読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

Gセイバー PS2版 イージーモードという名の ベリーハードを体験しろ

このゲームのイージーは  他のゲームのベリーハード

 

f:id:retogenofu:20170127051918j:plain

[ジオニックフロントを超える  泣きそうになるくらいの激ムズゲーム]

[Gセイバー  サンライズ  プレイステーション2]

2000年発売   ジャンル アクションゲーム  参考価格210円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  3時間

このゲームに対する世間の評価  いくらなんでも難しすぎでしょ

どんな人にお勧め 激ムズのアクションゲームが好きなら 最高です

 

 

バンダイから発売されて無い

 

ガンダムゲーム

 

という事は

今までのガンダムゲームと違うのかな?

 

 

そんな今回の ガンダムゲームの中で 一番難しいゲーム

Gセイバーの感想です。

 

 

 

Gセイバーとはどんなレトロゲーム

 

このGセイバーですが

2000年にサンライズから発売された

プレイステーション2専用のアクションゲームでした。

 

大人気アニメ

機動戦士ガンダム」の20周年記念として発表された

「Gセイバー」という作品のゲーム化で。

 

アニメでお馴染だったガンダム

 

実写とCGの融合で

テレビドラマとして放映されたのが

当時のガンダムファンには衝撃だったそうです。

 

 

そんなゲームの目的は

 

Gセイバーの1年後を描いた世界で

 

主人公パイロット「リード」を操りまして

各地で巻き起こるミッションを遂行していく。

 

そんなシンプルな目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションゲームで。

 

今までのガンダムゲームの

 

遠くの敵にはビームライフル

 

近くの敵にはビームサーベル

 

敵の攻撃はシールドでガチガチに守る

 

360度から敵が襲ってくる

 

なんて感じで

オーソドックスなアクションを踏襲しつつも

 

このゲームオリジナルの

「特殊攻撃」などの要素もありまして。

 

昔ながらのガンダムファンにも

楽しめるようになっていました。

 

 

今までのガンダムゲームに比べると

マップの広さがとんでもないことになっていまして。

 

その部分でも衝撃を受けましたね。

 

今までのガンダムゲームで言いますと

出てくる敵を殲滅する事で

満を持してボスが登場するというシステムでしたが。

 

今作のGセイバーでは

 

沢山の敵の中をくぐり抜けて

 

広大なマップのゴール地点に辿り着くことで

 

ボスが居る、小さめのステージに移行するという

システムになっていました。

 

前半パートで

いかにライフを減らさないで進めるのか?

というのが大事で。

 

前半で頑張れば頑張るほど

後半のボスと楽に戦える

 

逆を言えば

前半をギリギリでクリアしてしまうと

 

後半のパートで

「ボスのビームライフル、一撃で即死」という場合にもなる。

 

そんな面白さがありましたね。

 

 

今までの、ガンダムゲームお馴染の

バンダイから発売されたゲームではなく

 

サンライズから発売されるという

なかなかの斬新なガンダムゲームでもありましたので

 

まだ遊んだ事が無いなんて人は

この機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。

 

きっと新感覚のアクションゲームを体験できると思います。

 

そんな、ガンダムゲームの中でも

特に知名度の低い作品なのでした。

 

 

 

Gセイバーの感想でもあり レビューでもあり

 

[今までのガンダムゲームに比べて 圧倒的なスピード感]

 

このゲームのセールスポイントを考えた時に

真っ先に思い浮かんだのが

 

圧倒的なスピード感ではないでしょうか。

 

今までのガンダムゲームで言いますと

移動スピードが、かなり遅いゲームが多かったです。

 

宇宙のステージならば

それ程の遅さを感じる事はなかったのですが。

 

地上のステージになりますと

とんでもなく遅くなるというのがガンダムあるあるでした。

 

原作でも、アムロが地球の重力を初めて体験して

かなりぐったりしていましたので

そんな部分ではかなりリアルな設定だとは思うのですが。

 

遊んでいる方としましては

「もう少し早くても良くないですか」とも思ってしまいます。

 

そんなガンダムゲームが

とてつもないスピード感で生まれ変わったのが

今作のGセイバーだった訳ですね。

 

 

歩く速度で言いますと

今までのガンダムゲームと比べてもそん色は有りません。

 

ただ、ホバリングという

空中に浮かぶシステムを使用することで

 

とてつもない移動スピードになりました。

 

どのくらい早いのかと言いますと

 

敵の攻撃がほぼ当たらなくなります。

 

敵が撃っているのは

今まで自分が居た場所です。

 

しかし、ホバリングをしているGセイバーは

もうそこにはいません。

 

圧倒的なスピードで移動して

瞬間移動しているかの如く、攻撃を避けまくる快感がありました。

 

ただですね

長時間はホバリングできないようになっている訳です。

 

そりゃあそうですよね

 

こんな強すぎる機能には

時間制限を持たせるのは当たり前だと思います。

 

「まあ、こんなもんかな…」なんて思っていましたが。

 

まさかの衝撃

 

直ぐに、「G3セイバー」というパワーアップした機体になりまして

 

ホバリング出来る時間が2倍くらいになっていました。

 

しかも、ゲームの後半は

3種類の武装パターンを選べるようになりまして

 

バランス型

 

ガチガチの守り型(肩にはキャノン砲)

 

スピード重視型

 

こんな3種類が用意されていました。

 

そして、最後のスピード重視型ですが

ホバリング機能が無制限に使用できます。

 

つまり、常に高速で移動できる様になっていました。

 

これがまあ凄かったですね。

 

このゲームのコンセプトとしましては

前半パートをいかに無傷でクリアするのか?ですので。

 

ゲームの上級者程

敵の攻撃を避けまくって、最短でステージをクリアする訳です。

 

そんな事を可能にするのが

最後のスピード重視型だった訳ですね。

 

なにせコースさえ覚えれば

ほぼ攻撃を当たらないで進める事ができますからね。

 

まさに大人気の武装パターンになっていました。

 

 

ただ、マイナスポイントもありまして

 

ホバリング中に攻撃をすると

武器の反動で、少しだけ後ろに下がってしまいます。

 

これが大変でした。

 

他の武装パターンならば

反動を受けることなく、移動しながら敵を殲滅できるのですが。

 

この武装パターンでは

攻撃のたびにいちいち止まってしまい

連続で攻撃するというのがかなり難しくなっていました。

 

このゲームでは

止まるという事が、死に繋がりますので

 

この部分を克服できないために

他の武装パターンを使用するというのもあるあるでしたね。

 

 

あの

「普通のガンダムゲームかな?」からの

 

「早すぎて、ほぼ攻撃を喰らわない!!」という展開に

 

最高に痺れたのでした。

 

 

このままだったら

名作ガンダムゲームで終われたのにね…。

 

 

 

[このゲームのイージーは 他のゲームのベリーハード]

 

最初は本当に優しく進んで行きます

 

敵の数も少なくて

与えてくるダメージもたいしたことは有りません。

 

このゲームでは

他のガンダムゲームとは違い

 

シールドが壊れる事が無いです。

 

他のゲームでは

シールドでガードしていると、ぶっ壊れまして。

 

物凄くピンチな状況に陥るのですが。

 

このゲームでは

シールドの耐久力がゲージで管理されていまして。

 

ゲージが無くなっても

時間が経てば回復するようになっていました。

 

しかも、シールドで守りながら攻撃する事もできまして

こちらだけ、一方的に相手を破壊することができます。

 

ですので

「あ!めちゃくちゃ簡単なゲームなんだ!!」と

開始10分くらいで理解しました。

 

 

なのですが、そんな優しさもステージ6くらいまででしたね。

 

 

ラスト3ステージの

あのバカみたいな難易度が、本当に凄かったです。

 

敵の数が100体くらいいまして

 

その全ての敵が、とてつもない攻撃力になりまして

 

守ってるシールドを2発で吹っ飛ばされて

 

ガード不能のまま、集中砲火を浴びて終わる

 

こんな地獄になっていました。

 

 

これは前半パートです。

 

こんな地獄をくぐり抜けても

 

後半パートでは、鬼のような強さのボスが登場しますからね。

 

もう辛かったです。

 

 

このゲームの、数少ない優しさなのかも知れませんが

コンティニューはボス戦からできます。

 

ただ、前半パートの状態を引き継ぎますので

 

瀕死状態ならば

コンティニューの状態も瀕死な訳です。

 

ここで思う訳です

「もう二度と前半パートをやりたくない」と。

 

猛烈に難しい前半パートを

やっとクリアしたのに

 

万全の状態でボスと戦う為に

もう一回やり直すのか?と。

 

なので、「ボスの攻撃を一回でも食らったら死ぬ」という状況でも

意地でもやり直しませんでしたね。

 

 

そんなゲームですので

禁断の必殺技を使ってしまいたくなります。

 

 

それは難易度を下げるという行為です。

 

ノーマルでクリア出来ないのであれば

イージーにして遊べばいい

 

こんなシンプルさです。

 

 

そして、衝撃を受けました。

 

ゲームの難易度を変更させるシステムが

 

あります。

 

「下手したら、無いかもな」とも思っていましたが

無事にありました。

 

 

ありましたが

 

何故か、初期状態でイージーになっていました。

 

まさかの、基本設定がイージー

 

その上には、ノーマルとハードがある

 

「え?あの難易度でイージーなの?」という衝撃でした。

 

表示はイージーなのに

 

難易度はベリーハード

 

そんな地獄が待っていましたね。

 

 

特に凄いのが

ラスボス戦です。

 

3回戦わされます。

 

地獄の様な前半をクリアして

 

ライフが全開だとしても

3回攻撃を喰らうと死んでしまう

圧倒的なラスボスと戦う

 

しかも、3回。

 

 

本当に難しかったです。

 

ここだけで、3時間ほどかかったでしょうね。

 

ずっとゲームを点けっぱなしで

ご飯を食べたり、お風呂に入ったりしながら

 

「どうやったら倒せるのかな」と考えていました。

 

正直、完全なラッキーでクリアしました。

 

死を覚悟して

ただ延々とビームサーベルを斬りつけまくる

 

そんな戦いを50回以上は試したと思います。

 

なにせ、前半パートも鬼のような難易度ですからね

もうやり直したくありませんから。

 

なので、完全に運任せで戦っていました。

 

 

一応の救済措置としましては

 

ラスボスの3戦目は

ノーダメで倒せる戦法もありまして。

 

あまりにも倒せないので

この戦法でクリアしましたね。

 

ガチの正攻法で倒したかったのですが

正直無理でした。

 

 

私は「ジオニックフロント」というゲームこそが

ガンダムゲームの中で一番難しいと思っていたのですが。

 

そのジオニックフロント

遥か上を行く難しさをこのゲームでは体験できました。

 

なので、激ムズゲームをクリアするのが

ライフワークの人は

このゲームを遊んでみてはいかがでしょうか。

 

きっとあまりの難しさに暴れるでしょうね。

 

 

そんなイージーという名の

 

ベリーハードをお楽しみください。

 

 

 

Gセイバーのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ゲームの序盤は

マジで快適に進んで行きます。

 

「このゲーム楽しすぎ!!」なんて

とてつもないスピード感を体験出来ますから。

 

アクションゲームとしては、マジでお勧めです。

 

ただ、後半は地獄ですので

心して遊んでください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

激ムズゲームだからこそ

 

クリア出来た時の感動は素晴らしいものがあります。

 

例えそれが正攻法ではなくてもね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが

めちゃくちゃ安いです。

 

おそらくですが、大抵の人は

エンディングを見ないで中古ショップに売ったのでしょうね。

 

その結果が

中古ショップに溢れかえる状況になってしまい

今でも格安で遊べる理由なのかもしれません。

 

ただ、クソゲーでは無いです。

 

遊んでいて、最高に面白かったので。

 

 

難易度が異常なだけです。

 

難易度が、クリアさせる気が無いだけなんです。

 

ゲームとしては致命的ですが

 

その部分も、このゲームの売りなのかも知れません。

 

 

数あるガンダムゲームの中で

 

もっと難しい

 

高すぎる壁

 

そんな壁を乗り越えて下さい

 

きっと新たな自分に出会えます

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

イージーモードという名の ベリーハードを体験しろ

それこそが、今急いで210円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がりますので

お気楽な気持ちでどうぞ。

 

 

こちらから購入できます