読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

実況パワフルプロ野球4の感想 サクセスモードが大幅に進化した 歴史的な作品

ニンテンドー64を購入する理由が このゲームだった人も数多くいましたね

 

f:id:retogenofu:20161222225840j:plain

[今までは野手しか作れませんでしたが 今作からは投手も作れます]

[実況パワフルプロ野球4  コナミ  ニンテンドー64]

1997年発売  ジャンル 野球ゲーム  参考価格200円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  64じゃなかったら もっとヒットしてたかもね

どんな人におすすめ?  全てのパワプロ好きに遊んでほしい 歴史的な作品

バーチャルコンソールで配信なし

 

 

皆さんはニンテンドー64のイメージってありますか?

 

ファミコン 国民的ゲーム機

スーパーファミコン 国民的ゲーム機

ゲームボーイ 国民的ゲーム機

 

ニンテンドー64  面白いけどマイナーなのかな?

 

こんな感じではないでしょうか。

 

 

スマッシュブラザーズ

マリオカート64

風来のシレン2などなど

 

面白すぎるゲーム達も

数多く発売されているのに

ニンテンドー64を持っている人はそれほど多くない

 

こんなイメージですね。

 

ゲームソフトのラインナップで言いますと

ハズレのソフトがほとんど無いという

凄すぎるゲーム機なのに

知名度はそれほどないのが残念でした。

 

 

そんな今回の、スーパーファミコンで発売されていたら 3倍は多く売れていた?

実況パワフルプロ野球4の感想です(*’▽’)

 

 

 

パワプロ4とはどんなレトロゲーム

 

このパワプロ4ですが

1997年にコナミから発売された

ニンテンドー64用の野球ゲーム作品でした。

 

ゲームの目的は

野球ゲームを楽しむと共に

野球選手の人生を丸ごと楽しむのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな野球ゲームと

選手を育成するシミュレーションゲーム

二つのゲームを楽しむことができました。

 

今まではスーパーファミコンで発売していた

実況パワフルプロ野球

 

ニンテンドー64で発売されるという事もあり

多くのプレイヤーが涙をのんだ作品でも有りました。

 

「どうしてスーパーファミコンを裏切ったんだ」

こんな小中学生も数多くいました。

ニンテンドー64も任天堂なのですから、裏切ってはいないのですが。それでも当時は寂しかったと思います)

 

 

そのぶん、今までは十字キーで操作していたのに

ニンテンドー64専用の

「3Dスティック」でグリグリと動かしながら楽しむことができましたので

その部分ではパワプロとの相性は抜群でしたね。

 

 

スーパーファミコンで発売していたら

数倍は多く売れたのかも知れませんが

 

ニンテンドー64で発売したことで

「だったらこの機会に、本体とセットで買ってみようかな」とも思わせる魅力があった

圧倒的なパワーを持った作品でもありました。

 

 

 

パワプロ4の感想でもあり レビューでもあり

 

[3Dスティックに慣れる事が ゲーム上達の近道]

 

このゲームですが

今までのパワプロと比べると

かなり本格的な野球を楽しめます。

 

パワプロシリーズのお約束としましては

キャッチャーミットの動きを見て

どこに球が来るのか?を予想して

カーソルを合わせて打ちます。

 

高めだとホームランが出やすい

 

低めだとホームランは出にくいけど

コントロールを乱しやすいなど

 

コースごとに意味があったのも面白かったです。

 

 

ゲームに慣れていない

初心者同士が遊ぶと

キャッチャーミットがほとんど動かないので

ある程度のコースが予測しやすかったのですが。

 

上級者どうしが遊ぶと

キャッチャーミットをグルグル回して

どこにボールが来るのかを分からなくするように工夫をしだします。

 

この戦いになると

ゲームの楽しさがどんどん増してくるのですが

 

いかんせん十字キー

カーソルを移動させますので

タイミングが間に合わないこともしばしばありました。

 

低めに予想を張って

あらかじめカーソルを下に置いておくと

高めに来た時は対処が出来ませんし

 

高めに予想していたら

低めにカーソルが間に合わない

こんなゲームシステムでした。

 

ですので、

カーソルを真ん中に置いて

どちらにも対処できるようにする

こんな感じでした。

 

 

しかし、今作では3Dスティックが使えます。

 

3Dスティックを使用することで

どんな場所でも

瞬時にカーソルを合わせられる様に進化していたんですよね。

 

今までは「グイーン」とカーソルを動かして「カキーン」だったのに

今作からは「パッ」と瞬間移動して「カキーン」です。

 

投げる方も

コースギリギリを瞬時に投げ分ける事ができますので

今までのパワプロよりも反射神経が重要な作品になっていました。

 

システムの切り替えで

スーパーファミコン同様に

十字キーでも楽しむことが出来たのですが

ゲームが上手い人ほど3Dスティックを極めていましたね。

 

今の最新シリーズでも

十字キー派よりも

アナログコントローラー派の方が上手いので

 

この時代から、操作性に関して言えば

完成されていたのかも知れませんね。

 

「慣れないから、十字キーで遊んじゃうよね」という壁を乗り越えた時からが

パワプロの本当の始まりなのかも知れません。

 

 

 

[ピッチャーを作れる まさに革命的な作品]

 

実況パワフルプロ野球の最大の売りが

サクセスモード」と呼ばれる

野球選手の人生を体験するモードでした。

 

野球ゲームを一切やらないけど

パワプロのサクセスだけは遊びまくる

こんなプレイヤーも数多くいます。

 

 

そんなサクセスモードですが

最初は「野手」しか作ることが出来ませんでした。

 

ピッチャーを作ることは出来ずに

バッターしか作成できなかったんですよね。

 

ですので、子どもながらに

「ピッチャーを作るのはシステム的に無理なんだろうな」と勝手に思っていました。

 

そんな時代に革命を起こしたのが

実況パワフルプロ野球4だった訳です。

 

今までは

ホームランバッター

俊足ランナー

鉄壁の守備職人

全ての能力MAXの天才

 

こんなバッターだけでしたが

 

160キロを投げる超人ピッチャー

全ての変化球を投げる七色ピッチャー

能力は高いけどスタミナは皆無の炎のストッパー

 

こんなピッチャー達をたくさん作ることができました。

 

 

プロ野球の2軍選手となりまして

「3年以内」に1軍に昇格するのが目的なのですが。

 

バッターは打って活躍する

 

ピッチャーはバッターを抑えて活躍する

 

こんな違いがあったのですが

 

ピッチャーの方が

圧倒的に楽にクリアできました。

 

バッターは

瞬発力が大事なゲームですので

瞬発力が無いとなかなか活躍できないのですが

 

ピッチャーは

コースを決めて投げるだけですので

反射神経よりも戦略性が大事だった訳です。

 

低めに投げたら、次は高めに投げる

高めに投げたら、次は低めに投げる

2ストライクを取ったら、ストライクコースには投げない

 

こんな駆け引きを楽しむことができますので

もっぱらピッチャーばかり作っていましたね。

 

ただし、強い選手が作成できるのかというと

なかなか難しい世界でもありました。

 

 

 

[プロって本当に凄い そう思わせてくれる]

 

今でこそ1000時間以上パワプロシリーズを遊んでいますが

このゲームを遊んでいた頃は

パワプロのバリバリ初心者でしたので

手探りで遊んでいくのが楽しかったですね。

 

 

最初は思うじゃないですか

「160キロ投げたら絶対に打たれないのでは?」と。

 

そう思ったら作りますよね。

 

160キロは作れなかったのですが

157キロのピッチャーを作れました。

 

他の練習は一切せずに

球速練習ばかりして、157キロを投げられるまで鍛え上げました。

 

そのぶん

変化球を覚えていない

スタミナはほとんど無い

10失点は当たり前

こんなへぼピッチャーが完成しました。

 

この時になって

「140キロでも多彩な変化球を覚えていた方が強い」と学びました。

 

150キロ投げて

変化球も多彩で

一試合投げ抜くスタミナがある

 

こんなプロのピッチャーを目指すのが

本当に楽しかった思い出です。

 

漫画に出てくる様な

超人的なピッチャーでも

 

能力のバランスが悪ければ

プロの世界ではまったく活躍しない

 

こんな厳しさを学ぶには

最高の作品だったのかも知れませんね。

 

 

だいたい90分位で1人作れますので

時間を忘れて遊びまくったのを覚えています。

 

作っては消し

作っては消し

最強のチームを目指して頑張る

 

そんなパワプロシリーズを語る上では外せない

偉大な作品でした。

 

 

 

実況パワフルプロ野球4のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ピッチャーが作れるようになった

記念すべき作品ですからね

 

是が非でも遊んでほしいと思います。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

サクセスモードとしては

かなり大味でしたので

今遊ぶと物足りないかもしれませんが。

 

当時としては

「こんなにも素晴らしいゲームはない」と思えたんですよね。

 

その結果が

3か月以上飽きずに遊べた理由なのかもしれません。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームから

矢部君と猪狩君が登場しまして

最高にゲームを盛り上げてくれます。

 

この2人が加わった事で

サクセスモードという世界が大幅に広がったと思いますので

興味のある方は初々しい猪狩君をご堪能ください。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

ピッチャーを作れるだけで こんなにも幸せなのか

それこそが、今急いで200円で買う理由です

 

こちらから購入できます