読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

月風魔伝 魔性のコマは本当に凄かった

修正版 名作 FC アクション 面白さ保証 RPG コナミ

源平討魔伝とは関係ありません…よね?

 

f:id:retogenofu:20161003220354j:plain

[クリア直前まで絶妙なゲームバランスだったのに···]

[月風魔伝  コナミ  ファミコン] 

1987年発売  ジャンル アクションRPG 参考価格900円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  7時間

このゲームに対する世間の評価  ファミコンを代表する名作アクション

どんな人におすすめ?  激ムズのアクションゲームを求めているなら最高です

バーチャルコンソールで配信あり

 

 

子供の頃に、熱中してプレイしていたゲームを

まっさらな気持ちでプレイする時があります。

 

大抵はゲームが難し過ぎて

途中で諦めてしまうのですが

面白いゲームというのは、そのままクリアするまでぶっ通しで行きます。

 

「最初だけ遊んで、雰囲気だけでも楽しもうかな」からの

 

「ヤバい、面白すぎて最後まで遊びたくなっちゃった」こんな感じですよね。

 

 

そんな今回の、クリアするまで熱中してプレイした 名作アクションゲーム

月風魔伝の感想です(*’▽’)

 

 

 

月風魔伝とはどんなレトロゲーム

 

この月風魔伝ですが

1987年にコナミから発売された

ファミコン専用のアクションRPG作品でした。

 

ゲームの目的は

主人公の「月風魔」を操りまして

地獄界から覚醒した魔王「龍骨鬼」を倒すのが目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスなアクションRPGで

似たタイプのゲームで言いますと

イース3」や「ドラゴンバスター」に似た作品でした。

 

悪魔城ドラキュラ」や「グーニーズ」などの

横スクロールアクションを大得意にしている

コナミからの発売でしたから

アクションの要素がかなり強めでしたね。

 

それでも

 

お金を集めて武器を強化したり

 

冒険に必要なアイテムを集めて行く感覚は最高でしたので

 

「流石コナミ」といった凄さがありました。

 

 

このゲームは、和風のアクションRPGなのですが

敵キャラクターの気持ち悪さといったらもう

悪夢でしたね。 

 

コナミのゲーム特有の

めちゃくちゃ不気味なモンスターがどんどん襲ってきました。

 

「鬼」や「目玉」や「天狗」が

バンバン襲って来るステージを

バッサバッサ斬り倒していく爽快感が最高でした。

(死門という、鞭をもった敵が居るのですが、悪魔城ドラキュラの主人公「シモン」を敵のモチーフにしていたのが面白かったです。)

 

 

このゲームの特徴は

ボードゲームの様にマップがありまして

短いステージをクリアする事で

次のステージへと進むという作品でした。

 

1つのステージは短いので

さまざまなバリエーションのステージを

細かく楽しんで行くという事ですね。

 

色々な仕掛けや

敵キャラクターが

そのステージ事に違いますので、苦戦の連続でした。

 

 

ゲームの流れとしては

 

ステージをクリアして、次のエリアへ進んで行き

 

各地に存在するボスを倒すことで

イベントアイテムの「鬼面符」や「波動剣」を集めて行き

 

ステージの封印が徐々に解けていく

 

辞めたいときは、パスワードをメモして大事に保管

 

こんな流れでしたね。

 

「次は、いったいどこに行けばいいのだろう?」

こんな繰り返しで進んで行くのが

シンプルながらも楽しかったです。

 

 

アクションゲームでもあり

RPGでもあり

アドベンチャーゲームまで楽しめる

そんな、コナミを代表する作品なのでした(^◇^)

 

 

 

月風魔伝の感想でもあり レビューでもあり

 

[終盤からは物凄く簡単なゲームに早変わり]

 

このゲームですが

難易度としてはかなり難しい作品だったと思います。

 

出てくるボスの強さも絶妙で

初めて戦う時は、先ず間違いなくやられる強さでした。

 

「え!このボスってどんな攻撃してくるの?」

 

「え!のボスってどうやってダメージを与えるの?」

 

こんな強さでしたので

アイテムを満タンにして

何度も何度も再挑戦して

苦労の末にようやく勝てるといった絶妙なボスでした。

 

 

そんなこんなで、順調に進んで行ったんです。

 

月風魔伝って、本当に名作アクションだったんだな…」なんて

このゲームの素晴らしさを再認識していた頃に

あるアイテムを手に入れました。

 

そのアイテムは

「魔性のコマ」という一定時間無敵になれるアイテムで

そのコマを手に入れてからというもの

それ以降のステージでは、一切死ななくなりましたね···。

 

 

実は、この魔性のコマというアイテムは

とんでもなく、強力でヤバいアイテムだったんです。

  

コマ入手前は

ステージに居る強敵や

ステージの理不尽な仕掛けへと、立ち向かって行く

素晴らしいアクションゲームでした。

 

コマ入手後は

横にクルクル回転しながら、無敵で移動して行くゲームですからね。

  

 

コマを入手した後の、ゲームの簡単さと言ったらもう

「ここまで最高に頑張ってきたのに······おしい!!」の一言です。

 

そんな、アクションゲームの大手メーカー、コナミですら

「ゲームバランスの調整には悩んでいたんだな」と思わせてくれる作品でした。

 

 

コマのおかげで

無事にエンディングを見ることができ

最後までプレイして思ったのが、

「コマが無ければ、絶対にクリア出来なかっただろうな」でしたね。

 

そんな、ゲームバランスの調整の難しさを

月風魔伝をプレイする事によって、改めて教えてくれたのでした(*´з`)

 

 

 

[アクションRPGとの相性抜群]

 

この、月風魔伝というゲームは

敵を倒して行く度に

主人公の風魔自身がだんだん強くなって行きます。

 

最初は敵を倒すのに

3回斬らないといけなかったのに

 

自分のレベルが上がって行くと

1回で敵を倒せる様になります。

 

あの時の、「随分と強くなったなぁ~」という感動はもう最高でした。

 

 

[ゲーム音楽が最高]

 

ファミコン時代のコナミは、本当に凄かったです。

 

出すゲーム、出すゲーム、全てヒットしていたそうです。

 

それはいったい何故なのか?

 

その理由は、コナミゲーム音楽が全て最高だからです。

 

つまり、ゲーム音楽を聴く為に新作ゲームを買おう

 

「ゲームの内容は目をつぶろう···」

 

そんな、コナミファンが当時は本当に多かった時代でした。

 

 

そして、この月風魔伝ゲーム音楽

数あるコナミのゲームの中でも

トップクラスと言っても良い、完璧なゲーム音楽でした。

 

 

そんな中でも、ラスボスの音楽は特に最高でしたね。

 

ポップンミュージックというゲームでも

月風魔伝の音楽が楽しめましたので

とにかく遊びまくったのを思い出します。

 

 

 

[マップをもう二度と書きたくない]

 

この月風魔伝

 

アクションステージパートと

 

ウィザードリィ」の様な3Dダンジョンを自分で進んでいく

ダンジョンパートがあります。

 

そこで、ようやく思い出したんです

「子供の頃は、この3Dダンジョンで結局諦めたんだ··」と。

 

 

3Dダンジョンの攻略方法は、至ってシンプルです。

 

自分でノートに、自家製のマップを書くです。

 

 

今回は、結局攻略サイトに頼らさせて頂きましたね。

 

最後のマップを完成させると分かるのですが

マップのステージの形が「KONAMI」という形で出来ていました。

これは粋な演出でした。

 

まあその粋な演出のおかげで

3Dダンジョンの難易度が鬼の様に上がっていたのですがね( ;∀;)

 

 

 

月風魔伝のまとめ

 

こちらから購入できます

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

和風のアクションRPGがこんなにも楽しいのかと

心から思える素晴らしいゲームだからです

 

なにがそんなに面白いのか?

 

音楽最高

冒険している感も最高

自分のレベルを上げて行くコツコツ感も素晴らしすぎ

そんなファミコンを代表する名作です

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このゲームですが

今ではバーチャルコンソールでも楽しめますので

3DSやWiiUをお持ちの方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

きっと、あまりのコマの強さに驚愕すると思います。

 

コナミ ファミコンクロニクル」というサントラも発売されていますので

久しぶりに、最高のゲーム音楽を聴きたいという人は

この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

本当は現物を購入して欲しいのですが

バーチャルコンソールでも構いません

今すぐにでも、コンビニにダッシュしてください!!

それこそが今急いで買う理由です!!

 

 

そんな今回の、魔性のコマという名前がピッタリの 最高のアイテムをあなたに

月風魔伝の感想でした(*^▽^*)