読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

デモンゲイズ  ウィザードリィに萌え要素を足したらどうなる 意外とマッチしてるかも!!

PS Vita RPG ダンジョンRPG 名作 面白さ保証 修正版

村正は一本しか入手出来ません

 

f:id:retogenofu:20170313023427j:plain

[遊びやすいウィザードリィ系のゲームをあなたに] 

[デモンゲイズ  角川ゲームス  プレイステーションヴィータ] 

2013年発売  ジャンル ダンジョンRPG  参考価格1980円

 

記事のネタバレ度  高め

攻略に必要なプレイ時間  40時間

このゲームに対する世間の評価  ウィザードリィに萌えも有りですね

どんな人におすすめ? ウィザードリィのファンにも満足できる作品です

データ配信あり

 

 

友達にウィザードリィ系のゲームを勧めると

 

ウィザードリィ怖い」

 

ウィザードリィめんどくさい」

 

ウィザードリィ男臭い」そんな返事が返ってきます。

 

そんな敬遠されがちな

ウィザードリィRPGの世界観を

ガラリと変えてくれた作品があったんです。

 

 

そんな今回の ウィザードリィ萌え要素をプラスしたらどうなる?

デモンゲイズの感想です。

 

 

 

デモンゲイズってどんなレトロゲーム

 

このデモンゲイズですが

2013年に角川ゲームスから発売された

プレイステーションヴィータ専用の、ダンジョンRPG作品でした。

 

なんでも、

ゲームの製作者の意向で

めぞん一刻」の様な

ブコメの世界観のゲームにしたかったようです。

 

最初は、コメディー路線のほのぼのとしたRPGで進んで行きます。

 

しかし、ゲームの後半では

シリアスな展開も待ち受けているなど奥深い作品でした。

 

 

ゲームの目的は

 

各地にあるダンジョンへと冒険に出かけて行き

 

暴れている「デモン」という神様の様な存在を封印していきながら

 

大冒険していく

 

レベルアップに励みながら

装備を強化していくのも楽しい…こんな目的でした。

 

 

ゲームのシステムは

オーソドックスな3DダンジョンRPGのシステムで

 

似たタイプのゲームで言いますと

ウィザードリィ」や「女神転生」の様な作品でした。

 

ウィザードリィの様に

3Dのダンジョンを、冒険していくのですが

 

オートマッピング機能が付いていますので

方眼紙を用意する事も無くお手軽に遊べますし。

 

オートラン機能という

今まで探索した範囲内で、その場所まで自動で移動してくれるというシステムも、

斬新でしたね。

(そのぶん、ルーラやマロール的な移動呪文は有りませんでした)

 

 

今までは、ボスとして現れていたデモンを倒していき

自分の仲間として連れていく事で

 

攻撃力が大幅に上がったり

 

見えない扉が見える様になったり

 

地形ダメージ食らわなくなったり

 

冒険がどんどん楽になって行きますので

 

「次のデモンは、どんな特殊能力が使えるようになるのかな?」

といった楽しみがあったのも最高でしたね。

 

 

このゲームの特徴としましては

他の職業の特技を

「神器」と呼ばれる装備をする事で、使用できる様になりました。

 

最強の侍が、最高クラスの攻撃魔法を使用できる様になったり

 

最強のウィザードが、最高クラスの回復魔法を使用できる様になったり

 

自分なりのセッティングを考えるのも楽しかったです。

 

 

次に、レベルが上がるごとに貰えるポイントを

ステータスに振り分けるシステムも楽しかったですね。

 

攻撃力だけに特化した 攻撃力は最高の貧弱なファイター

 

防御力だけに特化した みんなを守り抜くパラディン

 

こんな感じで、

自分好みのキャラクターを目指すのも最高で良かったです。

 

 

今までは、

死とカビの匂いしかしなかった、

薄暗いダンジョンRPGの世界に

 

ラブストーリーと

沢山のやりこみ要素をプラスして

萌え要素満載な作品として生まれ変わらせた

 

無限に遊べる、画期的なゲームなのでした。

 

 

 

デモンゲイズの感想でもあり レビューでもあり

 

[アイテム集めこそがデモンゲイズの華]

 

このデモンゲイズでは

武器や道具屋が併設されている、アパートみたいな場所に住み込んで

 

ダンジョンに通いながら、世界の謎を解きつつ

大冒険していくという作品なのですが。

 

それと同時に

「住んでいるアパートの家賃を払わなければいけない」

とても現実的な世界も良かったです。

 

 

そんな生活費をどうやって稼いで行くのか?

 

ダンジョンRPGお馴染の

迷宮にはお宝がザクザクという訳です。

 

ダンジョンには夢とロマンがあると共に、

それ以上に、お宝がザクザクしているのもダンジョンの魅力ですからね。

 

 

「そのお宝を売って生活費に充てましょう」という訳です。

 

 

しかし、今までのダンジョンRPGとは違い

そこら辺を歩いている敵モンスターは、お宝は持っていません。

 

 

ではいったいどうやってお宝を稼ぐのか?

 

 

サークルと呼ばれる場所に

「ジェム」というエサみたいなのを仕掛けるんです。

 

剣が欲しければ剣のジェムを

 

刀が欲しければ刀のジェムを

 

帽子が欲しければ帽子のジェムを…なんて感じで

 

自分のパーティーに

最も必要な装備のジェムを、

ダンジョンのサークルに仕掛ける。

 

今もっとも欲しい装備を効率的に集める事が出来る、

そんな斬新なシステムでした。

 

 

今までの

 

「強い刀を手に入れたけど、仲間にサムライが居ない」とか

 

「魔法使いの防具が貧弱なのを、どうにかしたい」とか

 

「図鑑の最後の部分がどうやっても埋まらない」とか

 

宝箱の中身がランダムだった頃の

あの甘酸っぱい思い出とは、もうおさらばです。

 

 

しかし、利点ばかりなのかと言いますと

罠が待ち受けていました。

 

ジェムというアイテムは

最初から沢山ショップに並んでいました。

 

そんな時に思います

「これなら沢山使いまくっても大丈夫だろうな」と。

 

ですので、自分の相棒であるサムライの為に

刀のジェムをたくさん使用して進んで行きます。

 

「お、新しいダンジョンに着いたぞ」

 

「よし、このダンジョンで出てくる最高の刀を入手するまで粘ろう」

こんな感じで大盤振る舞いでした。

 

 

そんなつけが

アイテムコンプリートを目指している

最後の最後で回ってきます。

 

あんなに刀のジェムが沢山あったのに

 

最強の刀を集めようとしている時には

「刀のジェムがもうほとんど無い」

 

そんな悲惨な状況が回ってきましたね。

 

 

ランダムで出てくるモンスターを倒すことで

様々な種類のジェムを集める事が出来るのですが。

 

刀のジェムだけを落とすのかと言われれば

そんな事は無く。

 

他のジェムもまんべんなく落とすので

 

刀のジェムを集める為に必死に頑張ってから

更に、そこから刀のジェムを使用して、本来の最強の刀を目指す

二度手間を味わうことになりました。

 

一応、「無名のジェム」というアイテムを使用することで

ランダムで装備を落としくれるので

まんべんなく全ての最強アイテムを集めるのも良かったのですがね。

 

 

ですので、初めて遊ぶ時は

ジェムの使用は計画的にお願いします。

 

 

欲しいアイテムだけを狙ってゲットできるという

ありそうで無かったシステムこそが

 

デモンゲイズの最高に面白いところなのでした。

 

 

 

[ゲームの音楽が最高]

 

このデモンゲイズの好きな理由は、音楽が最高なところです。

 

作曲者の「神保直明」さんは

この作品以外にも、「アストロノーカ」のメイン作曲者でもあり、

私の心を掴んで、いつまでも離さなかったのでした。

 

 

 

[可愛い顔とは裏腹な、硬派な難易度]

 

私にとっては、この硬派な難易度こそが

素晴らしい難易度だと今でも思います。

 

しかし、めぞん一刻みたいな

ほのぼのした雰囲気からは、全く想像出来ない難しさでしたね。

 

 

最後のダンジョンや

隠しダンジョンの難易度は、特に異常で

 

数日間は、ダンジョンをクリアする為に

ゲームの戦略を考えなければいけない程の異常な難しさでした。

 

友達にデモンゲイズを勧めたときには

「難しすぎてゲームが全く進めない…」なんて言われましたからね。

 

可愛い顔で近づいてきて

実はめちゃくちゃ難しいというのが

ダンジョンRPG初心者の人たちには、すこし残念なところでしたね。

 

 

 

デモンゲイズのまとめ

 

なぜ遊んでほしいのか?

 

ウィザードリィ風のゲームシステムでありながら

コミカルな展開も多く

まさに新時代の3Dダンジョンといった素晴らしさがありました

 

 

なにがそんなに面白いのか?

 

なんといってもアイテム集めでしょうね

 

こんなにもアイテム集めが楽しい作品は

本家のウィザードリィにも負けないくらいのパワーがありました

 

 

今急いで買う理由ってあるの?

 

このデモンゲイズですが

あまりにも面白くて、2週間毎日遊んでいた程大好きな作品でした。

 

大好き過ぎて

アイテムをコンプリートするまで熱中してしまいましたが

 

ウィザードリィシリーズお馴染の最強の名刀

「村正」は最高だなと改めて思いましたね。

 

村正はゲーム1回で1本しか取れない

「ユニークアイテム」ですので

 

何度も引継ぎプレイを繰り返しして

みんなに二刀流させて遊んでいました。

 

アイテム集めが面白いゲームは、いつの時代でも最高です。

 

ウィザードリィ系ってどうなの?とか

 

萌えって苦手なんだよね?とか

 

そんな、いらない先入観をブチ壊すには

このデモンゲイズこそが

最高のきっかけになると思います。

 

 

悩んでるの?

 

だったら買うしかない

 

だって素晴らしいから!!

 

 

今日も

モノノフ的ゲーム紹介をお読みくださりありがとうございました

 

何度でも繰り返しプレイしたくなる 超名作RPG 

デモンゲイズ

 

それこそが、今急いで1900円で買う理由です

 

こちらから購入できます