読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

雪割りの花 ヒロインの親友が教えてくれる 物凄く最悪な真実 そんな美雪ルートが最高です

大人になってから遊ぶと 本当に素晴らしいと思える

 

[記憶喪失の憧れのお姉さん 自分を彼氏だと思いこむ ラッキー!!…ではない]

[雪割りの花  ソニー  プレイステーション]

1998年発売  ジャンル サウンドノベル  参考価格580円

 

記事のネタバレ度 オチは書きません

攻略に必要なプレイ時間 グットエンディングを全て集めるには7時間

このゲームに対する世間の評価 今までのやるドラでは無い そして萌えも全く無い

どんな人におすすめ?  30代にはドンピシャでしょうね

ゲームアーカイブスで配信なし

 

 

やるドラシリーズというのは

四季を楽しみながらサウンドノベルを体験して行きます。

 

ダブルキャスト 夏

 

季節を抱きしめて 春

 

サンパギータ 秋

 

そして今作の

雪割りの花 冬で締めます。

 

 

そんな今回の 冬という寒い季節が イチャイチャ感を全てかき消す

雪割りの花の感想です。

 

 

 

雪割りの花とはどんなレトロゲーム

 

この雪割りの花ですが

1998年にソニーから発売された

プレイステーション用のサウンドノベル作品でした。

 

みるドラマからやるドラマへ

こんなシリーズの第4弾作品で。

 

この雪割りの花を持ちまして

プレイステーションでの発売は終わりました。

 

後に「スキャンダル」という作品がPS2で発売されるのですが

それまでは、この雪割りの花が最終作になっていましたね。

 

 

そんなゲームのあらすじは

 

北海道のアパートに住む大学生の主人公

 

そんな主人公は、

隣に住む年上のお姉さんに恋心を抱いていた。

 

とある日、合コンで遅くに帰って来ると

隣のお姉さんと彼氏が抱き合っているのを目撃してしまう。

 

ショックを受ける主人公。

 

それから数日後、

お姉さんが記憶喪失になってしまったと警察から一報が入る。

 

お姉さんに一体何が起こったのだろうか…。

 

こんなあらすじでした。

 

 

ゲームのシステムは

サウンドノベルのシステムに

アニメーションをプラスしていまして。

 

アニメの様なんだけどサウンドノベル

 

サウンドノベルなのだけどアニメを見ているよう

 

こんな豪華なシステムでした。

 

今作からはノーマルエンドが削除されまして

 

最高にハッピーな グットエンディング

 

大抵は屋上からジャンプしてしまう

悲惨なバットエンド

 

こんな2種類に分かれていました。

 

エンディングを見れば見るほど

選べるルートが増えていくシステムで

 

最初は省略されていたシーンを

次のプレイでは体験できる様になるなど

「ここでは、こんなことがあったんだ?」なんて楽しみも有りました。

 

ダブルキャスト

ミステリー要素が強め

 

季節を抱きしめて

恋愛要素が強め

 

サンパギータ

ハードボイルド要素が強め

 

そして最終作の雪割りの花

TVドラマの要素が強め

 

こんな、やるドラシリーズを締めくくる

最高のストーリーをお楽しみください。

 

 

 

雪割りの花の感想でもあり レビューでもあり

 

[こんなにも主人公に感情移入できるのは凄い]

 

やるドラシリーズ全般に言える事なのですが

主人公に感情移入できるのが凄いと思います。

 

どんなゲームでも

「でもやっぱりゲームだもんね」なんて感じになってしまいます。

 

しかし、やるドラシリーズでは

「ヒロインを傷つけてはいけない…さあどうしよう?」となれるんです。

 

そんな中でも

今作の雪割りの花に関して言えば、

トップクラスに感情移入できる様になっていました。

 

 

今作の始まりはこうです

 

記憶喪失の花織(かおり)さんを看病しに行く主人公

 

文鳥にエサをあげてきて」と頼まれる主人公

 

憧れの花織さんの部屋に上がる主人公

 

留守電にメッセージが入っていることに気づく主人公

 

「プライベートを詮索するのはよくないけど、一応聞いてみよう」そんな主人公

 

そこで彼氏の昂(たかし)さんが

交通事故で亡くなってしまった事を知ってしまう

 

あまりのショックで記憶喪失になってしまった花織さん

 

「この事を打ち明けるべきなのか、それとも隠し通すのか」

 

そんなモヤモヤしている状況でも、毎日お見舞いに行く主人公

 

そんな時に、花織さんが突然言い出す

「あなたはもしかして、昂なの!!」と…。

 

ここから、主人公の不思議な2重生活が幕を開けます。

 

 

お姉さんに、

彼氏が亡くなってしまった事がばれない様に

昂になりきる生活が始まって行くんですね。

 

この展開が本当に素晴らしかったです。

 

煙草の匂いがしないと不思議に思う彼女を

どうやって説得するのか

 

コーヒーカップをどちらの手で持つのか

 

想い出の公園ではどんなことをしたんだっけ?

 

付き合って何年目だったけ?

 

3月31日になにが起こるの?

 

こんな感じで

彼氏になりきるために必死に努力していきます。

 

この花織さんですが

中々の繊細なヒロインでして。

 

少しのミスすらも許してくれません。

 

少しでも彼氏ではない行動を起こしてしまうと

屋上からジャンプしてしまう危なさでした。

 

そんなヒロインを助けるために

主人公も頑張るけど

プレイしている自分も頑張るんですよね。

 

これこそが、めちゃくちゃ感情移入できる理由でした。

 

 

正直言いまして

このゲームはめちゃくちゃ重いです。

 

それこそ

9時の青春ドラマというよりかは

10時の濃厚なドラマという感じの重さです。

 

この濃厚さが

やるドラファンにはあまり受け入れられなかったので

やるドラシリーズ4位中4位という悲しい事になっていたのですが。

 

裏を返せば

大人になってから遊ぶ事で、めちゃくちゃ楽しいです。

 

あの濃厚な世界を

自分自身でかき回すことができるのですから。

 

憧れの彼氏に慣れてラッキー!!

 

…なんてことは有りませんでした。

 

こんな大人なやるドラでしたね。

 

 

 

[今までの主人公を否定する どろどろの美雪ルートが面白すぎる]

 

このゲームはクリアすればするほど

新しいルートが解禁されていきます。

 

他のやるドラシリーズでは

かなり違う世界へと行く事が出来たのですが。

 

今作ではそれほどの違いはありませんでした。

「なにが変わったんですか?」こんな感じでした。

 

しかし、1つのルートに関して言えば

なかなかの喧嘩の売りっぷりでしたね。

 

 

そのルートは「美雪さん」という

花織さんの親友が出てくるルートでして。

 

この美雪さんの助けを借りながら

昂さんになりきって行こうではないかというルートでした。

 

そして、花織さんに昂さんを紹介した人物こそが

この美雪さんでして。

 

恋のキューピットだった訳です。

 

そんなルートでしたので

「もしかしたら美雪さんを攻略するのか」なんてワクワクしたのですが。

 

まさかの、とんでもないどろどろルートだったとは驚きでした。

 

 

このルートのなにが酷いのか?

 

それは、今までのプレイヤーの頑張りを

真っ向から否定してきます。

 

「昂が、本当に花織を愛していると思っているの?」

 

「昂は別れたいって、愚痴っていたわよ」

 

「花織は本当に昂を愛していたのかしら?」

 

こんなパンチを連続で食らわされます。

 

 

本当にあの二人は幸せだったのだろうか?

 

こんな疑心暗鬼になるルートでした。

 

大好きな彼氏の顔をそんなに簡単に忘れるだろうか?

 

彼氏は海外出張が多いと言ってたけど、本当はどうなの?

 

今までの自分がやっていたことは意味があったのか?

 

こんなもう一つの世界を体験出来ます。

 

表面上は幸せなカップルだったのかもしれない

 

しかし、中身の部分ではどうだったのだろうか?

 

そんな謎を追求していく

なんとも不思議なルートでしたね。

 

 

なにが凄いのかと言いますと

沢山のエンディングを見る事で解禁される所です。

 

沢山のエンディングを見て

 

何度も花織を救った結果

 

ようやく解禁されるのが、

今までの苦労を帳消しにする美雪ルートなわけですね。

 

 

最高に感情移入させておきながら

 

地獄に叩き落とす

 

これこそが雪割りの花の魅力なのかもしれません。

 

 

そんな美雪ルートですが、

ちゃんと事件は解決しますので

嫌な気持ちにはならないと思います…たぶん。

 

 

大人になってから遊ぶと

この美雪ルートこそが、ゲームの本質なのかも知れないと思える。

 

一風変わったルートをお楽しみください。

 

 

 

雪割りの花のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

発売当時はこのゲームの奥深さなんて分かりませんでした。

 

「ただのどろどろしたドラマなのかな」といった感じです。

 

しかし、18年の時空を超えて遊んでみると

「こんなにも素晴らしいストーリーだったのか!!」と再認識できましたので。

 

雪割りの花?最下位でしょ」なんて人にこそ

絶対に遊んでほしいなと思いますね。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

憧れのお姉さんの彼氏になれる大チャンス

 

しかし、そこには悲しすぎる制約があった

 

自分を愛して欲しいのに

 

自分が愛される事は永遠にない

 

こんなせつなさを体験してください。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

当時小学生、中学生だった人も

今では立派な大人になっていると思います。

 

そんな大人が、今絶対に遊ぶべき作品だと思いますので

この機会にプレイしてみてはいかがでしょうか。

 

今では、ディスクの入れ替えが要らない

PSP版も発売されていますので。

 

そちらもチェックしてみて下さい。

 

 

自分を助けてくれると思っていた彼女の親友

 

そんな親友が教えてくれる 物凄く最悪な真実

 

果たして事件を解決させることができるのだろうか

 

こんな展開に痺れて下さい

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

今なら言える ストーリーで言えば雪割りの花がナンバーワン!!

雪割りの花

 

それこそが、今急いで580円で買う理由です

 

こちらから購入できます