モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

アークザラット3 世界平和よりもカード集め

アークザラットなのにゲームバランスは良いですね

 

f:id:retogenofu:20150216222455j:plain

[アークザラット完結編···の後にでた完結編] 参考価格 100円

[アークザラット3] ジャンル シミュレーションRPG

 

アークザラットというゲームは

[ゲームのボリュームの少なさが圧倒的問題点のゲーム]

アークザラット2というゲームは

[ラスボスが異常な強さの名作ゲーム]

アークザラット3というゲームは

[世界平和よりもカードを集める優良ゲーム]でしょうか?

 

このアークザラット3が発売された当時(1999年)は、

遊戯王のカードゲームが大ブームを起こしたど真ん中でした。

 

そんなカードゲームの時代でしたから、

カードゲームの要素が

ゲーム内に入っているだけで、

ある程度はゲームが売れる時代だったそうです。

(ファイルファンタジー8ですら、バリバリのカード集めのゲームでした。)

 

このアークザラット3ですが、

アークザラットシリーズなハズなのに、

なぜかゲームバランスが良いです。

なので、全然アークザラットっぽく無いです。

 

その理由というのは

前作迄のゲーム制作メンバーがほとんどいなくなった為だそうです。

他のゲーム会社に主要メンバーは引き抜かれて行ったのだとか···。

アークザラットで力を発揮して、

他のメーカーに引き抜かれて、

残ったメンバーでアークザラット3を作ったら、

面白いんだけど優等生みたいなゲームに成ってしまった訳ですね。

 

そんな優等生みたいなアークザラット3ですが、

一応前作でアークザラットは完結しているので、

違った世界が舞台ですが、

過去のキャラクターがゲスト出演していたのは嬉しかったですね。

「ああ、前作のアークザラットが懐かしいな···また後でやろう♪」そんな、

前作をもう一度プレイしたくなる憎い演出でしたね。

(アークザラット3の発売の後に、アークザラット2が若干売れたそうです。)

 

アークザラット3の良い点

[アークザラッドで二種目が初めて出来たゲーム]

このアークザラッド3は、

ゲームをクリアしてから能力を引き継いでプレイ出来ました。

普通のゲームにはこの機能は普通に付いている物ですが、

アークザラッドシリーズには付いてませんでした。

なので、

「やっぱりアークザラッドは硬派なゲームだなぁ」そんな印象でしたが、

アークザラッド3をクリアしたら、

「え!遂に、二週目出来るようになったの♪」なんて嬉しかったですね。

 

アークザラッド3の問題点

[ストーリーの重さが違う]

アークザラッド前二作品の

ゲームのストーリーの濃さは凄かったですね。

常にどんよりした雰囲気が、かもしだされていました。

しかし今回のアークザラッド3のストーリーは、

カラット晴れやかなストーリーで、全くの別物でしたね。

前作の重厚なストーリーが好きなファンには、

若干物足りなかったのかも知れませんね。

(明るめのアークザラッドという、新しい世界を作ったゲームでしたね。)

 

アークザラッドをやって

アークザラッド2をやりたくなり

アークザラッド2をやって

アークザラッド3をやりたくなり

アークザラッド3をやって

アークザラッド2をもう一度プレイしたなりました(^O^)

 

 

スターやコメント、ブックマークを付けて貰えると

やる気に繋がります、どうぞお気楽に(^^)