読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

超光速グランドール 可愛い見た目で近づいてきて ゲームの難易度で絶望する

名作 PS アクション 面白さ保証 バンダイ 修正版

可愛い見た目で近づいてきて ゲームの難易度で絶望する

 

f:id:retogenofu:20170306233655j:plain

[クソゲーの匂いがするのに 遊んでみると意外とやるじゃん]

[超光速グランドール  バンダイ  プレイステーション]

1997年発売  ジャンル アクションゲーム  参考価格 2000円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  10時間

このゲームに対する世間の評価 超クソゲー2に載ってたよね

どんな人おすすめ  激ムズのロックマンが好きなら 遊んで損はない

アーカイブスで配信なし

 

 

私の大好きな本で

「超クソゲー」という作品があります。

 

数多くのクソゲーを、面白おかしく紹介している作品で。

初めて読んだ時の衝撃を今でも覚えています。

 

そんな作品で紹介しているゲームを

全て集めるのが、私の目標でもありますね。

 

 

そんな今回の 超クソゲー2で紹介されていた ハチャメチャな作品

超光速グランドールの感想です。

 

 

 

超光速グランドールとはどんなレトロゲーム

 

この超光速グランドールですが

1997年にバンダイから発売された

プレイステーション専用のアクションゲーム作品でした。

 

 

ゲームの目的は

 

今までは、普通の女子高生として平和に暮らしていたのに

突然鎧を着た敵に襲われてしまう。

 

どうして自分は襲われているのか?

 

いったいこの敵たちはなんなのか?

 

自分の正体とは?

 

こんな事を

さまざまな特殊能力を持つ「グランスーツ」を着こなし

 

アクションステージをクリアして行きながら、

徐々に解明していく…というのが目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションゲームで

 

似たタイプのゲームで言いますと

まんまロックマンタイプの作品でした。

 

最初はノーマルタイプのスーツしか持っていません。

 

しかし、ステージをクリアして行くごとに

様々なグランスーツを貰うことができまして。

 

どんどんパワーアップしていく訳です。

 

壁によじ登ることができるスーツ

 

壁を破壊できるスーツ

 

とんでもないジャンプ力を持っているスーツ

 

羽が生えて、空を飛ぶことができる チート級のスーツ

 

こんな様々なスーツを駆使して

アクションステージをクリアして行くのが最高でしたね。

 

見た目はギャルゲーの様な感じなのに、

いざ遊んでみると、硬派すぎるゲームシステム。

 

 

そんな、ロックマンシリーズとメトロイドをプラスして

萌えという出しでグツグツ煮る

 

豪快すぎる作品なのでした。

 

 

 

超光速グランドールの感想でもあり レビューでもあり

 

[萌えゲーというジャンルでありながら ゲームの難易度はロックマン2]

 

このゲームを、

事前情報をまったく知らずに

ワクワクしながら遊んだ人が居たとしたら

かなりの衝撃を受けたと思います。

 

「どうしてこんなに、難しくしたの?」と。

 

このゲームですが、基本はロックマンです。

 

基本はロックマンなのですが

ステージが広めに設定されていまして

 

その中から「カードキー」を探し出して、

ゴールの扉を目指すというものでした。

 

アクションの操作方法はロックマン

 

ステージを探索するのはメトロイド

 

こんな感じでした。

 

そして、このメトロイドの部分が

ゲームの難易度を大幅に上げていました。

 

 

このゲームは

 

残機無し

 

チェックポイント無し

 

敵を倒しても回復アイテムをほとんど落とさない

 

こんな三重苦でした。

 

たった一度死んだだけで、

ステージの最初に戻されます。

 

しかも、敵の配置やトラップの配置が本当に最悪で

 

「初見プレイでは、絶対にクリアできない」イカレタ難易度だった訳です。

 

カードキーがどこにあるのかを探す

 

最大ライフがアップするアイテムを探す

 

せっかく集めても、死んだらやり直し

 

最低でも、ボスに辿り着くまでに20分はかかる

 

こんなとんでもないゲームバランスでした。

 

 

そんなゲームなので

エンディングを見たことがある人は少ないと思うのですが。

 

このスパルタすぎる難易度こそが

グランドールが今でも愛され続けている理由でもあります。

 

最初は本当に腹が立ってきます。

「こんなゲームクリア出来るわけないだろ」と。

 

しかし

「あれ?このスーツで行けばノーダメで行ける?」

 

「あれ?ここは無理してでも、2段ジャンプの方がいいかな?」となりまして。

 

さっきまでは20分かかって、しかも瀕死状態だったのに。

 

次の挑戦では10分で、しかもほぼ満タンの状態で到着できる。

 

こんな幸せがありました。

 

この「考えるアクションゲーム」という感覚が

往年の名作「ロックマン2」に似ていまして

「グランドール恐るべし」と思えるわけです。

 

ステージ1をクリアするのに 1時間

 

ステージ2をクリアするのに 1時間

 

ステージ3をクリアするのに 1時間

 

ステージ4をクリアするのに 4時間

 

ステージ5をクリアするのに 30分

 

最終ステージをクリアするのに 3日

 

こんなバカすぎる難易度をお楽しみください。

 

 

 

[12歳の母親の謎を 自分自身で解き明かす]

 

このゲームが、どうして注目されたのか?

 

それは12歳の母親という、イカレタ設定だからでした。

 

主人公の女の子は

16歳の眼鏡をかけた女子高生です。

 

先輩と遊園地にデートに行くなど、今どきの女子高生です。

 

そんな主人公の母親の年齢が

28歳なんですよね。

 

28-16=12歳?

 

こんなぶっ壊れた設定がうけて

クソゲー2でも取り上げられていました。

 

私も、このゲームの記事を読まなければ

このゲームを購入しようとは思いませんでした。

 

しかし、この設定の意味が

ゲームを進めていく事で解明されていく訳です。

 

 

ストーリーを進めていく事で

 

実は、地球の生まれでは無く

とある惑星のお姫様だと分かります。

 

しかし、その惑星が破壊されてしまった為に

やむなく地球へと、お姫様を送ったという流れでした。

 

そのお姫様を、

今の両親が拾って育てている

こんな状況だった訳です。

 

こんな謎が、ステージクリアのご褒美として

アニメーションで流れて行きます。

 

ステージをクリアする

 

豪華なアニメが流れる

 

ステージをクリアする

 

豪華なアニメが流れる…。

 

こんな感じです。

 

 

ですので、ステージをクリアできないと

一切の謎が解けません。

 

この部分が、物凄く惜しかったなと思いましたね。

 

クソゲー2も書いてありました

「ステージ2をクリア出来ませんでした」と。

 

ですので

「12歳の母親って、どう考えてもおかしいよね」という流れで

最後まで書かれていたと思いますが。

 

激ムズのステージをクリアすると、

その謎が解けるというシステムになっていましたね。

 

私も、ステージ4をクリアするのに

4時間かかりましたし

 

最終ステージをクリアするのに三日かかりました。

 

それほどの難易度でしたので

この12歳の母親の謎を解いた人は少なかったと思います。

 

その結果が、

12歳の母親という

クレイジーな印象しかない作品になってしまった訳ですね。

 

 

せっかく、豪華なアニメーションを作ったのですから

もう少し難易度を落としていれば、もっと売れたのかも知れません。

 

しかし、激ムズゲームが好きな人にとっては

「グランドールは凄かったよね」と伝説になっていますので。

 

一長一短だったのかもしれません。

 

 

イカレタ設定に隠された、

ちゃんとした真実

 

そんな真実を、自分自身で解明できて嬉しかったです。

 

 

 

超光速グランドールのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

マイナーゲームですので

ゲームの名前すら聞いた事が無い人も多いかと思います。

 

しかし、ゲームとしては

かなりの名作アクションだと思いますので

この機会に遊んでみてはいかがでしょうか。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ロックマン2の難易度

 

メトロイド並のステージ探索

 

一度死んでしまったらやり直し

 

こんなスパルタすぎるシステムが

最高に大好きでした。

 

アクションゲームなのに、マッピングが必須

 

こんな凄さが、グランドールという作品の魅力なのでした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

クソゲー2でタイトルを知り 

 

自分自身で謎を解明する

 

そして、その面白さに震える

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

12歳の母親の謎を遂に解明する ゲームとしても最高

それこそが、今急いで2000円で買う理由です。

 

こちらから購入できます