モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

機動戦士ガンダム SS版 数あるガンダムゲームの中でも 屈指のおもしろさ

セガサターンガンダムゲーは 超名作が多すぎる

 

[ファーストガンダムを このゲームの為だけに新規に書き下ろす 凄い!!]

[機動戦士ガンダム  バンダイ  セガサターン]

1995年発売  ジャンル 横スクロールアクション  参考価格200円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  ガンダムゲームの中でも 屈指のおもしろさ

どんな人におすすめ  ガンダムを知らなくても アクションゲームとして面白すぎる

 

 

プレイステーション初期を支えていたのは

数多くのガンダムゲームだと思います。

 

ガンダムのゲームが遊べるの?

 

だったらプレイステーション買おうかな!!です。

 

ライバルである、セガサターンの初期を支えていたのも

数多くガンダムゲームだったと思いますね。

 

 

そんな今回の  ガンダムのゲームでもあり 完璧なアクションゲームでもある

機動戦士ガンダムの感想です。

 

 

 

機動戦士ガンダムとはどんなレトロゲーム

 

この機動戦士ガンダムですが

1995年にバンダイから発売された

セガサターン専用のアクションゲームでした。

 

プレイステーション版では

「次世代機はこんなにも凄いんだぞ!!」と分からせるために

バリバリのポリゴンを駆使して、ファーストガンダム世界を表現していました。

 

360度、全てから敵が襲ってくる

リアルなシューティングゲーム

プレイステーションって凄い!!」なんて感動しましたが。

 

プレイステーションには負けないぞ!!」と

対抗馬として発売されたのが

今作のセガサターン版でしたね。

 

 

そんなゲームの目的は

 

主人公のアムロとなりまして

 

一年戦争を体験していく

 

そんなシンプルな目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな横スクロールアクションで。

 

似たタイプのゲームで言いますと

マクロス・愛おぼえていますか」に似ていました。

 

というか、マクロスのゲームが

このセガサターンガンダムを流用していたのかも知れません。

 

 

ガンダムを操り

一年戦争を体験して行く

ここまではプレイステーション版と同じなのですが。

 

プレイステーション版はFPS

 

セガサターン版は横スクロールアクション

 

こんな違いがありましたので

両方を遊んでも満足できるのは良かったです。

 

 

Aボタン長押しでロックオン

Bボタンで武器攻撃

Cボタンでジャンプ

Xボタンでビームサーベル

Yボタンでビームライフル

Zボタンでバルカン

Rボタンでシールド防御

 

こんな感じで

セガサターンのコントローラーに合わせた

快適な操作方法も最高でした。

 

ゲームの画面は

グラディウスの様な横スクロールなのですが

 

奥や手前にも敵が配置されており

 

2Dシューティングでありながら

3Dシューティングのおもしろさもある

そんな2・5Dシューティングでもありましたね。

 

奥の敵にはロックオン機能を使用して

ビームライフルを撃ちまくる

 

平面から襲ってくる敵には

ビームサーベルガンダムバズーカを叩き込む

 

ステージの最後には

シャアやランバ・ラル黒い三連星などの

エースパイロットたちが襲い掛かってくる

 

果たして、最後まで生き残ることはできるのだろうか

 

こんな壮大なアクションゲームなのでした。

 

 

迫りくるザクやドム

そんな相手を、ビームライフルで撃破していく

 

ガンダムがいかに高性能なのかを体験するには

最高過ぎるアクションゲームでしたね。

 

 

セガサターンガンダムゲームは、本当に素晴らしい。

 

 

 

機動戦士ガンダムの感想でもあり レビューでもあり

 

[ムービーシーンが綺麗すぎて 本当に感動する]

 

このゲームの売りとしましては

綺麗すぎるムービーシーンに有ったのではないでしょうか。

 

ステージをクリアするたびに

新規に書き下ろされた、アニメーションを見ることができまして。

 

このアニメーションのクオリティが凄すぎました。

 

ゲームも楽しいのに

おまけのムービーシーンも完璧

 

そんな、開始数分で心をわしづかみにされるほどの

圧倒的な凄さがありましたね。

 

 

プレイステーション版では

一切のムービーシーンが無く

少し残念な気持ちも有ったのですが。

 

このサターン版で

「次世代機ってやっぱり凄いんだな」と

再認識できたのかも知れません。

 

 

素晴らしすぎるムービーを見たくて

どんどん遊んでしまう。

 

こんな魅力的な作品なのでした。

 

 

 

[ゲームの難易度も 絶妙なバランス]

 

ムービーシーンが良いというのは分かりました。

 

それでは、メインである

アクションゲームの面白さはどうなのか?と言いますと

 

これも最高でした。

 

基本は横スクロールアクションですので

それほど目新しい物は無いのですが。

 

画面の奥から敵が襲ってくるというのは

かなり斬新だったと思います。

 

横からくるザクを相手にしている時に

奥の方からバルカンを撃たれまくる。

 

こんなリアルさがありました。

 

そんなアムロを援護するために

ガンキャノンなどの仲間や

回復アイテムのエネルギーパックをステージに配置するという

 

連邦軍」と「ジオン軍」との全面戦争を体験出来ますので

その部分でも面白かったですね。

 

 

画面の奥に居る

ザクやドムをロックオンしながら

 

横から襲ってくるザクやドムも撃破する

「いま、ニュータイプになっているんだな」と感動できるのも良かったです。

 

 

 

[ボス戦がまあ楽しい]

 

ステージの最後には

強すぎるボス達が待ち受けていまして

そのボスとのバトルも最高でしたね。

 

シャア専用ザク 避けすぎとか

 

ランバ・ラル 強すぎとか

 

グラブロ デカすぎとか

 

ギャン 弱すぎとか

 

その後のゲルググ 死ぬほど強すぎとか

 

かなり濃厚なボスになっていましたので

アクションゲームとしても完璧だったと思います。

 

 

特に感動したのが

ビグザム」という巨大ボスとの死闘でしょうね。

 

このビグザムですが

プレイステーション版でも泣くほどの強さでした。

 

そして、このセガサターン版でも

かなりの強さを誇っていました。

 

そんなビグザムなのですが

ビームライフルが効きません。

 

ですので、ビームサーベルで攻撃するしかないのですが

ここからが熱いんです。

 

あの名場面である

「スレッガー特攻」という熱いイベントが発生する事で

ビームライフルが効くようになるんですね。

 

最初はビームライフルが効かない

 

スレッガーの命を懸けた体当たりで

ビグザムビームライフルが効くようになる

 

スレッガーに感謝しながら、ビグザムを倒す

 

こんな一連の流れが上手く表現されていました。

 

これには、本当に感動しましたね。

 

 

その他にも、黒い三連星との戦いでは

「ドムの頭に乗ることができる」など

原作愛あふれる作品になっていたのは良かったです。

 

ボスの頭の上に乗る

それ専用の台詞が用意されている

こんな遊び心も良かったです。

 

 

ムービーシーンも最高

 

アクションゲームとしても完璧

 

プレイ時間も2時間程度と遊びやすい

 

こんな、今の時代に遊んでも満足できる作品なのでした。

 

 

 

機動戦士ガンダムのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

あの素敵すぎるムービーシーンは

一度でいいので見て欲しいなと思います。

 

きっとあまりの綺麗さに感動するでしょう。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

アクションゲームとしても、かなり面白いです。

 

「自分はニュータイプなんだな」と思えるほどの

圧倒的な強さをお楽しみください。

 

数十機のザクやドムをあっという間に殲滅する

 

こんな凄さは

このゲームでしか味わえない魅力です。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが

すぐにワゴンセールの常連になっていました。

 

そんな時に思っていました

クソゲーなんだろうな」と。

 

しかし、まさかの超名作アクションですからね。

 

当時、そう思っていた方にこそ遊んでほしいなと思います。

 

きっと、あまりの面白さに

感動することでしょう。

 

セガサターンガンダムは名作揃い

こんな理由がようやく分かったのでした。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

シャアだってわかっているはずだ  超名作アクションだってことを

それこそが、今急いで200円で買う理由です

 

こちらから購入できます