モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ドラクエのモシャスについて真剣に考える·まさかの最強呪文!?

相手を自分の体に模写するからモシャス

 

 

ドラクエのアストロンを使う意味が最近やっと分かった - モノノフ的ゲーム紹介

 

前回のドラクエアストロンに関する記事は、

今でもちょこちょこ読まれているので、とても嬉しいです。

そんなみんな大好きドラクエのあまり使わない呪文第二段は

[モシャス]についてです。

 

このモシャスという呪文ですが、

自分の能力を味方と同じ能力にコピーします。

このモシャスを使えるのが、[魔法使い]と[賢者]のいわゆる魔法キャラです。

魔法キャラというのはどちらも攻撃力が弱く、

武器で攻撃する肉弾戦にはあまり向かないのですが、

[勇者]や[ぶとうか]等のパワーキャラを、

自分にコピーすることによって、

強力な魔法を使えるキャラでありながら、

パワーキャラと同じ攻撃力で最後まで戦う事が出来るんですね。

(能力を打ち消すいてつく波動を使われるまでは切れません)

 

つまりドラクエ3最強のパーティーは

[勇者] [ぶとうか] [賢者] [賢者]で、

戦闘が始まったら、先ずは賢者二人がぶとうかと同じ能力に成って、

後は四人で敵をタコ殴りにするという事ですね。

ヤバく成っても、呪文は普通に使えるので全く問題が無いと···。

つまり「なんだ、モシャスって最強呪文だったんだ···」です。

 

おそらくモシャスを使った事が無い人がほとんどだと思います。

この機会にモシャスという呪文を見直してはいかがでしょうか。

つぎのあまり使わない呪文はメダパニかなぁ(^O^)

 

 

はてなスターやコメントやブックマークを付けて貰えると、

やる気に繋がります、お気楽な気分でどうぞ(^^)