モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

今話題のマリオのCMよりも遥か昔にあったマリオのCM

両方がお得なシステムでした

f:id:retogenofu:20141022234947j:plain

あの[スーパーマリオ]と[メルセデスベンツ]のコラボCMが話題ですよね。

現実世界でのコラボだけではとどまらず、ゲームの世界でも、

コラボしているそうです。

[マリオカート8]でベンツとのコラボカーが配信中だとか。

 

コラボCMも、ちゃんと、昔のゲームの音が再現されていて、久しぶりに[ファミコン]で[スーパーマリオ]をプレイしたくなった方も、多いのではないのでしょうか···。

 

そんなマリオとのコラボCMですが、実は遥か昔に行われていました。

 

その会社は、「あの永谷園です!!」

 

今の永谷園のメインキャラクターは、力士の「遠藤関」ですが、遥か昔にマリオも、実は、メインキャラクターをやっていたんですね。

 

そのコラボCMのシステムも実にユニークでした。

ゲームソフトの中にCMが入っているんです。「さあ、ゲームをやろうかな!」とマリオの電源を入れると、いきなり永谷園のCMが流れ始めるんです。

[北島さぶろうさん]とマリオの貴重なCMが毎回流れます。···毎回。

 

マリオとさぶちゃんの夢の共演を、毎回、絶対に見てから、ゲームをプレイする事になるんですね。確かに、毎回ゲームをやるたびにCMを見ていたら、他のメーカーの商品を買うよりも永谷園にしようかな···となりますもんね(^^)

 

なぜ毎回、CMが入っても子ども達は文句を言わなかったのか?

それは、「他のゲームに比べて値段が安かったからなんです!!」

 

この時のゲームを買うシステムは、1枚のフロッピーディスクに、「お店でゲームを書き込んで貰って」プレイするシステムでした。ゲームをクリアしたり、飽きたりしたら、お店に持っていって違うゲームに書き換える事が出来ました。

 

そして、普通のゲームは500円でしたが、この[マリオブラザース永谷園バージョン]は、400円で書き換える事が出来ました。永谷園のCM分安く提供出来たんですね。

 

なので、永谷園は子ども人気を、子ども達は安くゲームを···と、

両方がお得なシステムだったんですね。

 

ゲーム会社に、[広告費でお金を払う事]はあっても、「ゲームをプレイする子ども、全てに還元する」というのは、珍しい事ではないのでしょうかね。今でもやってくれれば良いのに(^^)

 

実は遠藤関にとって、マリオは兄弟子だったのでした(^O^)