モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

続ゲームで勉強が出来た時代·アイアムティーチャー

あなたもマリオのセーターを編んでみよう♪

f:id:retogenofu:20141026153215j:plain

前回の記事で、勉強が出来るゲームを出す事によって、大人達の、ファミコンのイメージを上げる事が出来た、という事を書きました。

 

そんな子供の為のファミコンですが、正式名称は「ファミリーコンピューター」で、つまり[家族のコンピューター]ですから、親向けに色々なジャンルのソフトが出ました。麻雀·競馬·囲碁·将棋などさまざまでした···。

 

そんな中でも特に異色なのが、[編み物のゲームソフト]です。

 

この編み物のゲーム、どういう内容なのかというと、[マリオの柄のセーター]の[設計図]が入っていて、「ゲーム画面を見ながら初心者でも編み物が出来る!!」ソフトでした。「必要な毛糸の量」まで教えてくれる親切設計だったそうです。

 

しかしこのゲーム、まったく売れなかったそうです···。

 

普通は[ゲームを開発するのはゲーム会社の仕事]なんですが、このゲームを開発したのが、まさかの[ミシンメーカー]だったんですね···。なので、本当にまったく売れなかったそうです···。

 

ちなみに、このメーカーはのちに、[あめ玉で綿あめを作れるオモチャ]で、

一躍有名になったそうです。数年前にテレビで頻繁に、取り上げられてましたよね。そんなメーカーが、過去にまったく売れなかったマリオのゲームを、ひっそりと出していたんですね···。

 

ちなみにこのゲームは、ファミコンの中でも相当なレアゲームで、持っている人はほとんど居ないそうです。今では数万円のプレミアがついてるとか。

 

もし自分の家に、このゲームソフト[アイアムアティーチャー]がある方は、

相当、自慢出来るのではないのでしょうか。

ミシンメーカーがゲームを作れる時代、素敵ですね(^O^)