モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

エスパークスとはどんなゲーム 現在、過去、未来を冒険していく名作ARPG

現在、過去、未来を冒険する 壮大なアクションRPG

 

f:id:retogenofu:20170110153030j:plain

[タイムマシンに乗って世界を救え  そんな名作アクションRPG] 

[エスパークス 異時空からの来訪者   トミー  スーパーファミコン]

1995年発売  ジャンル アクションRPG  参考価格4980円

 

記事のネタバレ度 高め  

攻略に必要なプレイ時間  10時間

このゲームに対する世間の評価  もう少し早く発売していれば、大ヒットしたかも?

どんな人におすすめ?  エスパークスを集めていた人は絶対に遊ぶべき

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

誰もが欲しいタイムマシン

 

タイムマシンを、大冒険の道具にしたとしたら…。

 

そんな、子供のみならず、大人になってもわくわくする

夢が沢山詰まっている作品。

 

 

そんな今回の、文房具から飛び出した 名作アクションRPG

エスパークスの感想です(*’▽’)

 

 

 

エスパークスとはどんなレトロゲーム

 

このエスパークス 異時空からの来訪者ですが

1995年に、トミーから発売された

スーパーファミコン用のアクションRPGでした。

 

エスパークスという作品は

文房具に漫画を載せるという斬新なアイディアが受けて

大ヒットした作品でした。

 

「ノート」や「筆箱」に漫画を載せることによって

授業中でも堂々と漫画が読めるという、ぶっ壊れたアイディアが

子供たちの心に火を付けまして

エスパークスブームが起こったそうです。

 

そんなエスパークス

ゲーム業界に殴り込んできたのが、今回の作品という訳ですね。

 

 

ゲームの物語は

世界を滅ぼす為に襲来した生物と、時空を越えながら戦っていく

ファンタジーとSFが融合した作品でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションRPGのシステムで

似たタイプのゲームで言いますと

ゼルダの伝説」や「聖剣伝説」に似たシステムでしたね。

 

このゲームの凄い所は

次の展開が全く読めないという所でした。

 

「この展開って事は、次はこうなるよね?」なんて感じでしたが

 

「え!こんな展開に発展するの?」なんて期待を裏切ってくれまして

 

次の展開にハラハラドキドキできる作品でした。

 

 

イベントシーンを進める為に

フィールドで敵と戦いながら、レベルアップや装備を強化していく。

 

そんな、「聖剣伝説2の後に続け」といった感じが

逆にすがすがしさを感じさせてくれる

名作アクションRPGなのでした。

 

 

 

エスパークスの感想でもあり レビューでもあり

 

[シンプルなアクションRPGが好きならお勧め]

 

このエスパークスというゲームは

ストーリーを楽しんでもらう為なのか

結構シンプルなゲーム性でした。

 

レベルアップをして

 

強力な武器や防具を装備して

 

深いダンジョンへと冒険に行く…。

 

こんなシンプルなゲームでした。

 

 

そんなシンプルなゲームなのに

ドンドン先に進みたくなる魅力がありましたね。

 

というのも、二転三転するゲームの展開が面白いので

次の展開を見たいが為に、熱中してしまうんですよね。

 

 

複雑なシステムの方が

「ゲームを遊んでいる」という満足感が得られると思います。

ゼルダの伝説なんかは、まさに難しいゲームの王道でした。)

 

しかし、そんな時代に

あえてシンプルなゲームとして発売されたからこそ

ストーリーに集中出来て、素晴らしかったのではないでしょうか。

 

 

これで謎解きがゼルダ並みに難しかったとしたら

購買層である、小学生には受け入れられなかったかも知れません。

 

謎解きを楽しみたい人には

物足りないかも知れませんが

 

ストーリーを楽しみたい人には

最高なのではないでしょうか。

 

 

 

[ゲームの難易度はかなりきつい]

 

このゲームですが

他のアクションRPGと比べ物にならない程

 

圧倒的に難しいゲームです。

 

 

なにが難しいって

 

敵の強さが明らかにおかしいんですよね。

 

主人公なのに、敵に4発殴られただけで…直ぐに死にます。

 

 

なので、自分の役目としては

 

仲間にボスを攻撃させる

 

自分は仲間に、回復アイテムを食べさせる

 

攻撃なんて殆どしない

 

こんなゲームに自然となっていきます。

 

レベルの差があれば

自分から殴りに行ってもいいのですが。

 

いかんせん、敵の方が圧倒的に強いので

安全な後方から

「仲間達におにぎりを投げつける」というゲームになってしまうんですよね。

 

ゲームの製作者も思ったのでしょうね

「謎解きをシンプルにするのはいいとして、これだけでは物足りないだろうな」

 

「そうだ!敵を物凄く強くして、戦闘の緊張感を最高にしよう!!」と。

 

その結果が、大半をレベルアップの作業に専念する

なんとも残念な出来になってしまったのかも知れません。

 

 

ストーリーが最高だったのだから

戦闘のバランスをきつめにしなくても、充分満足だったのですがね。

 

そんな、古き良きゲームの難易度に

「だから、あんまりヒットしなかったのかな…」と残念に思うのでした。

 

この部分さえ我慢できれば

結構な名作アクションRPGとして楽しめるのですから

「戦闘のバランスと言うのは本当に難しいな」と改めて思わされましたね。

 

 

 

エスパークスのブームが終わった理由

 

このエスパークス

圧倒的な大人気シリーズだったのに

突如として、終わらなければいけなかったそうです。

 

その理由が、「保護者からの反発」だったのだとか。

 

「なんで、ノートに漫画がついているのか!!」

「こんなの漫画と変わらないだろう!!」なんて

まっとうな意見だったと思います。

 

しかし親の本心では

「ほかのノートの値段よりも、高いのが納得いかない!!」という

今だからこそ分かる、オトナの意見だったのでしょうね。

 

そんな理由から、エスパークスのブームは

強制的に消されたそうです。

 

 

 

エスパークスのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

エスパークスのイメージで言いますと

少し上の世代の文房具というイメージでした。

 

私の頃で言いますと

ドラクエのバトル鉛筆」が流行っていましたので。

エスパークスにはピンとは来てはいなかったのですが。

 

それでも充分楽しめたのですから

ドンピシャの世代にとっては、神ゲーになるかもしれませんね。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

戦闘のバランスが極悪だという事は

真剣に遊ばなくてはいけません。

 

あのヒリヒリとした緊張感は

他のゲームにも負けないくらいの魅力がありますので。

 

死と隣り合わせの緊張感をお楽しみください。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このエスパークスですが

初めてプレイしたころは、あまりピンと来ていませんでした。

「こんな感じなのかな…」くらいでした。

 

しかし、数々のアクションRPGに触れてからプレイしてみると

「意外と好きかも…」なんて、シンプルで面白いゲームだったんですよね。

 

残念ながら、キャラクター版権物なので

バーチャルコンソールでは配信されていません。

 

だったら実機で遊ぶのが正解ですよね

 

ストーリーが最高なので

是非ともお楽しみください。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

我こそはアクションRPGマニアという方にこそお勧めしたい

それこそが、今急いで4980円で買う理由です

 

こちらから購入できます