読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

PS PS2 PSP などなど 各機種のメモリーカードの参考価格まとめ

ゲームを買うのか メモリーカードを買うのか そんな思い出

 

f:id:retogenofu:20161115184547j:plain

最近は頻繁に通販サイトを利用するようになりました。

 

それは何故なのか?

 

近場のゲームショップがどんどん閉店しているからです。

 

昔は5件ほど周りに有ったのですが

今では純粋なゲームショップは0件になりましたね。

 

TSUTAYAやゲオなどの

レンタルビデオ店に併設しているとか

 

ケーズデンキの中に

ワンダーグーが併設されているとか

 

ブックオフの中に

ゲームコーナーが用意されているとか

 

純粋にゲームだけを取り扱っているというお店は

ほぼ無くなりましたね。

 

そうなってくると

人気のゲームを買うことは出来ても

レトロゲームを購入するという事はほぼ不可能になります。

 

ブックオフが無くなったら、間違いなく絶滅です。

 

そんな時に、通販サイトを開けば

レトロゲームを無限に購入出来るのですから

「よし!頑張って働こう!!」と思えるのでした。

 

 

そんな、通販サイトを巡っていて

物凄くビックリした事を書いてみたいと思います。

 

 

そんな今回の 昔の恨みを この機会に晴らしまくれという話

 

 

 

メモリーカードは高嶺の華だった

 

ファミコンの時代から生きている世代にとっては

「セーブをする為にお金を払う」というのは納得がいきませんでした。

 

「どうして、ソフトにセーブが出来ないんだ」なんて怒りです。

 

今までは、ゲームソフト自体に入っていたのに

次世代機になった瞬間に、別売りのメモリーカードが必要

こんな摩訶不思議な流れでした。

 

バイオハザードが980円

ストリートファイターZEROが980円

ビヨンドザビヨンドが500円

こんな時代に

メモリーカードが1500円ですからね。

 

どちらを買おうかな、なんて1時間くらい悩んだりもしました。

 

しかもゲームによっては

一枚丸ごと使用するゲームも存在しまして

それはもう辛かったです。

 

「あのデータを消して」

「あのデータをこっちにコピーして」

「ようやく15ブロック捻出できた…」と

ゲームを始める前に、セーブデータのやりくりを考える。

 

こんな日常でした。

 

お金持ちの友達は

8枚とか平気で持っていましたので

ゲームの思い出を沢山のこせるのに。

 

こっちは3枚を、必死にやりくりしながら考える

こんな違いでした。

 

 

そんな時に思いました

「大人になったら、山ほどメモリーカードを買うぞ」と。

 

 

それから20年の時が流れ

 

通販サイトでメモリーカードの値段を調べた時に

あまりの安さに衝撃を受けた訳ですね。

 

まさかの

200円ですからね。

 

「ああ、この時代に生まれたかった」と思いました。

 

ここまでならば

「まあ初代のPSならば、そんなもんじゃないの?」なんて思うかも知れません。

 

確かに20年前のゲーム機ですし

今では、PS3で遊べますので、メモリーカードも必要ありません。

 

「なら、安いのも納得かな」とも思います。

 

しかし、PS3を持ってない人にとっては

この200円という値段は衝撃だと思いますので。

 

ランキングでも常に上位なんですよね。

 

そんなビックリした出来事でした。

 

 

そこで思いました

「あれ、他のメモリーカードも安いんじゃない?」と。

 

だったらって事で、他の機種もまとめて見ましたので

参考になれば幸いです。

 

 

 

メモリーカードのまとめ

(画像から購入できます)

 

PS1 参考価格200円

 

まずはPS1のメモリーカードです

 

ソニー性の純正品から

30ブロックの他メーカーの作品まで

ほぼ200円で購入できます。

 

「30ブロックって懐かしい!!」なんて人は

ネタに買ってみてはいかがでしょうか。

 

 

PS2 参考価格200円

 

最もビックリしたのが

PS2のメモリーカードの値段でした。

 

今でも現役バリバリのゲーム機で

PS3でも初期型でしか、PS2をプレイできない等

今でも必要なメモリーカードだと思います。

 

ゲームによっては

データがコピーできない作品も多数ありますので

それ専用に持っておくというのも大事でした。

 

そんなゲーム機のメモリーカード

200円ですからね。

 

メタリックや迷彩柄など

レアなメモリーカードでも250円ほどですので

 

おすすめ度で言えば 文句無しでナンバーワンです。

 

 

PSP 参考価格 200円

 

意外と重要だったのが

PSPのメモリースティックでした。

 

モンスターハンター等は

インストールデータを入れる事で

快適にゲームがプレイ出来るなど。

 

メモリースティックの大きさが重要でした。

 

そんなメモリースティック

死ぬほど安くなっていました。

 

1ギガで200円

2ギガで350円

4ギガで650円

8ギガで1880円など

 

当時の5分の1から10分の1ですからね。

 

しかもソニーの純正品です。

 

おすすめ度で言えば ナンバー2でしょうね。

 

 

PSVITA  参考価格998円

 

流石最新ゲーム機です。

 

まだ格安とまでは行きません。

 

4ギガで998円

8ギガで1890円

16ギガで2980円

32ギガで5380円

64ギガで8980円

 

こんな堂々たる値段の高さでした。

 

ただ、私が16ギガを買った時は

5000円以上していたと思いますので。

 

かなり安くなっているのには変わりはありません。

 

これからも、沢山の名作ゲームが発売されると思いますので

この機会に64ギガにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

まあ高いけどね。

 

 

メインとしてはこんなところでしょうかね。

 

レトロゲームで言いますと

 

セガサターン 参考価格700円

 

PCエンジン 参考価格1300円

 

ニンテンドー64 参考価格390円

 

ファミコン  参考価格4500円

 

スーパーファミコン 参考価格350円

 

 

こんな感じでした。

 

スーパーファミコンのターボファイルが

まさかの350円で買えるという衝撃でしたね。

 

買っちゃおうかな。

 

 

 

メモリーカードのまとめ

 

昔は数千円したゲームが、今では数百円で買える

 

そんな幸せが

まさかのメモリーカードにも当てはまるのですから

通販サイトって凄いなと思いますね。

 

PS2のメモリーカードが200円ですからね

凄い時代だと、改めて思いました。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

PS2がレトロゲームのジャンルになっている

時代の流れって早いね