モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

あやかしの城の感想 3Dダンジョンの楽しさを体験して下さい

3Dダンジョンを知らない ゲームの初心者にこそお勧め

 

f:id:retogenofu:20161202225144j:plain

[忍者1人で少し寂しい…でも頑張る] 

[あやかしの城   セタ   ゲームボーイ]

1990年発売 ジャンル 3DダンジョンRPG  参考価格500円

 

記事のネタバレ度  高め  

攻略に必要なプレイ時間  7-9時間

このゲームに対する世間の評価  このゲームから3Dダンジョンに慣れて行きましょう

どんな人におすすめ?  シンプルなRPGが好きなら最高です 和風だしね

バーチャルコンソールで配信無し

 

 

昔から不思議な現象が起こると

「これは、あやかしの仕業だ!!」なんて

あやかしのせいにされていたそうですが。

 

そもそも、あやかしってなんだろう?と昔から思っていました。

 

なんでも、「あやかし」というのは妖怪の事だそうで

不思議な現象や妖怪をひっくるめて

あやかしというのだそうですね。

 

そんな、あやかしだらけの

恐怖のダンジョンに立ち向かって行く、ゲームがあったんです。

 

 

そんな今回の 3Dダンジョンってなんか難しそう なんて人にこそお勧め

あやかしの城の感想です(*’▽’)

 

 

 

あやかしの城とはどんなレトロゲーム

 

このあやかしの城ですが

1990年にセタから発売された

ゲームボーイ専用のRPG作品でした。

 

ゲームの目的は

主人公忍者「はやぶさ」を操りまして

不気味な3Dのダンジョンを攻略していくのが目的でした。

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな3DダンジョンRPGで

簡単に表すと、和風のウィザードリィというところでしょうか。

 

中世を冒険するのが、ウィザードリィ

日本国内を冒険するのが、あやかしの城ですかね。

 

このあやかしの城は

5つのダンジョンを、順々にクリアしていくタイプのゲームで

「ショップ」や「アイテムドロップ」などの概念などは存在せず

単純にダンジョンRPGライフを楽しむ

シンプルなゲーム性が売りの作品でした。

 

ダンジョンのマップや

自分が装備する武器を

ダンジョン各地で拾っていく、自給自足のシステムだったので。

「魅力的なアイテム集め」という

ウィザードリィRPG最大の売りは楽しめませんが。

 

初めての3DダンジョンRPGならば

このくらいのシンプルな方が逆にいいのかも知れませんね。

 

中古福袋青年向けコミック 300冊セット

 

中古福袋じゃんく アニメDVD 20本セット

 

あやかしの城の感想でもあり レビューでもあり

 

[あやかしの城にあって…ウィザードリィに無いもの]

 

このゲームは

1人で冒険していくウィザードリィです。

もしくは、悪魔を仲間にできない女神転生でしょうか。

 

「だったら、その2作品を遊ぶから間に合っています」とならないのが

このあやかしの城の凄い所です。

 

このあやかしの城にあって

ウィザードリィに無いシステムが一つだけありました。

 

それがオートバトルです。

 

本来のRPGにあるべき

オートバトルというシステムが

実は、名作RPGのウィザードリィには搭載されていないのですよね。

 

しかし、このあやかしの城には

バッチリと搭載されていたんです。

 

最初は、とてもシンプルなゲームなので

「戦闘が面倒だな」と思っていたのですが。

 

まさかのオートバトルですからね、

 

ずいぶんとレベル上げの作業が楽になって、嬉しかった思い出です。

 

ウィザードリィと違って

レベルの差さえあれば、「序盤の敵では殆ど死なない」という

とてもシンプルなシステムだったので

オートバトルも搭載出来たのでしょうね。

 

 

ウィザードリィであれば

どんなにレベルの差があろうが

どんなに最強の装備を持っていようが

どんなに圧倒的な戦力の差があろうが

気を抜いた瞬間に全滅してしまいます。

 

そんな事も有り

あえてオートバトルという便利なシステムを

搭載しなかったのかも知れません。

 

今までは当たり前だと思っていたオートバトルが

「こんなにも、楽なシステムだったんだな」と

今回のあやかしの城に教えてもらいましたね。

 

 

 

[魔法を覚える楽しさがこのゲームには存在する]

 

このあやかしの城というゲームを購入した時は

情報が無い、まっさらな状態での購入でした。

 

箱と説明書が付いて500円だったという値段の安さも手伝い

期待もせずに購入しました。

 

しかし、プレイしてみると大変面白く

結構な当りソフトだと思いました。

 

 

そんな中でも、特に嬉しかったのが

「魔法を覚えていく」楽しさでしたね。

 

面白いRPGの特徴というのは

「レベルアップが楽しい」というのが、絶対条件だと思うのですが。

 

そう思う理由には

魔法を覚える快感が、結構な割合を占めていると思います。

 

そんな快感が

このあやかしの城に関しては大満足で。

 

「主人公のレベルが上がると、ほぼ毎回魔法を覚える」という最高の仕様でした。

 

「次のレベルでは、どんな新しい魔法が使えるのだろう…」なんて

シンプルながらも、最高にワクワクできた所が

今のゲームには無くて、パーフェクトでしたね。

 

 

 

[ラスボスの強さが異常…というか全ての敵の強さが異常]

 

このあやかしの城ですが

レベルの最大が32レベルまでしか存在しません。

 

そして、この32レベルまでせっかく上げたのに

ラスボスに勝つには、とんでもない運の要素が必要でした。

 

というか他のボスも全般的にかなり強く

こちらが最大のレベルだとしても、相手の攻撃4発くらいで死んでしまいますので

緊張感が半端なかったですね。

 

このゲームの基本は

逃げられる敵は全力で逃げる

逃げられない敵は全力で戦うという、結構な逃げ腰のRPGでした。

 

もう少し、レベルの上限が高ければ

文句無しでお勧めできるRPGだったのに

そんなところが、あやかしの城の数少ない残念な所でしたね。

 

 

 

あやかしの城の効率的な使用方法

 

このあやかしの城をプレイする事で、

地図の見かたが、結構分かる様になる気がします。

 

今自分の置かれている状況を、即座に理解しなければ

このあやかし満載の世界では生きていけませんので。

 

きっと、このあやかしの城がクリア出来る頃には

地図なんてものを見るのは、お茶の子さいさいになっているでしょうね。

 

 

 

あやかしの城のまとめ

 

こちらから購入できます

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

このあやかしの城というゲームは

ウィザードリィが、もしも日本を舞台にしたらどうなるのか?」

という疑問の答えが、詰まっています。

 

ウィザードリィ外伝という

日本国を舞台にした作品もあるのですが。

 

結構なお値段がしてしまいますので

先にこちらを遊んで。

 

満を持してウィザードリィ外伝に挑んでください。

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

主人公が忍者で

敵のモンスターが、とんでもなく和風なモンスターで

魔法も、風神とか雷神とか「THE日本」という世界感が大好きなら

絶対にお勧めのRPGでした。

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

ウィザードリィ女神転生も好きだけど

和風のRPGも好きなんだよな

 

こんな事を、一度でも思ったことがあるのだとしたら

今すぐにでも購入してください。

 

あやかしの城には全てが詰まっていると思います。

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

シンプルながらも、ワクワク感は最高クラス

それこそが、今急いで500円であやかしの城を買う理由です