モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

七人の侍の伝説の様なゲーム·アークザラット

割高な体験版とは呼ばせない···よね?

f:id:retogenofu:20141112124302j:plain

[これは本当に面白い名作ゲームだなぁ···あれ続きは?]

[アークザラット]ジャンル·シミュレーションRPG

 

映画「七人の侍」は、本当は物凄い短い作品に(実際の映画半分位の90分位に)

成っていたかも知れないそうです。(結局は207分の長編映画に)

黒澤明監督があまりにも制作費と時間を掛けすぎたので、

上からの命令で、七人の侍は撮影が途中で中止命令がだされたそうです。

(それまで撮影していた部分だけで短縮版の映画を作ったそうです。)

しかし、その未完成のフィルムを見ていたら映画が面白く、

あまりにも続きが気になるので、

結局は、無事最後まで七人の侍を撮り続ける事が出来たそうです。

 

今回の「アークザラット」とはどういうゲームかと言われれば、

まさに、七人の侍の伝説の様なゲームと言えるでしょう。

このアークザラットはプレイステーション初期の代表的RPGです。

ゲーム画面も綺麗、キャラクターも喋る、ストーリーも面白そう。

 

こんな三拍子揃ったゲームが何故「問題作」と呼ばれているのか?

 

ズバリ、「ビックリする位短いんです。」

圧倒的に短いんです、プレイ時間でいうと10時間位です。

(いくらゲームをやりこんでも15時間位でしょうか。)

 

まるで「未完成の七人の侍」を、見せられているかの様な気分です。

しかし、これで終わらなかったのがアークザラットでした。

次に発売されたアークザラット2でこの借りを返すのでした···。

 

そんな七人の侍の伝説的なRPGはいかがでしょうか(^O^)