読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

松村邦洋伝 格闘ゲームなのに体力回復システムがあるの?

隠れた名作格闘ゲームの世界をあなたに

 

[操作性に慣れてくると 意外と癖になる そんな名作格闘ゲーム]

[松村邦洋伝・最強の歴史を塗り替えろ ショウエイシステム  スーパーファミコン]

1994年発売  ジャンル 格闘ゲーム  参考価格2000円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  2時間

このゲームに対する世間の評価  あの松村さんがまさかのゲーム化!!

どんな人におすすめ?  独特な格闘ゲームが好きなら まさにご馳走

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

昔は、タレントのゲームが

本当に数多く発売されていたのに

今の時代では、めっきり少なくなってしまいましたね。

 

AKB48の恋愛シミュレーションが発売されていましたが

最近では、それくらいでしょうかね。

 

 

そんな今回の、物まねタレントで格闘ゲームを作る不思議  それでも意外と面白い

松村邦洋伝の感想です。

 

 

 

松村邦洋伝とはどんなレトロゲーム

 

この松村邦洋伝ですが

1994年にショウエイシステムから発売された

スーパーファミコン専用の格闘ゲーム作品でした。

 

ゲームのあらすじは

物まねタレントの異端児「松村邦洋」を操りまして

 

自分の主演の格闘ゲームを発売してもらう為に

ゲームメーカーへと大冒険に出かけるのだが…。

 

こんなあらすじでした。

 

主人公の松村邦洋さんを操りまして

 

旅路を邪魔する

各ジャンルの最強キャラクターを倒しながら

 

史上最強の社長に挑むのが目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな格闘ゲーム

 

似たタイプのゲームで言いますと

ストリートファイター2」に似ていましたね。

(松村さんの道着が、まんまリュウと 同じでした)

 

 

ゲームの流れとしましては

 

主演ゲームを発売してもらう為にメーカーを目指す 

 

喧嘩最強のヤンキーが襲ってくる 

 

撃退する 喧嘩最強になる 

 

お腹が空いたので、中華を食べに行く 

 

カンフー最強の達人が襲ってくる 

 

撃退する カンフー最強になる 

 

食い逃げで捕まる 

 

刑務所最強のプロレスラーが襲ってくる  

 

撃退する プロレスラー最強になる…。 

 

こんな感じで

最初は普通の芸能人だった松村さんが

名実共に最強になって行く作品でした。

 

 

キャラクターの顔が

写真を張り付けたような、リアルな人の顔ですので

 

キャラクターは小さいのに

戦っている感は半端ないというのも凄かったですね。

 

なんでも

ゲーム雑誌とラジオのリスナーの中から選ばれた

精鋭キャラクターだそうですので。

 

今の時代に

自分がガンガン殴られていると思うと

嬉しい反面、もう勘弁してという感覚にもなるでしょうね。

 

 

そんな、バカゲー風なのかなと思ってプレイしてみると

意外と癖になる名作格闘ゲームなのでした。

 

 

 

松村邦洋伝の感想でもあり レビューでもあり

 

[格闘ゲーム界の異端児がここにあった]

 

このゲームですが

他の格闘ゲームと比べると、かなり異質なシステムでした。

 

 

ラインを超えて必殺技をかわすことが出来る

 

今までの必殺技の扱いとしては

 

ガードをしてやり過ごすか

 

ジャンプで避けるか

 

こちらも必殺技を撃ってかき消すか

 

こんなバリエーションがありました。

 

このゲームでは

そんな面倒臭いのを全て取っ払って

ラインを移動してかわすことが出来ます。

 

ボタン1つでラインを颯爽と移動できますので

かなり楽でしたね。

 

 

ガードが無いというシステム

 

まさかのガードがありません。

 

つまり、下手をしたら

そのままボコボコに殴られて

そのまま負ける事も、しばしばありました。

 

ガードが無いという事は

待ち戦法が通用しませんので

どんどん試合が進んで行くのが最高でしたね。

 

「バウバウ」という

一定時間無敵になれる技があるのですが

このバウバウが、ガードの役目を果たしていました。

 

しかし、バウバウは隙が大きいので

 

「あ!バウバウだ。バウバウが終わった瞬間に顔面パンチ!!」

 

「バウバウが終わった瞬間に、顔面キック!!」こんな感じで

無敵になれるのだけど、大きな隙もある。

 

こんなバランスも絶妙で良かったですね。

 

 

「ピロピロ」という、ジュースを飲む回復システム

 

おもむろに

ポケットからジュースを取り出しまして

相手の攻撃中に飲みます。

 

ジュースを飲むことで

ライフがどんどん回復していきます。

 

このピロピロは、無制限なので

上級者の戦いになると、いかにピロピロするのかが重要になるそうです。

 

回復できるのだから、試合が長引くのでは?と思ったのですが

絶妙な回復量と

ピロピロの間に攻撃を食らうと、ガッツリ大ダメージを受けますので

 

どのタイミングで使用するのかが重要でしたね。

 

 

こんな斬新なシステムを

これでもかと盛り込んだのに

「キャラクターゲーム」と言うジャンルに

ひとくくりにされたのは残念でしたね。

 

松村邦洋さんのファンのみならず

格闘ゲーム好きにも遊んでほしい作品でした。

 

 

 

松村邦洋伝のまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

トーリーのハチャメチャ感が最高ですので

バカゲーとしても充分満足できると思います

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

格闘ゲームなのに

ライフを回復する手段があるのは衝撃的でしたね

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

この松村邦洋伝ですが

「超クソゲー」という本で紹介されていたのを読んで

思わず購入してしまった作品でした。

 

その本の内容にも負けないくらいの

圧倒的な面白さでしたので

興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか

 

 

実写取り込みのキャラクターを

 

ボコボコにする快感は是非とも体験して欲しい!!

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

格闘ゲーム界の異端児をあなたに

松村邦洋

 

それこそが、今急いで完品で2000円で買う理由です

 

こちらから購入できます