読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ガンダムメモリーズ・戦いの記憶 このゲームがクソゲーと呼ばれた理由を 解明しよう

完全なクソゲーという 最高のワクワク感

 

f:id:retogenofu:20170121172852j:plain

[ゲームのバランスとしては酷いですが  面白い部分もありました]

[ガンダムモリーズ・戦いの記憶 バンダイナムコ プレイステーションポータブル]

2011年発売   ジャンル アクション  参考価格340円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  7時間 

このゲームに対する世間の評価  完全なるクソゲー

どんな人にお勧め  クソゲーが好きなら最高です

 

 

ゲームを人に勧める時に

「面白いゲームだよ」といって

ハードルを上げることってありますよね。

 

ハードルを上げない方がいいとは

自分でも分かっているのに

 

どうしても遊んでほしいので

「面白いゲームだよ」と言ってしまいます。

 

逆に

「面白いかどうかは分からないけど、私は好き」という

ハードルを下げるパターンもありますよね。

 

自分は好きなのに

世間の評価がめちゃくちゃだった時に

「あれ?自分の感覚がおかしいのかな?」なんて

不安になってしまうパターンです。

 

遊んでほしいのだけど

リスクも高い

 

そんなゲームの時に

「私は好きだけど…」になるパターンが多いです。

(藤丸地獄変とかは、そのパターンですね)

 

 

そして、最高に危ないパターンが

「このゲームは完全なるクソゲーです」ではないでしょうか。

 

「絶対に買うな!!」こんなレビューに

最高に心が震えます。

 

「どのくらい酷いんだろう……自分で遊んでみたい!!」となります。

 

 

そんな今回の 伝説級のクソゲーだと聞いて 最高に遊んでみたくなる

ガンダムモリーズ・戦いの記憶の感想です。

 

 

 

ガンダムモリーズ・戦いの記憶とはどんなゲーム?

 

このガンダムモリーズ・戦いの記憶ですが

2011年にバンダイナムコから発売された

プレイステーションポータブル専用のアクションゲームでした。

 

大人気アニメシリーズ

機動戦士ガンダムOO」のゲーム化作品で。

 

「あの世界がPSPでも楽しめる!!」なんて

最高にワクワクした人も多いのではないでしょうか。

 

 

ゲームの目的は

機動戦士ガンダムOOの名場面を楽しみつつも

ガンダムシードの名場面

ガンダムユニコーンの名場面も楽しめる

最高に贅沢な目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションゲームで。

 

360度から敵が襲ってくる

3Dアクションゲームになっていました。

 

遠くの敵にはビームライフルやバズーカ

 

近くの敵にはビームサーベル

 

ゲージが溜まれば、覚醒モードを発動して

能力を大幅にアップする

 

ボスクラスには連続の必殺技を叩き込む

 

今までのガンダムゲームをベースにしながら

このゲームオリジナルのシステムも用意されている。

 

こんな素晴らしさがありましたね。

 

 

ゲームの基本的な流れとしましては

 

ガンダムOO

ガンダムシードの名場面をモチーフにした

ステージを選択する

 

雑魚敵を殲滅する

 

ボスが出てくる

 

ボスを倒す

 

その結果によってご褒美のポイントを貰える

 

新たな名場面が解禁される

 

その繰り返しで、ガンダムの物語を最後まで体験していく…。

 

こんな流れになっていました。

 

 

絶望的な状況を

たった一機のガンダムで解決する。

 

こんな熱すぎる展開も多く

ガンダムって変わらないんだなと」嬉しくなりましたね。

 

 

最大3機のチームで出撃できるのですが

ほとんどのミッションがガンダム一機ですので

 

中々の絶望でもありました。

 

3機同時に戦うのではなく

1機がヤバくなったら、コロコロチェンジして行くという

摩訶不思議なシステムも面白かったです。

 

「いや!3機同時で攻撃しろよ!!」なんて思うかも知れませんが

逆に味がありますよね。

 

 

ガンダムOO

ガンダムシード

ガンダムユニコーン

 

こんな、最新ガンダム

美味しい所だけをつまみ食いできる

 

画期的なアクションゲームなのでした。

 

 

 

ガンダムモリーズ・戦いの記憶の感想でもあり レビューでもあり

 

[完全なるクソゲーだと聞いて  ワクワクして遊ぶ]

 

このゲームですが

完全なるクソゲーとして有名です。

 

ガンダムゲームの中でも特に酷い」なんて感じで

かなりの酷評を受けた作品でした。

 

そんなゲームでしたので

それはもう、ワクワクしながら遊びました。

 

「どんな苦い味なのかな?」です。

 

 

しかし、それほど悪くは有りませんでした。

 

ガンダムの名場面を体験出来て

 

敵をバンバン倒していく爽快感もあり

 

沢山の歴代ガンダムが登場する

オリジナルエピソードもなかなかの楽しさ

 

「どうしてクソゲー扱いされたのかな?」という感じでした。

 

 

ただ後半に進めば進むほど

その理由がなんとなく分かる気がしてきたんです。

 

このゲームですが

ゲームの難易度がめちゃくちゃ高いです。

 

「2分間、敵の猛攻を耐えろ」というミッションがあるのですが

このミッションがまあ難しかったですね。

 

四方八方からミサイルが飛んできまして

あっという間にライフをゼロにされます。

 

ここのステージでつまずく人も多いかと思います。

 

その他にも「デストロイガンダム」という

 

サイコガンダム」と「ビグザム」をプラスした様な

とてつもなく巨大なガンダム

6体くらい倒さなければいけないとか。

 

かなり狂った難易度になっていまして。

 

その部分で諦める人も多かったような気がしますね。

 

特に辛かったのが

「ミッションモード」という

決められたシチュエーションで戦うモードなのですが。

 

このミッションをクリアしないと

「機体が解禁されない」という辛さがありました。

 

 

沢山の機体が用意されているのに

 

その機体で遊ぶには

激ムズのミッションモードをクリアしなければならない

 

「あれ?これって無理じゃね?」こんな流れでしたね。

 

普通だったら

貯めたポイントで購入するのが一般的なのですが

 

解禁するためのミッションを購入するという

二度手間にしてしまった為に

 

ゲームの評価が下がってしまったのが

クソゲー扱いされた最大の理由だと思います。

 

 

その他にも

ビームライフルがめちゃくちゃ弱い」という

アクションゲームとしての欠点もあるのですが。

 

今までのガンダムゲームでも

ビームライフルよりもビームサーベルの方が優遇されていましたので

 

その点が、あまり気にならなかったのは

レトロゲーマー特有だったのかも知れませんね。

 

 

そんな、完全なるクソゲーと呼ばれた理由に

少しだけ触れられた瞬間なのでした。

 

 

 

[ポイントを貯めて 愛しのガンダムを鍛えまくろう]

 

このゲームを最大限に楽しめた理由は

ガンダムを、好き勝手にチューニング出来る」ところでしょうね。

 

ステージをクリアする事で

ポイントを貰うことができます。

 

敵を倒せば倒すほど

 

ステージの難易度が難しいほど

 

必殺技でフィニッシュを決めるほど

 

頑張った分だけ、ポイントを貰うことができました。

 

 

そんなポイントを何に使用するのか?と言いますと

 

愛しのガンダムをパワーアップさせるんです。

 

ライフを強化したり

 

攻撃力や防御力を強化したり

 

移動スピードをアップさせたり

 

新しいコンボを覚えたり

 

必殺技を解禁させていったり

 

自分の好きな様に、パワーアップさせることができました。

 

この要素が本当に楽しかったです。

 

 

ゲームをクリアする事で

 

歴代の主人公が集結する

オリジナルエピソードを体験できるのですが。

 

この時の

「どこまで強化しようかな」というバランスも良かったです。

 

ガンダムを強化しても、直ぐに居なくなるだろうな」とか

 

「F90はカッコイイから、全部改造しようかな」とか

 

その時のポイント状況で

ステージをクリアできる、ギリギリのラインを攻めるのも楽しかったですね。

 

デストロイガンダムという

すべてをフル改造して、ようやく対等に戦えるようになる

イカレタ敵も居ますので。

 

そんな敵を倒すために

延々とポイントを稼ぐ時間も楽しかったのでした。

 

 

ノロノロだったガンダムが早くなる

 

カスみたいなビームライフルが、普通の攻撃力になる

 

強かったビームサーベルが、異常なまでに強くなる

 

そんなやりこみ要素が

このゲームを最後まで楽しめた理由なのでした。

 

 

 

ガンダムモリーズ・戦いの記憶のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ガンダムシリーズの名場面を

 

アクションゲームで体験することができる。

 

これだけで最高ですよね。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

お金を稼いで

 

自慢の愛機を改造する

 

こんな何気ない要素が

 

このゲームの最大の良心なのでした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

色々なガンダムを使える

 

これだけで最高にワクワクしたのに

 

「解禁するのが苦痛」ですからね。

 

それは怒ってもしょうがないと思います。

 

ただ、面白い部分も沢山ありますので

「どんなもんかな?」なんて軽い気持ちで遊んでみてはいかがでしょうか。

 

 

クソゲーだとあらかじめ知っておくことで

 

逆に楽しくなって行く

 

そんな遊び方を推奨します

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

このゲームがクソゲーと呼ばれた理由を 解明しよう

それこそが、今急いで340円で買う理由です

 

 

「この記事いい感じだったよ」とか

「このゲームを遊びたくなった」と少しでも思っていただけたら

ツイートやブックマークをして貰えると嬉しいです。

 

新しい記事を書くやる気に繋がります

 

 

こちらから購入できます