モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

ゲームで勉強が出来た時代

ねえファミコン買ってよ!!

f:id:retogenofu:20141026151229j:plain

昔はゲーム機というのは、[悪魔の箱]だと思われていました。

「ゲームをやったらバカになる」と、親が本気で思っていた時代でした。今の親は自分が子供の頃から、ゲーム機が既に有ったので、そんな事は無くなったそうですが(^^)

 

そんな暗黒時代に子供達は、一体どうやって悪魔の箱と呼ばれていた、ゲーム機をゲット出来たのでしょうか?

 

実は、そう思われていた時代に、ゲームメーカー側もちゃんとした戦略を用意していました。ファミコンの初期のゲームソフトに、「教育ソフトシリーズ」という物が有りました。[ポパイの英語遊び]や、[ドンキーコングJRの算数遊び]等、色々なゲームソフトが沢山ありました。勉強とゲームの融合ですからね、発想力が凄いですね···。

 

何故こんな、あまり売れそうにないゲームソフトを、沢山出したのかというと、ゲームが嫌われていた時代に、「どうにかして親たちに、ファミコンを好きになって貰おう」という任天堂の努力なんでしょうね。

 

子供:ファミコン買ってよ!

母親:バカになるから駄目!!

子供:ファミコンは算数や英語を勉強出来るんだよ!

母親:え!じゃあ喜んで買いましょう!!!!!

 

なんて都合のいい事には、さすがにならなかったでしょうが、それでも「子供がゲームを通じて英語を学べるんなら」、なんて家庭も多かったのではないのでしょうかね。その約20年後に[脳トレブーム]が来たので、結局、時代を先取りしすぎたんでしょうね。

 

ちなみにこの教育ソフトシリーズ、わたしは一本もソフトを持っていません。

近場では、まったく売ってるのを見たことがないですよね。よっぽどこの、「教育シリーズ」は、売れなかったんでしょうね。

 

やはり、ゲームと勉強は合体させないほうが良いみたいです(^O^)