読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

リーサルエンフォーサーズ 実写の犯人を撃つのって 意外ときつい

名作 SFC シューティング コナミ 面白さ保証 修正版

ガンシューティングで実写は珍しい

 

[自分の部屋が ゲームセンターに早変わり]

[リーサルエンフォーサーズ  コナミ  スーパーファミコン]

1993年発売  ジャンル ガンシューティング  参考価格330円

 

記事のネタバレ度 普通

攻略に必要なプレイ時間  1時間

このゲームに対する世間の評価  スーパーファミコンガンシューティング!?

どんな人におすすめ?  自分の部屋をゲームセンターにしたい人は最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

ゲームの褒め言葉として

「本物の様なリアルなグラフィック」という言葉があると思います。

 

モンスターハンター4」を初めて遊んだ時は

「ここには本物の人が居るのかな?」というほどの衝撃でしたからね。

 

 

そんな褒め言葉ですが

あまりにもゲームのグラフィックが綺麗すぎて

「気持ち悪くなってしまう場合」もあるんですよね…。

 

 

そんな今回の、実写取り込みの犯人を撃つのは 少しだけ気が引ける

リーサルエンフォーサーズの感想です。

 

 

 

リーサルエンフォーサーズとはどんなレトロゲーム

 

このリーサルエンフォーサーズですが

1993年にコナミから発売された

スーパーファミコン用のガンシューティング作品でした。

 

この作品は

アーケードゲームからの移植作品で

ガン型の専用コントローラーを使用して

画面のテロリスト集団を撃っていく、体感型シューティング作品でした。

 

ゲームの目的は

新米の警察官となり

各地で起こっている事件を解決していくのが目的です。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな体感型のシューティングで

 

似たタイプのゲームで言いますと

バーチャコップ」や「ハウスオブザデッド」と同じシステムでした。

 

リボルバー式のコントローラーを使用して

ゲームセンターの様に遊ぶことも出来ましたし。

 

スーパーファミコンのコントローラーを

カーソルを頼りにプレイしたりも出来ました。

 

今までの

「専用コントローラーが無ければプレイ出来ない」という作品では

ありませんでした。

 

レトロゲームあるあるの

「ゲームソフトを持っていても、専用コントローラーが高くて買えない」

という事もありませんので。

 

スーパーファミコンでも、こんな凄い作品を味わうことが出来たんだ…」

と感動できる作品なのでした。

 

 

 

リーサルエンフォーサーズの感想でもあり レビューでもあり

 

[実写のガンシューティングって 意外と珍しい]

 

このゲームですが、テロリストが襲ってきます。

 

他のゲームで言いますと

 

ディノクライシスだと恐竜ですし

 

ハウスオブザデッドだと、ゾンビが襲ってきます。

 

バーチャコップでも、テロリスト集団が襲ってきましたね。

 

 

そんな、ゲームの主役である

襲ってくる敵キャラクターなのですが

 

他のゲームでは

ポリゴンで表現された

「いかにもゲームのキャラ」といった敵でしたので

それほど、バイオレンスを感じる事はありませんでした。

 

しかし、今作のリーサルエンフォーサーズでは

全てが実写で表現されています。

 

実写と言っても

写真を引き伸ばした様な

ピンぼけた感じでは有ったのですが。

 

本物の様な

実写の犯人が撃ってきますので

かなりの臨場感を味わうことができました。

 

本物の犯人に撃たれるという怖さと

本物の犯人を撃つという

何とも言えないざわざわ感が

このゲームの醍醐味でしたね。

 

 

今作では

犯人を撃っても、点滅して消えるだけなのですが

 

アーケード版では

「痛がって消える」そうなので

その部分は、子供たちに配慮しての事だったのでしょうかね。

 

本物の人を撃って

痛がって消えていくゲームを

子供たちに遊ばせるにはいきませんからね。

 

なんでも、続編では流血もするそうなので

バイオレンスなゲームが好きな人にとっては

最高のゲームだったのかも知れませんね。

 

そんな、有りそうで無かったガンシューティングなのでした。

 

 

 

[遊んだ後には 腕が悲鳴を上げる]

 

このゲームですが、かなり難易度が高い作品でした。

 

最初のステージから、敵の数が異常に多いですし

 

端っこと端っこに敵を配置して

両方を撃つのが物凄く大変だったりしますので

ゲームの難易度がかなり高めでした。

 

そして、このゲームをプレイしていて最も困るのが

カーソルの動きが遅いという事でした。

 

本来ならば

専用のコントローラーを使用して遊ぶので

敵の距離がどんなに離れていようとも

即座に撃つことが出来るのですが。

 

スーパーファミコンのコントローラーで遊ぶと

十字キーを、おもいっきり押して移動させなければ間に合いません。

 

そして、これが本当にしんどいです。

 

このゲームは、コンテニューの回数が決められていましたので

とにかくライフを減らすわけにはいきませんでした。

 

 

更に困ったのが

ステージが、かなり長めに設定されていました。

 

ステージが長めに設定されているのに

ステージの総数が5ステージも有りましたので、

エンディング画面を見る為には

1時間、常に十字キーを押しっぱなしでした。

 

 

敵が左に出現したら、おもいっきり十字キーを左に押しますし

 

敵が右上に出現したら、おもいっきり十字キーを右上に押します

 

この理不尽な程の

行ったり来たりは本当にしんどくて

ゲームが終わった後には、腕が猛烈に痛くなっていましたね。

 

 

今考えてみると

100円で1時間遊べるアーケードゲームだという事は

「相当凄いな」と思うと共に

「だから、異常に難しく設定されていたんだな」とも思いました。

 

他のアーケードゲーム

30分ほどで終わりますので

この作品が、いかに太っ腹だったのかを思ったのでした。

 

 

 

リーサルエンフォーサーズのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

実写の犯人を撃てる

イカレタゲームは数少ないですからね

 

この機会に遊んでみてはいかがでしょうか。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

ステージが長めに設定されていましたので

「濃密に遊んだ感」は最高でしたね。

 

ゲームのボリューム感があるという事は

プレイヤーの為を思っているという事です。

 

しかし、十字キーを押すのはかなり辛いので

専用コントローラーを買うのが正解なのでしょうね。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

ストレスが溜まっている人にとっては

実写の人を撃つのが、最高の快感になるのかも知れません。

 

このリーサルエンフォーサーズという作品は

スーパーファミコンのみならず

プレイステーションでも楽しむことが出来ましたので

 

バイオレンス満載のガンシューティングを楽しみたい方は

チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

プレイステーション版は

リーサルエンフォーサー

リーサルエンフォーサーズ2の豪華二本立てだそうなので

この機会にどうぞ。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

実写の犯人を撃てるゲームって 相当珍しい

リーサルエンフォーサー

 

それこそが、今急いで330円で買う理由です

 

こちらから購入できます