍はいけます。

 

そんな大好きな

ローグライクRPGで言いますと

 

やっぱり忘れてはいけないのは

トルネコの大冒険」ですよね。

 

このゲームがあったからこそ

日本でローグライクRPG

 

分かりやすく言えば

「不思議なダンジョン」が流行ったのではないでしょうか。

 

しかし、そんなトルネコ

まさか先輩が居たとは思いませんでしたね。

 

 

そんな今回の トルネコに あんパンを買わせに行っても大丈夫 先輩だから

カーブノアの感想です。

 

 

カーブノアとはどんなレトロゲーム

 

このカーブノアですが

1991年にコナミから発売された

ゲームボーイ専用のダンジョンRPGでした。

 

ローグライクRPGという

トルネコの不思議なダンジョン」でお馴染のゲームが

 

1991年という時代に

 

しかも、「ゲームボーイ」で楽しめたのですから

 

それはもう、コアなゲーマーは喜びまくったのではないでしょうか。

 

 

そんなゲームの目的は

 

男の冒険者

女の冒険者

どちらかの冒険者を選びまして

 

入るたびにフロア構成が変化する

「摩訶不思議なダンジョン」をクリアして行くのが目的でした。

 

モンスターを倒して来いとか

 

妖精を助け出して来いとか

 

オーブを探して来いとか

 

ゴールドを拾いまくって来いとか

 

そのダンジョンごとに

決められたクエストがありまして。

 

そのクエストを、こなしていきながら

最強の冒険者になって行く…。

 

そんな熱すぎる目的になっていました。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなダンジョンRPGで

 

トルネコの大冒険」や「風来のシレン」などの

ランダムダンジョンのシステムが搭載されていました。

 

入る度に変化するダンジョン

 

アイテムの持ち込みは不可能

 

帰る為には、クエストをクリアするしかない

 

自分が動けば、相手も動く

 

大まかに説明すると

こんなシステムが搭載されていました。

 

 

このゲームの特徴で言いますと

レベルという概念がないという所でしょうか。

 

モンスターを倒す意味合いが

「冒険の邪魔だから」という物凄く豪快なシステムで。

 

モンスターを10匹倒して来い

みたいなクエストでなければ

 

完全に無視をして進んでいいのは良かったですね。

 

ダンジョンには

剣や盾が落ちていまして

 

その装備を拾いながら強化していくという流れでした。

 

ダンジョンには宝箱が落ちていまして

その宝箱を拾いながら、冒険に役立つアイテムを集めていきます。

 

回復アイテムに毒消し

フロアを照らす魔法に、透明になれるクスリ

どんな敵でも一撃で焼いてしまう魔法などなど。

 

このアイテムの引き次第で

 

めちゃくちゃ簡単な

冒険になるかもしれませんし

 

1つのミスが、死に繋がる

ハラハラドキドキの冒険になるかもしれません。

 

まさに、王道のローグライクRPGを楽しむことができました。

 

 

どの敵をカモにするのか

 

どの敵からは絶対に逃げなければならないのか

 

たった一つのミスで

10数分が消し飛んでしまう

 

シンプルながらも遊び応えは抜群

 

そんな、

発売時期が違えば、天下を取れたかもしれない

 

カーブノアという作品なのでした。

 

 

 

ここからは、ゲームの感想に続いていきますので

 

このゲームの存在を知って

「新鮮な気持ちで遊びたい!!」と言う人は

閉じてもらっても構いません。

 

その場合は、ゲームを遊んでから

改めて、感想の部分を読んでもらえると幸いです。

 

こちらから購入できます

 

 

 

カーブノアの感想でもあり レビューでもあり

 

[レベルアップが無くても ダンジョンRPGって楽しいんですね]

 

このカーブノアを遊んで思うのが

「パズル的なダンジョンRPGも悪くないな」でした。

 

今のダンジョンRPGの主流で言いますと

 

とにかくレベルを上げて

 

とにかく装備を鍛え上げて

 

ハラハラドキドキの展開を真っ向から否定して

 

ガチガチに固めてから冒険する

 

こんな感じだと思われます。

 

 

そして、そんなゲームが

私は大好きです。

 

最近遊んだ「ナイトメア・オブ・ドルアーガ」なんて

装備の強化だけで、数十時間遊んでいましたからね。

 

「胃が痛くなるような展開ならば、真っ向から否定させていただきます!!」

こんなヌルゲーマーです。

 

 

そんなヌルゲーマーなのですが

 

このカーブノアに関して言いますと

最高に楽しめましたね。

 

ゲーム自体が

「レベルアップも、装備強化も無し!!」と言っていますからね。

 

ガチでこのゲームに向き合うしか

攻略する方法は有りませんでした。

 

ガチで向き合うことで

「骸骨と剣士には近寄るな」とか

「大型モンスターには魔法で対処しろ」とか

 

自分なりの攻略パターンに気づくことができまして

 

ゲームの面白さが

どんどん覚醒して行きました。

 

元祖の「ローグ」という作品も

頭をフル回転させて、ピンチを乗り切るゲームだったそうなので。

 

その面白さを

このゲームで表現したかったのかも知れませんね。

 

 

 

[ゲームの難易度でいいますと  全くクリア出来ない]

 

このゲームのシステム的な部分で言いますと

 

満点をあげても良いくらい

物凄く楽しいシステムです。

 

ただですね、

ゲームの難易度の部分で言いますと

 

ガチで難しいです。

 

 

モンスターを倒せならば

雑魚のモンスターを狙えば良いので。

 

強敵からは全速力で逃げて

 

カモを見つけたら、必ず撃破する

 

こんな方法で何とかなるのですが。

 

オーブを探し出せ

 

妖精を見つけ出せ

 

ゴールドを拾いまくれ

 

この3つのクエストに関して言いますと

まあ難しかったです。

 

最初は少ない目標数で良いので

楽々クリアして行きます。

 

それこそ、3分もあればクリア出来るほどの

楽勝な難易度でした。

 

しかし、どんどんクエストの難易度が上がって行きまして

プレイ時間も徐々に長くなって行きます。

 

3分が5分になり

 

5分が7分になり

 

10分が15分になり

 

ハラハラドキドキの展開を

楽しむことができました。

 

 

ただですね、

1つのミスが、その時間を一瞬で消し去ってしまうんですね。

 

このゲームの重要なポイントとしましては

 

歩いてもライフは回復しない

 

モンスターは決まった行動をする

 

この二つがあります。

 

 

こちらを見つけたら

問答無用で追っかけてくる、最悪なモンスターも居れば

 

こちらを無視して

延々と4マスをグルグル回るモンスターも居る

 

そのモンスターが

どんな習性なのかを見極めながら

ダンジョンを進んで行きました。

 

 

もう一つの

歩いてもライフが回復しない

 

これが、とてつもない難易度の原因でした。

 

主人公のライフですが

10とか12とかしかありません。

 

そして、穴に落ちただけで

4ダメージとか平気で食らいます。

 

これが、歩いて回復するシステムならば

何の問題もないのですが。

 

一切回復しませんからね。

 

まあ辛かったです。

 

その場にいると

地面が崩れる罠もありまして。

 

予期せぬタイミングで落ちてしまい

そのまま死んでしまうなんて事もありまして。

 

理不尽な死が多かったような気がしますね。

 

そのぶん、

回復アイテムを見つけた時の

感動は、中々の物がありましたので。

 

必ずしもマイナスではなかったかと思いますが。

 

せめて、3倍のライフだったらと思うと

物凄く残念なのでした。

 

 

なんでも40あるクエストを

すべてクリアする事で

 

エンディングを見ることができるそうです。

 

 

早々にギブアップさせていただきます。

 

 

 

カーブノアのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ローグライクRPGが

ゲームボーイでも楽しめた

 

これだけで凄いのではないでしょうか。

 

トルネコの先輩ですからね

 

是非とも遊んでほしいなと思います。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

知能をフル回転させるだけでなく

 

アイテムの引きもかなり重要

 

そんな、パズル要素強めの

ローグライクRPGを攻略してください。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このカーブノアですが

昔は結構安かったです。

 

ブックオフとかで

100円とかで売っていましたからね。

 

見かけた人も多いのではないでしょうか。

 

 

そんなゲームも

今では630円ですからね。

 

レトロゲームの値段が

いかに上がっているのかがわかります。

 

 

パッケージは見たことがある

 

でもローグライクRPGだとは思わなかった?

 

だったら今遊ぶしかないよね

 

 

面白さは保証します

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

ゲームボーイでも ローグライクRPGは楽しめます

それこそが、今急いで630円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GB カーブノア (ソフトのみ)【中古】
価格:980円(税込、送料別) (2017/2/15時点)