読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

2020年・スーパーベースボール 三振をとったら10万円 ホームランを打ったら40万円

お金で能力をパワーアップさせる 危ないゲーム

 

f:id:retogenofu:20170313195335j:plain

[三振を取れば10万円 ホームランを打てば40万円 素晴らしい世界]

[2020年・スーパーベースボール  KAC  スーパーファミコン]

1993年発売  ジャンル スポーツゲーム  参考価格570円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  1時間

このゲームに対する世間の評価  2020年がもう少しですからね 凄いね

どんな人におすすめ?  アクションゲームと野球ゲームが好きなら最高です

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

最近では、

実際の野球でもビデオ判定が導入されています。

 

今までの

曖昧な判定で試合が中断して、試合が止まってしまうなら

ビデオ判定を導入して、白黒はっきりさせましょう。

 

こんな感じでしょうかね。

 

 

そんなビデオ判定と言えば

昔は、野球ゲームの醍醐味だったと思います。

 

アウトかセーフかのタイミングを

綺麗なグラフィックで表現してくれるのが、とにかく最高でした。

 

 

そんなビデオ判定が

実際の野球でも、主流になりつつあるのですから

時代が、未来に近づいているのだなと思います。

 

 

そんな今回の、いつかこんな日が来るのかも知れないな

2020年・スーパーベースボールの感想です。

 

 

 

2020年・スーパーベースボールとはどんなレトロゲーム

 

この2020年・スーパーベースボールですが

1993年に、ケイ・アミューズメント・リースから発売された

スーパーファミコン用の、野球ゲームでした。

 

 

ゲームの目的は

 

選手の能力を上げるアーマーの装着あり

 

人間では出すことが出来ない、

超人的な能力を持った、スーパーロボットを使用するのもあり

 

観客席の上には、強化ガラスが張られており

自分の頭の上をボールが通過するのが観られる。

 

これぞ未来の野球といった

スーパーベースボール」を楽しむのが目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな野球ゲームで

 

似たタイプのゲームで言いますと

ファミスタシリーズ」や「ハリキリスタジアム」に似ていました。

 

得意分野が違う

12球団から好きな球団を選びまして

15試合のリーグ戦を戦っていくシステムでした。

 

 

この作品は、アーケードからの移植だそうですが

アーケードにも負けないくらいの、ド迫力を楽しむことができました。

 

スーパーファミコンでも、こんなに表現できるんだぞ」

こんな凄さがありました。

 

ですので、個性的な野球ゲームが好きなら

大満足間違いなしの作品でしたね。

 

 

 

2020年・スーパーベースボールの感想でもあり レビューでもあり

 

[プレイに応じて賞金が出るのは熱い]

 

このゲームですが

基本的には、ルールが少し変わっただけのファミスタだと思います。

 

それならば、ファミスタを遊べば良いのでは?と思いますよね。

 

このスーパーベースボール

「他の野球ゲームと比べて、どこが面白いのか」と言いますと

 

ズバリ、自分のプレイに対して賞金が出る事です。

 

 

例えば、三振を取ったとします

これだけで、1000ドル貰えます。

 

例えば、ホームランを打ったとします

これだけで、4000ドル貰えます。

 

例えば、フライをキャッチします

これだけで、800ドル貰えます。

 

例えば、フライをキャッチします

普通にキャッチするのはつまらないので

あえてジャンプして、ド派手にキャッチします

これだけで、1000ドルにアップします。

 

観ている人も思うのでしょうね

「あのプレイ最高だったね、200ドルおまけであげちゃおう」と。

 

 

今までの野球ゲームであれば

「三振とったね、おめでとう」位の感じでしたが。

 

今作では

「三振取ったね、やったぜ10万円!!」と喜ぶことが出来るという訳です。

 

 

お金の為に頑張るのは

人間の本質だと思いますので

ニヤニヤしながら遊んでしまうこと間違いなしの作品でしたね。

 

 

 

[貯めたお金で選手を強化しよう]

 

このゲームの面白い所は

 

貯めたお金が、

スコアアタックの為に存在するのではなく

 

選手を強化する為に存在していることです。

 

 

最初は、至って普通の野球ゲームとして始まります。

 

投げて、打って、守って、走って、こんな感じの真面目な野球ゲームです。

 

しかし、イニングが進む事に

両チームにおこずかいが貯まって行きます。

 

こちらは150万円、あちらは250万円

こんな感じで貯まっています。

 

ここからが、スーパーベースボールの見せ所です。

 

今まではお金が無かったので、何もできませんでした。

 

しかし、今の自分たちには

150万円という大金があります。

 

この大金を使用して

自分の選手に強化アーマーを買ってあげる訳です。

 

この強化アーマーには、ランク分けがされていまして

 

ランクA20万円  パワー16%アップ

 

ランクB50万円  パワー27%アップ

 

ランクC100万円 パワー45%アップ

 

こんな感じで、お金によって能力の上がり方が全然違いました。

 

 

100万払った瞬間に

とんでもないスラッガーが誕生する訳ですから

相手チームは、ガクガク震える事間違いなしという事です。

 

ピッチャーにも

強化アーマーをつける事ができますので

今までは150キロそこそこのピッチャーだったのに。

 

200万円という大金を払う事で

270キロもの剛速球を投げる、偉大なエースに進化することが出来ました。

 

 

もっと凄いのが、スーパーロボットを雇うという

もはや人間は要らないのでは?という豪快さも素晴らしかったです。

 

打って良し

守って良し

走って良し

こんな、全てにおいて完璧なロボットですが

 

時間が経つと、エネルギーがショートしてきまして

最後には壊れてしまいます。

 

300万円払って購入したロボットが

段々ボロボロになって行くのは、悲しいものがありましたね。

 

 

稼いだお金は、次の試合には持ち越せませんので

その試合で使い切らなければ、すべてが無駄になってしまいます。

 

なので、最後の方は

みんな超人的な選手ばかりになったのは面白かったです。

 

 

ドーピングで強くなるのはダメだけど

お金を払って、筋肉変わりの強化アーマーを使うのは問題なし。

 

こんな、未来の野球はこうなるのではと思ってしまう

名作なのでした。

 

 

 

2020年・スーパーベースボールのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

2020年という少し先の未来

 

もしかしたら、こんな世界になるのかも知れない

 

こんなワクワクをお楽しみください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

このゲームですが

ゲームジャンルで言えば、バカゲーの部類に入ると思います。

 

相手に、剛速球をぶつけて病院送りにしたり

 

相手のロボットに、スタミナを消費させて、早めに壊したり

 

かなり、バイオレンスな部分も多かったと思います。

 

そんな、個性的な作品が好きな人は

この機会に、チェックしてみては如何でしょうか。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

こんなにも個性的なファミスタがあった事を 忘れないでほしい

 

ロボットを早めに壊すのが吉

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

三振をとったら10万円 ホームランを打ったら40万円

2020年・スーパーベースボール

 

それこそが、今急いで570円で買う理由です

 

こちらから購入できます