モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

どうぶつの森64というモグラが脅迫してくるゲーム

このゲームの攻略方法は

心から楽しむこと ファミコンが出なくても泣かないこと バグったら泣いちゃうけど

 

f:id:retogenofu:20151126154105j:plain

[どうぶつの森という名作シリーズの始まり 初代からパーフェクトな完成度]

[どうぶつの森  任天堂  ニンテンドー64]

2001年発売  ジャンル シミュレーション  参考価格1500円

記事のネタバレ度  かなり高め  バーチャルコンソール配信無し

 

 

この世界にはゲームをやる人とゲームをやらない人という、

2種類の人間が存在します。

 

そんなゲームをやらない人にどうやってゲームを売るのかが、

ゲームメーカの大変な所でしょうね。

 

今までは見向きもされなかったのが、

そこからゲームが大好きになって、

自分のメーカーの作品を、全て買ってくれるかも知れませんからね。 

 

そんな大偉業を成し遂げたのが、今回のどうぶつの森だとおもいます。

このどうぶつの森シリーズの凄い所は、

圧倒的な癒しと圧倒的な中毒性にあると思います。

 

ゲームをほとんどやらない友人も、

このゲームの続編の為に、ニンテンドーDSを購入した位ですからね。

友達が言うには、

「日常生活の癒しの為にプレイしている」だそうです。

 

今まではゲームをやらなかった友達が、

ふとしたきっかけでこの作品に出合ってしまい。

 

気付いたら一年中プレイするゲーマーになってしまった。

 

その結果、どうぶつの森だけは、

毎回新作が発売されるたびに購入してしましたね。

 

人間の生活リズムを変えるくらいの、

圧倒的なパワーがこの作品には有ったのかもしれません。

 

そんな今回の、ゲームを遊ばない人にこそプレイして欲しい 偉大な名作

どうぶつの森64の感想です(*’▽’)

 

 

どうぶつの森64とはどんなレトロゲーム

 

このどうぶつの森64ですが、

2001年に任天堂から発売された、

ニンテンドー64用のシミュレーションゲームでした。

 

このゲームの目的は、

特に有りません。

ただ気ままに、コミカルなどうぶつの住人が居る村で暮らす。

そんなほのぼのとした作品でした。

 

ゲームのシステムは、オーソドックスなシミュレーションゲームで、

主人公となりまして、実際の時間に沿った日常生活を送る。

たったのこれだけです。

 

色々と個性的な住人と仲良くしたり

恐竜の化石をコレクションしたり

魚釣りをして魚をコレクションしたり

昆虫採集をしてコレクションしたり

そんなコレクションを全て売って家具を豪華にしたり

ゲームの世界で隠しアイテムのファミコンソフトを集めたり

 

そんな第2の現実世界の様なゲームです。

 

ただボーッとゲームの音楽を聴いているのもまた最高です

 

 

このゲームでは、初めて遊ぶ時に、

2015年1月1日 12・00みたいな感じで。

実際の時間を設定します。

 

こうする事で、ゲーム内でも同じ季節と時間になるという訳ですね。

冬ならば雪が降って、春ならば草花が芽吹いて、

夏ならばカブトムシが飛びかい、秋ならば少しもの悲しい、

今の自分の世界とリンクさせることによって、ゲームに熱中できる仕掛けでした。

 

真夜中にどうぶつの森を遊んでいたのに、気づいたらゲーム内は朝。

「またまた…」なんて、周りを見ると現実世界でも朝、

寝ずに仕事の準備をする。

 

こんなどうぶつの森あるあるが楽しい、もはや実生活といっても過言では無い。

偉大な作品なのでした(^◇^)

 

 

 

どうぶつの森の感想

 

[ほのぼの生活の中にある恐怖 それが頑固なもぐらリセットさん]

 

そんなマイナスイオン満載のどうぶつの森ですが。

1つだけ恐怖の要素があるんです。

 

それは「リセットさん」の存在です。

 

このリセットさんですが、

ゲームを途中でリセットすると、猛烈に怒って穴から出てきます。

「リセットしてんじゃねーぞコラァァ!!!!」的な感じで。

 

一体何故、そんなにもゲームをリセットさせたくないか?というと、

それは、アイテムのコレクション要素に関係しています。

 

 

このゲームはリアルタイムで動いています。

[現実世界が朝なら、ゲームの世界も朝]

 

[現実世界が夜なら、ゲームの世界も夜]

 

[お店の品揃えが変わるのも1日一度きり]

[

魚や昆虫も、復活するのは次の日]

 

 

そんな、1日を大事にしているゲームなのに、

「カブトムシに逃げられちゃったか···リセット」

「今日こそ川の主を釣るぞ······リセット」

「デパートの品ぞろえって変わるのかな?…リセット」となります

 

そこで、リセットさんが登場する事によって、

プレイヤーに恐怖の種を植え付けまして、リセットの防止が出来ると···。

(毎回、ありがたい脅迫めいたお説教が聴けます)

 

 

ただ1つ、このゲームに言いたい事があります。

このゲーム[非常にバグ]が多いんです。

 

今までは、自分のカセットが古いからだと思っていたのですが。

ゲームそのもの自体に、バグが多のだと、最近になって知りました。

 

つまり、バグで画面がフリーズしてしまい。

ゲームを「絶対にリセットしなければいけない」状況に、なってしまうんです。

 

しかも、結構な頻度で起きるんですよね。

どんなに調子良く昆虫採取した後だろうが、

どんなに調子良く魚を釣りまくった後だろうが、

ゲームの機嫌次第で、直ぐにフリーズですからね。

 

「あ···またバグった、リセットしなきゃ…。」

 

「またあの長いお説教を聴かされるよ…」なんて感じでしたね。

 

 

癒しゲームの中にある、トラウマ的要素。

トラウマ的要素があるのに、それでも癒される。

 

そんな、どうぶつの森64が大好きでした(*´з`)

 

 

 

[ゲームの中でもレトロゲームを集める  ここまで同じなのか]

 

このゲームですが、沢山の家具を集めて、

自分だけの最高の部屋を作るのが楽しい作品でした。

 

最初は小さかった家も、沢山お金を稼いで、

街一番の大豪邸へと増築していく事が出来ます。

 

そんな大きな豪邸に、沢山の家具やカーペット、壁紙などを、

どんどんカスタマイズしていく訳です。

 

お金は昆虫を取って売ったり、魚を釣って売ったり、果物を取って売ります。

地中には化石が埋まっていることもありまして、

その化石を売って大金をゲットすることも出来ました。

 

そうやって稼いだお金を使って、家具を購入していく訳です。

 

購入する他にも、街の住人と仲良くしてプレゼントとして貰うことも出来ますので、

クエスト感覚で住人のお願いを聞くのも楽しかったですね。

 

こんな要素があって、何百時間も遊べるのですが。

これだけで終わらないのが、私の心をがっちりつかんだ理由でした。

 

このゲームでは「ファミコン」というアイテムがあります。

あのファミコンです。

 

「まあ、ファミコンくらいならおまけとしてあるんじゃないの?」

と思ってしまいますよね。

 

このファミコンが「実際のファミコンと同じようにプレイ出来る」からこそ、

心臓が止まる位ビックリした訳です。

 

ゲームを遊んでいるのに、そのゲーム内でファミコンを遊べる。

 

しかもガッツリ遊べる。

 

しかも遊べるソフトも豪華で、

「テニス」や「ドンキーコング」、「クルクルランド」に「バルーンファイト」など、

全てのゲームが一時代を気づいた名作ゲームばかりでした。

 

こんな隠しアイテム的な存在のファミコンが、本当に出ない。

 

ビックリするくらい出ない。

 

泣きたくなるくらい出ない。

 

もはや、集めるのは無理なのでは?

 

そう思っていると、出たりする。

 

その後は全く出ない。

 

こんなかんじで、後半の50時間以上は、

ファミコンを集めるために起動していましたね。

 

デパートに売っていないかを確認しつつ、

住人のプレゼントで貰えないかを期待しながらも、一切貰えなくて。

次の日もファミコンを求めてプレイする。

 

 

そんな、レトロゲームを集めるために、

何時間も掛けて遠征していたころを、最高に思い出させてくれる。

最も魅力的な部分でした。

 

昆虫採取が楽しいのも分かります

魚釣りが最高なのも文句は有りません。

化石堀に命を懸けるのは常識ですよね。

 

それでもファミコンを集める事こそが最高でしたね(/・ω・)/

 

 

 

どうぶつの森64のまとめ

 

こんなにも最高のゲームなのですが、

バーチャルコンソールで配信されていないそうですね。

 

なんでもリアルな時間を設定するのが大変だそうで、

その部分で配信されていないのではという事だそうです。

 

確かに、リアルな時間を体験することによって、

どうぶつの森の世界が100%楽しめると思いますので、

しょうがないのかも知れませんね。

 

正直言いまして、初代の作品ですので、

続編と比べると遊べる要素は少ないとは思うのですが、

まったりを体験するのが目的ですので、意外と今の時代でも楽しめました。

 

「初代のどうぶつの森ってどんなゲームだろう?」なんて、興味を持った方は、

偉大なゲームの原点を体験してみてはいかがでしょうか(/ω\)

 

 

そんな今回の、一年間毎日遊んでも飽きない 偉大な作品

どうぶつの森64の感想でした(*^▽^*)