モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ゲームの実写化映画は本当につまらない···本当の理由

それは価値観の違い

 

f:id:retogenofu:20141222000043j:plain

f:id:retogenofu:20141222000032j:plain

アニメやマンガを実写化するときというのは、

それはもう大変な苦労だそうです。

最近でいうと[ルパン三世]や[進撃の巨人]でしょうか。

(進撃の巨人はコアなファンが多く反発も相当あったと思います)

 

そんなアニメやマンガの実写化よりも、

もっと大変なのが[テレビゲーム]の実写化です。

 

[ゲームの実写化は100%コケる]なんて言葉も有るくらいです。

 

そんな言葉の原点に成った映画が最近わかったんです。

その映画のタイトルは[ときめきメモリアル]です。

 

ときめきメモリアルとは、

恋愛シミュレーションの王道的存在のゲームです。

それこそ「ときめきメモリアル意外は認めない」なんて、

心底惚れ込んだ熱いファンの多いゲームで有名ですね。

 

そんな熱い思いの人達が、

実写化されたときめきメモリアルの映画を観たらどうなるか?

答えは簡単ですね······そう、暴れるです。

 

なにせ映画のハードルをめちゃくちゃ高い設定にしてますから、

ちょっとやそっとじゃ、満足出来ませんから。

その結果、

ときめきメモリアルの映画、観たけどつまらなかったよ」とか、

「ゲームの名前を出さなければ良かったのに」といった噂が広まって、

「ゲームの実写化は100%コケるよね」に成ったのでした。

 

そんな私も、ときめきメモリアルの映画を昔に観まして、

あまり期待せずに映画を観て思った感想は、

「あれ!意外と結構面白いかも···」でした。

実は、青春映画の中でも上位に入るくらいの、結構好きな一本ですね。

(ただ映画をもう一度見直したくても、近場では全然レンタルしてないので一切観れないがたまに傷ですが)

 

あの頃に、噂だけでときめきメモリアルの映画を敬遠していた人は、

是非一度、まっさらな気持ちで観てみてはいかがでしょうか。

あなたにとって、意外と好きな映画かも知れませんよ(^O^)

 

 

はてスターやコメント、ブックマークを付けて貰えると

やる気に繋がります、どうぞお気楽な気分で(^^)