読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

キッドミックスセクション キッドファンのためのゲーム? キッドファンにさせてくれるゲーム!!

名作 面白さ保証 アドベンチャー パズル

ああドンジャラでゲームが進んでいくのか…なんて簡単な話では無かった

 

f:id:retogenofu:20161112164943j:plain

[キッドというメーカーの オールスター萌えドンジャラなのかな?]

[キッドミックスセクション  エレクトロニックアーツスクウェア  PS]

2001年発売 ジャンル アドベンチャー テーブルゲーム 参考価格300円

 

記事のネタバレ度 普通

攻略に必要なプレイ時間  90分

このゲームに対する世間の評価  ヤバいどの作品も遊んだ事が無い

どんな人におすすめ キッドのギャルゲーが好きな人には ご馳走です

アーカイブスで配信なし

 

 

昔からこんなことを言われています

 

「アイドルの顔が一緒に見えたら、年をとった証拠」なんて。

 

ゲームで言えば

「ギャルゲーの顔が一緒に見えたら、年を取った証拠」でしょうかね。

 

まったく違うはずなのに

だんだんと一緒に見えてくる

「ヤバい年を取ったかも!!」ってやつです。

 

 

そんな、ドキッと出来るゲームがあったんです。

 

そんな今回の ドンジャラをスパルタにした感じ

キッドミックスセクションの感想です。

 

 

 

キッドミックスセクションとはどんなレトロゲーム

 

このキッドミックスセクションですが

2001年にエレクトロニックアーツスクウェアから発売された

プレイステーション専用のアドベンチャーゲームでした。

 

発売元は

ハリーポッターのゲームでおなじみの

エレクトロニックアーツスクウェアなのですが。

開発元は

「キッド」というメーカーでして。

このキッドから発売されているゲームのキャラクターが

一堂に会するオールスターゲーム

今回のキッドミックスセクションでした。

 

 

そんなゲームの目的は

ゲームのプラグラマーをしている主人公

仕事の息抜きにギャルゲーでも遊ぶかとパソコンを起動する

ゲームを楽しむ主人公

しかし、バグで進まなくなってしまう

このままではゲームを楽しむことができない

そんなピンチを救う為に、ゲーム世界を探索しながら

事件の解決を目指して行く…。

こんな目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなテーブルゲーム

選択肢を選んでいき

イベントをクリアする為にドンジャラを遊んでいく

こんなシンプルな作品でした。

 

ドンジャラ」という麻雀を簡単にしたゲームを遊びまして

お互いの点数を減らしていき

無事クリア出来れば次のイベントに進むことができる

こんな流れでした。

 

選択肢によって、その後のイベントがガラリと変わって行きまして

入手できるCGが変わってくるなど。

何回でも繰り返しプレイ出来るのは良かったですね。

 

 

メモリーズオフ

インフィニティ

夢のつばさ

てんたま

 

こんな、キッドから発売された

恋愛シミュレーション4作品の世界を

主人公が大冒険していく

 

まさにキッドのオールスターゲームなのでした。

 

 

 

キッドミックスセクションの感想でもあり レビューでもあり

 

[ドンジャラのシステムを かなりスパルタにした感じ]

 

このゲームの基本的な流れとしましては

バグに侵食されてしまった世界を救いだすために

主人公が大冒険していくという流れなのですが。

 

解決方法はとてもシンプルです。

 

相手をドンジャラで叩きのめす

たったこれだけです。

 

お互いに点数を持っていまして

ドンジャラをプレイする事で0にして行きます。

 

最初は200対75とか

こちらが有利なので、負ける事は無いのですが。

後半は200対200とかのガチの戦いになって行きますので

ドンジャラを必死に戦っていきました。

 

 

ここまでならば、普通のドンジャラゲームです。

 

ここからが、このキッドミックスセクションが

スパルタなドンジャラと呼ばれている理由です。

 

 

このゲームの売りは

4作品のキャラクターたちと一緒にゲームを楽しめるという事です。

 

ではどうやって楽しむのか?

 

ドンジャラの絵柄をその世界ごとに変化させていきます。

 

メモリーズオフの世界なら

あやか、みなも、かおる、サンドイッチ…

 

てんたまなら

花梨、真央、結花…

 

なんて感じで

その世界ごとに牌の絵柄がチェンジされていきます。

 

 

これがまあ、辛かったですね。

 

何故かって?

 

役の構成がガラリとチェンジされるからです。

 

このゲームでは

原作のイベントがドンジャラの役に設定されていまして

 

あやかと傘で「真っ白い傘20点」とか

詩音とカップとサンドイッチで「午後のティータイム50点」など

メモリーズオフってそうだったよね!!」なんて

ファン感涙の役になっていました。

 

 

なっていましたが、

どの作品もやった事が無い人間にとっては

「役がわかんねえ!!」となります。

 

せっかく役を覚えても

次のイベントは、てんたまの世界に飛ばされたりしますので

また一から説明書を見て

「この子とこの子はラクロス部なのね」なんて

必死に勉強するのでした。

 

 

絵柄と役の構成が4種類も用意されてるよ

 

しかも原作のイベントも思い出せるよ

 

大満足でしょ?

 

 

そんな、贅沢でもあり、勘弁して欲しい

オールスターゲームの醍醐味なのでした。

 

 

 

[本家のゲームを最高に遊びたくなる]

 

このゲームは

本当に上手くできてるなと思いました。

 

ドンジャラで遊んでるじゃないですか

そうすると自然とキャラクターの顔を覚える訳です。

 

ピンク髪来いとか

ショートカット来いとか

キャラクターを好きになって行きます。

 

そんな時に

イベントでその女の子が登場したりするんですよね。

 

「あの真央ちゃんだ!!」なんて

まるで芸能人にあったかのような嬉しさでした。

 

プロ野球選手あるあるで言いますと

パワプロで使ってた選手に、自分がインタービューされてる!!」

なんて感じですね。

 

ドンジャラのキャラクターとして使用していたのに

実はゲームのキャラクターだったなんて感じで

本末転倒ではあるのですが。

その衝撃は凄かったです。

 

そのあまりの衝撃に

「もしも、てんたまが売ってたら絶対に買おう」と

心に決めちゃいましたね。

 

合間合間に流れるイベントシーンも

せつないイラストと相まって、もの凄くプレイしたくなりました。

 

普通ならば

4作品を全てプレイしてから

ご褒美でこのゲームを遊ぶのが理想なのでしょうが。

 

逆に、このゲームを遊ぶ事で

4作品を最高に遊びたくなってしまう。

 

そんな

コナミオールスターゲーム

コナミワイワイワールド」の様な凄さがあったのでした。

 

 

キッドファンの為のおまけのゲーム?

 

キッドファンになる為の大事なゲーム!!

 

 

 

キッドミックスセクションのまとめ

 

こちらから購入できます

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

基本的にはドンジャラです

 

しかも、絵柄が毎回変わる、なかなかのスパルタです

 

だけど、ゲームに流れている世界感は

素晴らしいものがありましたね

 

なので、この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ドンジャラなので戦略性がほとんどないのですが

 

そのぶんだけ

高価な役を決めた時の感動は素晴らしいので

 

必死で役満クラスを狙い続けるのでした

 

まあ、ほぼ無理なんだけどね

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

最初は思っていました

「作品を知らないってことは、楽しめないかもな」なんて。

 

しかしどうでしょうか

作品を知らないからこそ

「このキャラクターってどんな人なんだろう?」と真剣に遊べます。

 

そして、そのキャラクターが登場して

「すげえ、ご本人登場だ!!」なんて感動できるのでした。

 

メモリーズオフ

インフィニティ

夢のつばさ

てんたま

 

絶対買おう

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

キッドファンのためのゲーム? キッドファンにさせてくれるゲーム!!

それこそが、今急いで300円で買う理由です