読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ロコロコ 傷ついた心を 完全に修復してくれる そんな癒しのゲーム

あまりの楽しさに 一日でクリアしちゃった

 

f:id:retogenofu:20161027160901j:plain

[音楽が最高過ぎて エンディングで泣いちゃうよね]

[ロコロコ   ソニー  PSP]

2006年発売  ジャンル 癒しのアクションゲーム  参考価格200円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  5時間

このゲームに対する世間の評価  ただただ、遊んでいて気持ちがいい作品

どんなに人におすすめ?  全ての人に遊んでほしい作品

 

 

最近は、ブログの記事を書くために

アドベンチャーゲームを立て続けにプレイしていました。

 

日常では体験できない事を

アドベンチャーゲームで体験する。

 

こんな幸せなのですが

いかんせんストーリーが重いゲームばかりでした。

 

そんなゲームばかり遊んでいたので

毎日悪夢の連続でしたね。

 

 

そんな時に、このゲームを買いました。

 

名前は聞いた事があったのですが

プレイするのは今回が初めてでした。

 

と言いますか、このゲームが発売してからもう10年が経つんですね。

時間の速さに衝撃を受けます。

 

 

そんな今回の 傷ついた心を癒してくれた 絶対に遊んでほしい作品

ロコロコの感想です。

 

 

 

ロコロコとはどんなレトロゲーム

 

このロコロコですが

2006年にソニーから発売された

プレイステーションポータブル専用のアクションゲームでした。

 

ゲームのあらすじは

惑星の上には、歌をうたう不思議な生き物

「ロコロコ」が住んでいました。

そんなある日、ロコロコをいじめる「モジャ軍団」が突如襲来してきました。

そんなロコロコを助け出すために

惑星さんは、大地を傾けてロコロコを助け出すことに決めました。

果たして、モジャ軍団を追い払うことは出来るのでしょうか…。

こんなあらすじでした。

 

ゲームの目的は

そんなロコロコを操りまして

ステージをクリアして行くのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションゲームなのですが

操作性が独特でして

ステージを傾けながら、ロコロコをゴールに誘導していく

独特過ぎるアクションゲームでした。

 

Lで左に傾ける

Rで右に傾ける

LR同時押しでロコロコを高くはじく

こんなシンプルさでしたね。

 

ステージには花のつぼみがありまして

このつぼみを取ることで、ロコロコが増えていきます。

 

最初は小さなロコロコだったのに

だんだん大きくなりまして

最後はキングスライム並みに大きくなる

こんな凄さがありました。

 

隙間が空いてる足場は

大きなロコロコで落ちないように移動

 

物凄く狭い隙間には

分裂して小さくなって移動

 

こんな、考える楽しさも最高でしたね。

 

五つのワールドに分かれていて

8ステージをクリアすると、次のワールドに行ける

そんな全40ステージを楽しめるのも最高でした。

 

大体3分ほどで終わりますので

「寝る前に3ステージだけ」なんて感じで

サクッとあそべて、サクッとおわれる

こんな所も忙しい人には良かったです。

 

 

最初は思っていました

「値段が安いってことは、クソゲーなのかな?」と。

 

そんな自分を反省するほど

最高のゲームでしたね。

 

ゲーム音楽の素晴らしさで言えば

悪魔城ドラキュラ並に感動してしまう

そんな、絶対に遊んでほしい作品なのでした。

 

 

 

ロコロコの感想でもあり レビューでもあり

 

[このゲームをなにに例えようかな?]

 

このゲームですが

物凄くシンプルです。

 

ロコロコを移動させて、ゴールに導く

たったのこれだけです。

 

「ムイムイさん」という隠しキャラを探す事で

おまけが解禁していくという、おまけ要素があるのですが。

 

それ以外は、とてもシンプルな作品でした。

 

そんなシンプルなゲームなのに

とてつもなく楽しいんです。

 

スーパーマリオのドキドキ感

ソニックのスピード感

パラッパラッパーの様なノリノリ感

 

こんな、沢山のゲームを同時に遊んでいるかのような

圧倒的凄さがありました。

 

パズルゲームの様な

難解な謎解きがある訳では無いので

シンプルなアクションゲームと言えばそれまでなのですが。

 

そのシンプルなゲームの中にある

沢山のゲーム遺伝子が

最高に楽しい時間を与えてくれるのでした。

 

気づいたら5時間遊んで

その日の内にエンディングまで行ってしまう。

 

そんな、名作ゲームでしたね。

 

 

 

[こんなにも素晴らしいエンディングがあって良いのか]

 

このゲームですが

ゲーム音楽が素晴らしすぎます。

 

歌う不思議な生物という設定ですので

とにかく歌をうたいまくります。

 

この歌が素晴らしすぎました。

 

ロコロコには色が設定されていまして

 

黄色なら子供の様な歌

ピンク色なら女性の歌

青色なら男性の歌

黒色なら渋い声なんて感じで

どのキャラクターで進むのかというのも楽しかったです。

 

この歌を聞きたくて、未だにプレイする人も多いそうです。

 

そんな素晴らしすぎる歌なのですが

エンディングで完成形を迎えます。

 

今まではバラバラで歌っていました。

 

子供ならば、子どもだけ

女性ならば、女性だけ

男性ならば、男性だけ

こんな感じでした。

 

そんな流れだったのですが

エンディングテーマだけは、全員で歌ってくれます。

 

この時は本当に痺れました。

 

全身に雷を撃たれた様な衝撃でしたね。

 

その昔、ライブアライブという作品がありました。

 

この作品のエンディングも最高で

今まで冒険してきたシナリオのテーマをメドレーにする

「今までの思い出が蘇ってくる!!」なんて

素晴らしすぎるエンディングテーマだったのですが。

 

その時と同じ衝撃を

このロコロコのエンディングテーマで受けましたね。

 

 

「最後までプレイして良かったな…」こんな感動でしたね。

 

ちなみに、ゲームをクリアすると

いつでもエンディングテーマを聞けるようになりますので

よっぽどの自信があったのでしょうね。

 

「素晴らしい曲でしょ?」てなもんでしょうね。

 

 

素晴らしすぎるエンディングテーマを聞くためなら

喜んで5時間プレイする

そんな素晴らしさなのでした。

 

 

 

ロコロコのまとめ

 

こちらから購入できます

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ゲームのタイトルを聞いたことがあっても

遊んだ事が無い人も多いかと思います。

 

私もそんな一人でした。

 

ただ今なら言えます

 

遊ばないと後悔するよ!!

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

キャラクターごとに歌が変わりますので

次のキャラクターに、はやく出会いたくなります。

 

「次はどんな歌を聞けるのだろう?」こんなワクワクでした。

 

ゲームの世界感も

本当にほのぼのしていまして、最高の癒しでした。

 

やりこみ要素も多いので

15時間位は遊べますからね。

 

是非ともこの機会に遊んでほしいと思います。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが

続編が発売されているそうで

そちらも人気作だそうです。

 

そりゃあ、こんだけ楽しいのですから

続編が出るのは当たり前かも知れませんね。

 

値段も600円程度ですので

おそらく買うでしょうね。

 

ロコロコを体験して

ドハマリしたら、サントラと続編を買う

こんな流れでお願いします。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

アドベンチャーで傷ついた心を 完全に修復してくれる そんな癒しのゲーム

それこそが、今急いで200円でロコロコを買う理由です!!