読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ファミリーボクシング 強敵に立ち向かって行く  そんなRPGの流れが最高 やりこみボクシングゲームの決定版

やりこみRPGにも似た、熱中度は  流石です

 

f:id:retogenofu:20170307001009j:plain

[強敵に立ち向かって行く  そんなRPGの流れが最高]

[ファミリーボクシング  ナムコ  ファミコン]

1987年発売  ジャンル ボクシング  参考価格250円

 

記事のネタバレ度  普通  

攻略に必要なプレイ時間  3時間

このゲームに対する世間の評価  やりこみ要素は最高です

どんな人におすすめ?  ボクシングが好きで RPG的なノリが好きならおすすめ

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

大きな敵に立ち向かって行く作品というのは

最高ですよね。

 

自分の力の無さを感じる事で

どんなに辛い修行にも耐える事が出来るという事です。

 

 

そんな今回の、最強のボクサーを目指して 必死に頑張ることが出来る

ファミリーボクシングの感想です。

 

 

 

ファミリーボクシングとはどんなレトロゲーム

 

このファミリーボクシングですが

1987年にナムコから発売された

ファミコン専用のボクシングゲームでした。

 

 

ファミリースタジアム

ファミリージョッキーに次ぐ、

ファミリーシリーズで

 

家庭でお手軽にボクシングゲームを楽しめる作品でした。

 

 

ゲームの目的は

 

名も無きボクサーとなり

新人から日本チャンピオンへと上り詰めて

最後にはワールドチャンピオンになるというゲームでした。

 

 

ゲームのシステムは

シンプルなボクシングゲームで

 

パンチとガードを上手く使用しながら

相手をノックダウンさせていく

 

オーソドックスなボクシングゲームでした。

 

 

ジャブやストレート

 

フックにアッパー

 

ボディーブロー

 

こんなバリエーション豊富なパンチが

十字キーとボタン一つで繰り出せるので

 

自分で相手を殴っている爽快感がとても良く

「これぞボクシングゲームのお手本」と言った素晴らしさでしたね。

 

 

相手もプロのボクサーですから、勿論殴り返してきます。

 

そんな時でも焦ることなく

ガードボタンを押すことによって

後ろに避けたり、しゃがんで避けたりしてくれますので

 

ただのシンプルな殴りあいにはならずに

戦力的なボクシングゲームとしても、奥深く楽しむことが出来ました。

 

 

このゲームの特長としましては

パラメーターを割り振って、好きなボクサーに変化させることが出来ました。

 

パンチ力だけは最強のボクサー

 

スピードだけは最強のボクサー

 

どんなに打たれても一切倒れない頑丈なボクサー

 

こんな感じで

自分の好きな様にパラメーターを振るのも最高でした。

 

 

最初は弱かったボクサーが、最後は世界最強になって行く

 

そんな熱い世界が

このゲーム、ファミリーボクシングにはありましたね。

 

 

 

ファミリーボクシングの感想でもあり レビューでもあり

 

[強敵を最初に見せられた方が 圧倒的に燃える]

 

私が大好きな展開は

 

最初に物凄く強い敵が現れて

 

主人公たちが、なすすべもなくボコボコにされて

 

その最強の敵に追いつくために、日夜努力をしていく

 

こんな展開が最高に好きでした。

 

「こんな凶悪な敵を本当に倒せるのだろうか…」という流れから

物語が進んで行くのが本当に好きでした。

 

ゲームで言いますと、「メタルマックス2」なんかがそうでしたね。

 

自分の街に最強の賞金首が現れて

壊滅させていくのを、ただ見ている事しか出来なかったのに

 

物語の後半では、いい勝負が出来るようになっていく…みたいな感じです。

 

そんな燃えるような展開が

このファミリーボクシングにはありました。

 

 

このゲームは、普通に進めて行くだけでは

絶対にチャンピオンになれない様になっています。

 

いくらボクシングゲームの達人だろうが

99%無理でしょうね。

 

といいますのも

このゲームには、レベルアップのシステムが取り入れられていました。

 

いわば、レベル50のボクサーには

どんなに頑張っても、レベル1のボクサーは勝てないという事です。

 

 

ではどうやって、レベルを上げて行くのかと言いますと

トレーニングモードという

ひたすらレベルアップに励むモードがあったんです。

 

私も最初は思っていました。

 

「言っても、ボクシングゲームだから、勝てるのでは?」と。

 

「ボクシングゲームのテクニックがあれば、レベルなんてどうにでもなるのでは?」と。

 

しかしどうでしょうか

世界ランカーと戦った時には、パンチ数発でノックアウトされてしまいます。

(このゲームでは、いきなりチャンピオンに挑むことも出来ます。)

 

こちらが何十発パンチを当てようとも

いっさいびくともしないのに

 

向こうのパンチを数発、

いや下手したら一撃で終ってしまう時もありました。

 

つまり、圧倒的な戦力の差を、まざまざと見せつけてくれます。

 

 

そんな世界を、早めに見ておくことで

トレーニングモードを何十倍も楽しめるという事です。

 

 

さっきまでは手も足も出なかったのに

トレーニングモードを繰り返すことによって、

ダメージを与えるくらいまでは行ける

 

そんな繰り返しこそが

ファミリーボクシングのセールスポイントなのでした。

 

 

 

[試合後半の盛り上がり方は ストレス解消間違いなし]

 

このゲームですが、体力ゲージがありました。

 

そんなのは、普通のボクシングゲームでもあるのでは?とお思いでしょうが

 

このゲームの体力ゲージは

体力の役割の他にも、スタミナの役割も同時にありました。

 

最初は、自分も相手も動きがキレッキレです。

「どんなパンチでも避けてやるぜ!!」こんな感じです。

 

なので、ほとんどのパンチは、ガードされたり避けられたりします。

 

しかし、そんなスタミナも、

試合の経過によって徐々に減っていきます。

 

するとですね、

今まではどんなパンチでも避けていた相手に

だんだんパンチが当たる様になって行きます。

 

 

そうなってからが

このゲーム、ファミリーボクシングの最大の見せ場です。

 

相手を殴って、殴って、殴りまくりです。

 

もう今まで華麗に避けられていた分まで

一気に攻め込みます。

 

そして、最高のタイミングでパンチが当たると

相手はリングの外まで吹っ飛んでいきます。

 

相手をリングの外まで吹っ飛ばすと

どんなに体力ゲージが残っていても、その試合に勝つことが出来ますので

ド派手な見た目と、一発逆転の意味を込めて

画面に吹っ飛ばしたくなります。

 

 

前半は戦略が重要なボクシングゲーム

 

後半はやるかやられるかのボクシングゲーム

 

こんな、相手を吹っ飛ばして、ストレスも一緒に吹っ飛ばせる

画期的な作品でもありましたね。

 

 

 

ファミリーボクシングのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ボクシングゲームでありながら

RPGの様な展開も素晴らしい

 

そんな、初期の名作ボクシングゲームを体験してください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

私はパワーのパラメーターを上げまくって

ハードパンチャーのボクサーで進んで行きましたが

 

このゲームでは、

ボクサーのパラメーターは

試合が終わるごとに1から振り分けられるので

 

時にはスピードキャラ

時には頑丈なキャラで遊ぶのも最高でしたね。

 

育成して

 

ポイントを割り振って

 

返り討ちに合う

 

そしてまた、育成に励む

 

ああ楽しい…。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

いつでも好きなタイプのボクサーになれる 

 

しかも極端なボクサーに

 

目指せ世界最強のボクサー!!

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました。

 

ファミコン屈指のアクションゲームといっても過言ではない 

ファミリーボクシング

 

それこそが、今急いで250円で買う理由です

 

こちらから購入できます

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 FC ファミリーボクシング (ソフト単品)
価格:300円(税込、送料別) (2017/3/7時点)