読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ドラゴンボールZ PS2版 格闘ゲーとしても やりこみゲームとしても最高

当時はみんな このゲームを遊びまくっていました  

 

[金を稼いで  ホイポイカプセルを買いまくって  また金を稼いで]

[ドラゴンボールZ   バンダイ  プレイステーション2]

2003年発売  ジャンル 格闘ゲーム  参考価格200円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  3時間

このゲームに対する世間の評価  皆が持ってるって 相当凄いよね

どんな人におすすめ  ドラゴンボールが好きなら 絶対に遊ばなくてはならない

 

 

周りの友達がゲームを持っていて

 

そのゲームがあまりにも面白そうなので

 

そのまま買いに行くという事が

 

昔は良くありました。

 

そして、私以外の友達が

皆同じゲームを持っていて、私だけが持っていないという時も

ほぼ間違いなく買いに行きましたね。

 

 

そんな今回の 友達全員が持っていたので 買わない訳にはいかなかった

ドラゴンボールZの感想です。

 

 

 

ドラゴンボールZとはどんなレトロゲーム

 

このドラゴンボールZですが

2003年にバンダイから発売された

プレイステーション2用の格闘ゲーム作品でした。

ゲームキューブでも発売されていました)

 

鳥山明原作の大人気アニメ

ドラゴンボール」のゲーム化作品で

プレイステーション2というハイスペック機で発売された

初めてのドラゴンボール作品でした。

 

 

そんなゲームの目的は

ラディッツ編」から「セルゲーム編」までを

「ゴクウ」や「ゴハン」になりながら体験していく

壮大すぎる目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな格闘ゲーム

 

面倒なコマンドなどはいらず

ボタンの組み合わせで必殺技を繰り出していく

バーチャファイター」や「鉄拳」などの

3Dタイプの格闘ゲームになっていました。

 

今までは

ストリートファイター2」のような

必殺技のコマンドを入力して戦う

2Dタイプの格闘ゲームになっていたのですが。

 

プレイステーション2という

ハイスペック機で出す事で

3Dタイプに変更したのかもしれません。

 

 

メインのモードとしましては

原作のストーリーを体験していくモードで。

 

ムービーシーン

バトルシーン

ムービーシーン

バトルシーン

ムービーシーン

次回予告

 

こんな感じで

アニメを見ている途中に

格闘ゲームがプラスされて

 

バトルに勝てば

続きのアニメを見ることができました。

 

ラディッツを倒して

ナッパを倒して

ベジータを倒して

リク―ムを倒して

ギニュー隊長を倒して

フリーザを倒して

 

こんな、ボスとのバトルを繰り返しながら

原作ストーリーを体験していく

濃厚過ぎる作品になっていました。

 

フリーザ編で終わるかと思いきや

セルゲーム編まで収録されていますからね。

遊び応えも満点でした。

 

このゲームを遊ぶために

プレイステーション2を購入した友達もいましたので

どのくらい魅力的だったかはご理解いただけると思います。

 

 

プレイステーション2って凄い

こんな体験をするには十分すぎる作品でしたね。

 

 

 

ドラゴンボールZの感想でもあり レビューでもあり

 

[トーリーモードが まあ面白い]

 

メインとなるのは

トーリーモードだと思います。

 

そして、このストーリーモードが

まあ面白かったです。

 

ドラゴンボールを全巻持っていますので

全てのストーリーを知っています。

 

この後ゴクウはこうなって

あの後ゴクウがブチ切れて

 

この後ゴハンがこうなって

あの後ゴハンがブチ切れて

 

なんて感じで

その後にどうなるかなんて全て知っています。

 

なのに、それなのに

最高にドキドキ出来ました。

 

今までのキャラクターゲームならば

1時間程度でエンディングまで行ってしまい。

 

物凄く中途半端に終わる作品が多い中で。

 

この作品は3時間ほどかけて

ゆっくり進んでいきますので

 

トーリーをじっくり体験できたのだと思います。

 

ゲームをクリアする事で

他のキャラクターのストーリーが解禁されていくなど

 

このモードを遊ぶだけでも

充分楽しめる作品になっていました。

 

 

遊んだあとは

最高にアニメを見直したくなる

 

そんな素晴らしすぎるモードなのでした。

 

 

 

[育成モードが面白すぎる というかほぼメイン]

 

このゲームは

初期状態で使えるキャラクターは少ないです。

 

しかし、メインのモードをクリアする事で

隠しキャラクターを使用できる様になるシステムでした。

 

ラディッツを倒せばラディッツ

フリーザを倒せばフリーザ

セルを倒せばセルが

 

こんな感じで

隠しキャラを解禁させるために

トーリーモードをクリアする必要がありました。

 

そんなキャラクターを何に使用するのかと言いますと

育成モードで使用するんです。

 

メインのモードでは

隠しキャラの他にも「ホイポイカプセル」というアイテムが貰えまして。

 

このホイポイカプセルに

様々なスキルが入っていました。

 

かめはめ波とか

界王拳2倍とか

元気玉とか

超サイヤ人とか

 

原作お馴染の必殺技が封入されて居まして。

 

その必殺技を好きな様にセットして

自分だけの最強戦士を育成していきます。

(キャラクターによって付けられない必殺技もありました)

 

 

その育て上げたキャラクターでなにをするのか?

 

天下一武道会に出場させるんです。

 

 

天下一武道会に出場してどうするのか?

 

お金を稼ぎます。

 

天下一武道界で優勝する事で賞金を貰えまして

そのお金を使用してホイポイカプセルを買いまくる訳ですね。

 

 

最強の戦士を作るには

沢山のホイポイカプセルが必要

 

ホイポイカプセルを手に入れるには

お金を稼ぐ必要がある

 

お金を稼ぐには

天下一武道界で優勝しなくてはならない

 

天下一武道会で優勝するには

最強の戦士を育成しなければならない

 

最強の戦士を育成するには…。

 

こんな無限ループが

最高に楽しかったですね。

 

 

最終目標としましては

その育成したキャラクターを持ち寄って

友達と対戦する事なのですが。

 

そんな目標が無くても

自分だけのオリジナル戦士を育成するのが最高でしたので

結局は何十時間も遊べたんですよね。

 

フリーザ」や「セル」を育成したいのに

手に入るカプセルは「ゴクウ」や「ベジータ

 

こんなジレンマもあるあるでしたね。

 

 

貴方だけの最強戦士を作り上げる

こんなおまけのモードが

実は究極のやりこみモードだったのでした。

 

 

 

[敵の強さが半端ない]

 

このゲームを久しぶりに遊んで思った事

「敵の強さが半端ない!!」です。

 

まあ、ビビるくらい強いです。

 

ドラゴンボールのゲーム全般に言えるのですが

コンピューターの強さが異常でして。

 

格闘ゲームとしても、かなり楽しめます。

 

こちらの攻撃は完全にガードして

ベストなタイミングで攻撃を仕掛けてくる。

 

こんな惚れ惚れするような、戦いかたでした。

 

 

トーリーモードで言いますと

その状況に応じて、ライフゲージが変わりまして。

 

「ボロボロのゴハン」を表現するために

相手よりも1本分ライフゲージが少なかったりします。

 

そんな状況で

完全状態のセルと戦えというのですから

それはもう負けまくりでした。

 

それこそ20回は負けたでしょうかね。

 

そのくらいの圧倒的な強さでした。

 

 

バーチャファイター2や

ストリートファイター2の時もそうだったのですが

コンピューターが強い格ゲーは本当に燃えます。

 

そんな硬派な難易度が

このゲームの魅力なのかもしれません。

 

 

超サイヤ人のゴクウが

フリーザに全然勝てない

 

そんな摩訶不思議な格闘ゲームをお楽しみください。

 

 

 

ドラゴンボールZのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ドラゴンボールZのストーリーを

ほぼ丸ごと体験できる

 

こんなに素晴らしい事はないですよね。

 

だから、遊んでください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

トーリーモードを楽しむだけでも完璧

 

おまけの育成モードも最高

 

硬派な格ゲーも楽しめる

 

そんな部分が、このゲームの最大の魅力なのかな

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが

めちゃくちゃ売れました。

 

それこそ、周りの友達がみんな持っているくらいの

超人気ゲームでした。

 

ですので、わりと直ぐに格安になりました。

 

そんな印象ですので

「どうせクソゲーなんじゃないの?」と思ってしまいます。

 

しかし、実は最高のゲームでした。

 

友達なんて

3か月くらい遊んでいましたからね。

 

全てのカプセルを集めて

全てのドラゴンボールを集めて

全てのキャラクターを限界突破させて

それでも延々あそび続ける

 

そんな熱中度でしたね。

 

それほどまでに

友達を熱くさせるのですから

やっぱりドラゴンボールって凄いんだなと改めて思います。

 

当時買わなかった人も

 

当時遊びまくった人も

 

この機会に、もう一度遊んでみてはいかがでしょうか

 

そして、フリーザとセルの強さに泣いてください

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

格闘ゲーとしても やりこみゲームとしても最高

それこそが、今急いで200円で買う理由です

 

こちらから購入できます