読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

クオンパ サイコロを転がすだけのゲームが面白いの? めちゃくちゃ面白い!!

サイコロを転がして パネルを消すだけなのに 面白い!!

 

[盛り上がるのかと言われれば 微妙 面白いのかと聞かれれば めちゃくちゃ面白い]

[クオンパ  T&Eソフト  スーパーファミコン]

1996年発売  ジャンル パズルゲーム  参考価格540円

 

記事のネタバレ度  普通

攻略に必要なプレイ時間  3時間

このゲームに対する世間の評価  サイコロが主人公のゲームって珍しい

どんな人におすすめ? 特殊なパズルゲームが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

ジョジョの4部がアニメ化するそうで

いまからとても楽しみです。

 

今までは、バトルがメインの漫画だったのに

4部からは、日常的な恐怖にバトルを絡めて描いていましたので

かなり面白いシリーズでしたよね。

 

そんな中でも大好きな話が

岸辺露伴先生」と主人公が

サイコロのギャンブルをする話が好きでした。

 

仲間をサイコロに変身させて、イカサマを企てるのだけど

途中で失敗して、逃げる様に帰っていく。

 

こんなギャグ満載の話が好きでした。

 

おそらく、アニメ化したらカットされるのでしょうが

あのエピソードを、ぜひアニメでみたいですね…。

 

 

そんな今回の、サイコロが主人公の 摩訶不思議なパズルゲーム

クオンパの感想です。

 

 

 

クオンパとはどんなレトロゲーム

 

このクオンパですが

1996年にT&Eソフトから発売された

スーパーファミコン用のパズルゲームでした。

 

T&Eソフトというメーカーは

「遥かなるオーガスタ」や「ペプルビーチの波濤(はとう)」などの

ゴルフゲームで有名な、渋いゲームメーカーでした。

 

そんなメーカーから発売された、渋いパズルゲーム

今回の「クオンパ」でしたね。

 

 

そんなゲームの目的は

カラフルなサイコロを操作して

フィールドに設定されている、カラフルなマスを消していくのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなパズルゲーム

似たタイプのゲームで言いますと、「I.Q」などが似ていましたね。

 

主人公はカラフルなサイコロです。

 

「レッド」「グリーン」「パープル」

「イエロー」「ブルー」「水色」こんな6色のサイコロを操りまして、

 

赤のマスには、レッドの面が上に来るように

 

緑のマスには、グリーンの面が上に来るように

 

こんな感じで、全てのマスを消してくのが目的でした。

 

 

ステージには

ライフポイントと呼ばれる、ピカピカ光っているマスが出現します。

 

このライフポイントを、どうやって消していくのか?

こんなシンプルな作品でしたね。

 

 

 

クオンパの感想でもあり レビューでもあり

 

[ゲームのルールを教えてくれるのは良かったです]

 

昔のゲームと言うのは

「説明書にストーリもルールも書きました」

 

「中古で買ったから、ルールが分からない? そっちが悪い!!」

こんなスパルタ教育でした。

 

しかし、時代が流れて

「そんなに、厳しくしないでも良かったかな…」こんな風潮になってきましたので。

 

このクオンパというゲームでは

ゲームのルールから

ちょっとした攻略方法まで

ゲーム内でレクチャーしてくれますので

説明書が無くても、満足に楽しめる様になっていました。

 

 

基本的な技として

カタカナの「コの字」の様に、サイコロを動かすことで

色の面を動かすこと無く、マスを消せるなど

かなり、重要な攻略方法を最初から教えてくれましたので

直ぐに、ゲームの世界に入っていく事が出来ました。

 

パズルゲームというのは

基本ルールを覚えるまでが大変でしたので

直ぐにでも、完璧な状態で始める事が出来たのは最高でしたね。

 

 

ルールがシンプルなだけに

本来ならば、攻略方法を探すのが楽しみだとは思うのですが。

 

このゲームでは

いきなり、攻略方法を教えてくれますので

その部分に関していえば、物足りなかったかも知れませんね。

 

ですので、簡単なパズルゲームをお求めなら

最高にお勧めなのでした。

 

 

 

[シンプルなゲームの中にある意地]

 

このゲームですが、かなりシンプルなゲームでした。

 

なにせ、サイコロになってコロコロと転がりながら

マスを消して行くだけのゲームですからね。

 

「そんなゲームが、本当に面白いの?」と思います。

 

しかし、このシンプルなルールの中にある

最後の意地が、ゲームを最高に面白くしてくれました。

 

実は、このゲームでは

ライフポイントを簡単に消されない様に

下からカラフルなマスが、「にょきにょき生えてくる」様になっていました。

 

今までは、どんな色でも進める道だったのに

突然、黄色のマスがにょきにょき生えてきまして

イエローの面を上に合わせないと、進めなくなります。

 

そこで、あたふたしていると

後ろから、青いマスがにょきにょき生えてきて

更に紫のマスが…みたいな感じで、どんどん行動できる範囲を狭めてきます。

 

ステージには、時間制限がありましたので

時間がギリギリなのに、通行止めのマスがどんどん増えて行く。

 

そして、パニックになって行きます。

 

「ここでコの字に書ければ、ステージをクリアできるぞ」からの

 

「マスがどんどん出現して来て、結局タイムアップになりました…」

 

こんな事態が頻発するのが、本当に面白かったです。

 

このゲームは、セーブ機能が付いていまして

いつでも、好きなステージから再開できましたので

やり直すのには、あまり苦労はありませんでした。

 

ですが、あのパズルゲーム特有の

「もう少しでクリア出来るのに」という悔しさを、相当なものがありましたね…。

 

 

この、お邪魔機能のおかげで

シンプルなルールのゲームでありながら

かなり濃厚なゲームに、変ぼうしていましたので

 

飽きることなく、何十時間でも遊ぶことが出来ました。

 

最初は数時間で飽きるかなと思っていたのに

結果的には、どっぷりとクオンパの世界にはまっていましたね。

 

そんな、シンプルなルールの中にあった

最後の意地が最高でした。

 

 

 

クオンパのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

イケメンや美人が主人公じゃなくても

ゲームは楽しいんだぞと教えてくれます。

 

だってサイコロですからね。

 

人ですらありませんからね。

 

不思議です。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

クリアしているのに

何時間でも繰り返し遊べるのは

名作パズルゲームの最低条件ですよね。

 

そんな条件が、文句無しで搭載されていますので

今の時代に遊んでも、充分楽しめると思います。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが

スーパーファミコンのみならず

プレイステーションでも発売していましたので

興味がある方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

難易度的には

かなりマイルドなパズルゲームでした。

 

しかし、お手軽だけど、何故か無限に遊んでしまう

 

そんな中毒性をお楽しみください。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

盛り上がるゲームなのか? いいえ 

 

面白いのか めちゃくちゃ面白い!!

 

クオンパ

 

それこそが、今急いで540円で買う理由です

 

こちらから購入できます

中古スーパーファミコンソフトクオンパ (PZG) (箱説なし)