読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ドラッキーのAリーぐさっかーの感想 暴力サッカーにも それなりの代償がある?

名作 SFC スポーツ 面白さ保証

くにおくん並みのバイオレンスサッカーをお楽しみください

 

f:id:retogenofu:20160320214821j:plain

[暴力全開なのに ちゃんとサッカーゲームを楽しめるのは凄い]

[ドラッキーのAリーグさっかー  イマジニアズーム  スーパーファミコン]

1994年発売  ジャンル サッカーゲーム  参考価格600円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  1時間

このゲームに対する世間の評価  サッカーゲームなのに奥が深い

どんな人におすすめ?  濃厚なサッカーゲームが好きならおすすめ

バーチャルコンソールで配信無し

 

サッカーゲームの王様と言えば

ウイニングイレブン」だと思います。

 

他の国では

沢山のサッカーゲームの名前が挙がりますが

日本の中で言えばウイイレが王様でしょうね。

 

今まではシンプルなサッカーゲームが多かった中

リアルなゲームシステムを武器に

他のライバルを全て来散らして進んで行きましたよね。

 

野球はパワプロ

サッカーはウイイレ

まさにコナミの天下なのかもしれません。

 

ウイイレに追い付いてやるぞ」と思いながら

他のメーカーも最高の作品を発売していく

 

サッカーゲームが好きなら

こんなにも幸せな時代もないのかもしれませんね。

 

 

そんな時代になる前は

コミカルなサッカーゲームも数多く発売されており

 

リアルなシステムよりも、どうやって楽しませるのか?というのが

メインだった様な気がしますね。

 

別に11人じゃなくても良くないですか?

 

必殺シュートを打てる方が良くないですか?

 

相手を吹っ飛ばすのって楽しいですよね?

 

こんな凄さがありました。

 

 

そんな今回の、暴力全開のサッカーゲームなのに 意外と奥が深い

ドラッキーのAリーグさっかーの感想です(*’▽’)

 

 

 

ドラッキーのAリーグさっかーとはどんなレトロゲーム

 

このドラッキーのAリーグさっかーですが

1994年にイマジニアズームから発売された

スーパーファミコン専用のサッカーゲームでした。

 

ゲームの目的は

動物をモチーフにした4チームの中から

好きなサッカーチームを選びまして

試合を進めていくのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなサッカーゲーム

くにおくんサッカーゲームとほぼ同じでしたね。

 

選べるチームは

 

ネコのチーム

イヌのチーム

ウサギのチーム

クマのチーム

 

こんな4チームの中から

好きなチームを選んで戦っていきます

 

チームごとに相手を吹っ飛ばす技が違いまして

 

ウサギなら耳を回転させながらスピンアタック

 

クマなら巨体を生かして、相手をぺちゃんこにする

 

こんな感じで

チームごとに戦い方が違うのも最高でした。

 

 

体力などの概念は無く

どんなに吹っ飛ばされようが

どんなに思いっ切り蹴られようが

どんなに燃やされようが

ピンピンしながら戦ってくれますので

 

とにかく相手を邪魔しながら

いかにゴールを奪っていくのかという

暴力全開のサッカーゲームなのでした(^◇^)

 

 

 

ドラッキーのAリーグさっかーの感想でもあり レビューでもあり

 

[必殺技ゲージが巻き起こす  暴力への代償]

 

このゲームですが

物凄くシンプルなサッカーゲームでした。

 

十字キーでドリブル

Yボタンでパス タックル

Bボタンでシュート スライディング

Aボタンでジャンプ

こんな感じでした。

(Xボタンは何に使用するのですかね?)

 

そんなシンプルなゲームの中にあった

奥深いシステムこそが

必殺技にありました。

 

必殺技ゲージみたいなものがありまして

このゲージを満タンにして

「Lボタン」を押すと

 

どんな相手も吹っ飛ばし

シュートを打てばボールが燃えて

ボールに触れたものは燃えて行動不能になる

ゴールネットすらも全焼させてしまう

 

こんなスーパーサイヤ人的な状態になります。

 

この状態になれば

まず間違いなく1点取ることができます。

 

もはやこの必殺技の撃ち合いといっても過言では有りません。

 

 

自分が得点すると

ゲージが全て無くなりまして

 

それ以外では

使用する時間によって

どんどん消費していくシステムになっていました。

 

 

[怒りを溜めて ゲージを溜めろ]

 

 

ではどうやって、この必殺技ゲージを溜めるのか?

 

相手の暴力を受ける事で増えていきます。

 

 

このゲームでは

相手のボールをいとも簡単に奪えます

 

暴力がありますので。

 

「ゴール前だ、ヤバい!!」とか言いながら吹っ飛ばす

 

「ここで奪えばチャンスだぞ」とか言いながらぺちゃんこにする

 

こんな感じで

暴力を使用することでボールを奪います。

 

そんなゲームだけならば

簡単に飽きてしまうと思ったのでしょうね。

 

 

暴力を使用すると

相手の怒りゲージとして溜まって行き

 

それがマックスまで溜まると

スーパーサイヤ人」的になる訳です。

 

 

最初は思っていた訳です

 

「どうして相手のゲージばかり溜まって、こちらは増えないのだろう?」と。

 

まさか、暴力で増えるとは思いませんからね。

 

 

卑怯な戦い方をすれば

どんどん相手の必殺シュートを打ち込まれる

 

紳士的に戦えば

ゲージを溜めることなく、正統派のサッカーゲームとして楽しめる

 

こんな素晴らしさが

他のサッカーゲームとは

ひと味もふた味も違う作品になったのでした。

 

 

ちなみに「オウンゴール」をすると

どうなるのかと言いますと

自分のゲージが全て無くなります。

 

狙って出すことは難しいのですが

相手のゲージが満タンで

オウンゴールをさせる事ができれば

 

ほぼ2点分の恩恵を得られますので

ゴール前でとにかくシュートを打つのが定石でした。

 

相手のゴールキーパーが弾いたボールを

相手のディフェンスがそのままゴールしてしまうのを狙う

こんな戦力が大事でした。

 

 

最初はシンプルなサッカーゲームだと思っていたのに

遊べば遊ぶほど

どんどん面白くなって行くのですから

やっぱりドラッキーシリーズは裏切らないなと思ったのでした(/・ω・)/

 

 

 

ドラッキーのAリーグさっかーのまとめ

 

このドラッキーのAリーグさっかーですが

ドラッキーシリーズの2作目なのでした。

 

初代の「ドラッキーの草やきう」はかなりの名作だそうで

いつかチャレンジしてみたいなと思っています。

 

スーパーファミコンの野球ゲームを遊ぶならば

絶対に避けては通れない

面白すぎるゲームだそうなので

今から楽しみですね(*´з`)

 

 

そんな今回の、暴力サッカーも楽しいけど それなりの代償も用意されている

ドラッキーのAリーグさっかーの感想でした(*^▽^*)