モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

エストポリス伝記2とはどんなゲーム 二回クリアして全ての辻褄が合う

エンディング画面の直後には、初めからまたプレイしていました…。

 

f:id:retogenofu:20150626022715j:plain

[出来ることなら、記憶を消してもう一度あの世界に行きたい] 参考価格1800円

[エストポリス伝記2 タイトー]

1995年発売 ジャンル RPG

 

 

こんなに面白いゲームなら、前置きはいりませんね。

 

そんな今回の、

出会えた事に心から感謝する

エストポリス伝記2の感想です(*’▽’)

 

 

 

エストポリス伝記2ってどんなゲーム

 

 

このエストポリス伝記2ですが、

1995年にタイトーから発売されたRPGで、

前作のエストポリス伝記の主人公は、

このエストポリス伝記2の子孫という設定でした。

 

つまり、ドラゴンクエスト3の様な感じでしたね。

 

このエストポリス伝記という作品は、

普通の人間と強大な能力を持つ神々との戦いを濃厚に描いた作品で、

今までの、「悪い事は全てモンスターの責任だ…」という概念を壊した、

一風変わった物語でした。

 

ゲームのシステムは、

オーソドックスなコマンド選択式の戦闘シーンと、

ダンジョンの仕掛けを、自分のアクションで切り抜けていく作品で、

アクション要素とRPGの要素が、上手く融合した作品でしたね。

 

そして、このエストポリス伝記2で忘れてはならないのが、

ゲームの音楽なのではないでしょうか。

 

特に、ボスとの戦いで流れる、壮大な音楽を初めて聴いた瞬間に、

完全にこのゲームの虜になったのを、今でも覚えていますね。

 

「どうして、こんな名作RPGをリアルタイムで購入しなかったのか…」

そんな後悔すら感じてしまうほどの、やらなきゃ死ねない作品なのでした(^◇^)

 

 

 

エストポリス伝記2のここが良いよね

[レアな装備を集めるという、絶対に無くてはならないシステム]

 

このエストポリス伝記2の面白い所は、

装備する武器やアクセサリーによって、

使えるスキルが変わるというシステムでした。

 

装備の能力は弱いのに、スキルは物凄く優秀とか、

装備の能力は最高なのに、スキルが気に入らないとか、

能力最高でスキルも最高など、

全ての装備アイテムに何らかの意味が持たされているんです。

 

そして、このゲームの凄いところは、

ボスがレアなアイテムを沢山持っているという事です。

 

これが、普通のゲームの場合なら、

ランダムに出てくるモンスターが、レアアイテムを持っていることはあります。

 

低確率で落とすアイテムを求めて、何時間も…なんて事が楽しいですよね。

 

しかし、このエストポリス伝記2では、

ボスがレアアイテムを低確率で落とすんです。

 

そして、ボスは一度しか戦えません…。

 

このボスとの粘りこそが、エストポリス伝記2の醍醐味なんです。

 

冒険を進めるのか、

レアアイテムの為にリセットするのか…。

 

こんな、誘惑が毎回襲ってくる訳ですから、

気づいた時には、何十時間も我を忘れて遊んでしまうのでした( `―´)ノ

 

 

[エストポリス伝記2は二回クリアして完結する]

 

このエストポリス伝記2ですが、

イベントシーンのひとつひとつに痺れるんです。

 

何気ないイベントシーンなのに、物凄く笑えたり、

何気ないイベントシーンなのに、物凄く心にグット来たりするんですよね。

 

そして、このエストポリス伝記2の凄いところは、

そんな、何気ないイベントシーンの合間に、

後のイベントに繋がる重要なキーワードを、ほんの少しだけ匂わせておくんです。

 

言葉だけで表現するのでは無く、

台詞の絶妙な間の取り方などで表現するので、

初めてイベントシーンを見たときは、なんて事の無いシーンなのですが、

物語が進んで行く事に、

「あれ、あのシーンって、このイベントの前振りだったの…」

なんて衝撃が、数多く存在するんです。

 

その事に気付いた瞬間に、

エストポリス伝記2に対しての、考え方がガラリと変わりまして、

次に起こるイベントに対する集中力が、格段に上がっていくんです。

「この何気ない台詞も、もしかしたら…」とか、

「このイベントシーンは、なんの意味があるのか…」なんて、

まるで、映画を見ているような感覚になるのが最高でした…。

 

そして、無事に最後のエンディング画面を見終わって、

めでたしめでたし…とはなりません。

 

全てのイベントシーンを、

この完璧に物語を知っている状態で、もう一度体験したいんです。

 

そして、この時ほど、

タイトーさんに感謝した事はありませんでしたね。

なんと、おまけモードとして、

モンスターの経験値とお金が4倍になって、

初めから遊べるモードが出現するんです。

 

つまり、これからは、

レベル上げに時間を取られる事が殆ど無くなり、

ギュッと短く、イベントシーンだけを体験できるという訳ですね。

 

本来なら40時間くらい掛かるゲームが、

15時間くらいで、最後まで体験できるようになるという訳ですね。

 

この、ゲーム製作者の、

「イベントシーンを、もう一度味わって欲しいです…」という優しさこそが、

今でも、スーパーファミコンの名作ランキングには、

必ずランクインしてくる、理由なのかも知れませんね。

 

 

断言します、

このエストポリス伝記2は、二回クリアして完結します。

 

そして、初めてプレイする場合は、

攻略情報を一切読まずに、まっさらな気持ちで体験して欲しいですね。

 

初めて訪れるイベントシーンで何を感じるのか、

全てを知った状態で、見たときに何を感じるのか…。

 

そんな、他のゲームを寄せ付けない、圧倒的なストーリーの流れに、

「記憶を完全に消して、最初からプレイしたい…」と思ったのでした(*´Д`)

 

 

 

エストポリス伝記2の残念なところ

[ダンジョンの謎解きはかなり…意地悪]

 

このエストポリス伝記2ですが、

全てにおいて優秀な作品だと思います。

 

なので、マイナスポイントを探す方が無理な位なのですが、

あえて言うならば、ダンジョンの難解さなのではないでしょうかね。

 

プレイしながら何度も思いました、

「こんな意地悪な仕掛けを…良く考えついたな!!」と。

 

パズルゲームの様な、

真剣に考えなければ到底分からない、複雑な仕掛けも多く、

難解な仕掛けが大好物なら、最高のご褒美なのですが、

難しいゲームが苦手な人にとっては、唯一の残念な所でしたね(;´・ω・)

 

 

 

エストポリス伝記2の効率的な使用方法

 

例えば、あなたの周りで、

推理小説を読んだら、犯人の名前が書いてあった!!」と、

完全にブチ切れた人が居たとします。

 

そんな時に、おもむろに、

エストポリス伝記2を差し出して、プレイさせて下さい。

 

きっと、

「結末が分かっていても、面白い作品はあるんだね…」なんて、

仏の様な表情で大人しくなるでしょうね(/ω\)

 

 

 

エストポリス伝記2のまとめ

 

私がこのゲームを購入した時期は、お盆休みの前でした。

「なにか、面白いゲームが無いのかな…」と探しに行った時でした。

 

その時の印象は、

名前は聞いた事があるけど、

ゲームの内容は、全く知らないゲームといった感じでしたね。

 

しかし、家に帰ってきて、

何気なくプレイして、あまりの面白さにビックリしました。

「こんなに面白いゲームがあったのか!!」なんて。

 

その年のお盆休みは、家に引きこもって、

エストポリス伝記2を、二回クリアしたのを今でも思い出します…。

 

 

あの時、偶然出合わなければ、

今でも未プレイだったかも知れない、

そんな、私のスーパーファミコンベスト3に入る名作ゲーム

エストポリス伝記2の感想でした(*^▽^*)

 

 

今の時代でも、絶対に面白い事を保証します