モノノフ的ゲーム紹介

モノノフ的にいろいろなゲームを解釈して行きます

Fw:バーチャルコンソールの友達にゲームソフトをプレゼントする機能について

あの時はごめんね

f:id:retogenofu:20141021141236j:plain

任天堂の「wii」で、「バーチャルコンソール」と言う機能があります。

インターネットに繋いで、昔のゲームソフトをデータで買う事が出来ます。

今はその機能が、廃止になってしまいましたが。

(次世代機のwiiUに移行したので)。

 

私は結構お世話になりました。一度ゲームを買えばオフライン状態でも出来るので、今までの買ったソフト達は今でも出来るはずですが···。そのゲームを買えるお店が、「wiiでは閉店しちゃったけど···」みたいな感じです。

 

そんなバーチャルコンソールにはある機能があります。

 

wiiには本体に「フレンドコード」と言う物があります。wiiのメールアドレスみたいなものですね。それを教えて貰うと、軽いメールや一緒にゲーム等が出来ます。

 

バーチャルコンソールでは、そのフレンドに、ゲームソフトをプレゼントする事が出来ます。「このゲーム懐かしいから是非やってみて!」とか、「このゲームちょーつまらないから、この感じ一緒に味わって」とか、あの時の子供の頃の感じに、タイムスリップした気持ちになれます。

 

その時は、プレゼントの機能はそんな印象でした···。

 

昔は、友達にゲームを借りてやるのが一般的でした。「今度の誕生日には、あれを頼んだよ!」とか聴くと、「ならちょっと待てば、借りてわたしも出来るな」とか思ってました。ゲームを借りた友達の、データを消しちゃうなんて事は、しょっちゅうでしたね。それで何日間も口きかないとか···。

 

そこで大抵トラブルが起きます。

 

誰になんのソフトを貸したかがわからなくなるんです。

「あれ?あのソフト誰に貸したっけ?」「このゲーム誰から借りたんだっけ?」

 

なのでゲームソフトにペンで、自分の名前を書いている人が結構いましたね。

なので、借りてそのまんまのゲームソフトが、まだ家にも何本か有りますね。

多分、友達の家にも、わたしの名前入りのソフトがあるんでしょうね···。

 

旅行で知らない土地に行って、レトロゲームを探していても、「大抵ゲームソフトに名前が書いているので、」おそらく全国的に共通なんでしょうね。時々電話番号まで書いている物までありますね。凄い時代でした···。

 

そんなファミコンのカセット達を見てなんとな~く気付きました!!

 

もしかしたら?バーチャルコンソールのプレゼント機能って、

あの時に借りたままで返せなかったゲームを、

「恥ずかしいながらも、今になって友達に返す機能なんじゃないか!」

 

今さら急に家にやって来て、「ハイ!あの時のスーパーマリオ返すね!」

って言われても困りますからねぇ。

 

だとしたらオシャレですよね。

 

そこまでもし、考えていたとしたら、任天堂は凄いなぁと思いますね。

 

バーチャルコンソールが廃止になってから、後になって気づいたので、もう遅いですが、昔のゲームソフトをデータで返したら面白いですよね。

「あの時のゲーム返すねっ!!」って感じで。

 

プレゼント機能で復活した友情も、もしかしたらあるかも知れませんね。

まあ、フレンドコードを聴くと言う作業が、結果的には一番大変なんですが。

 

急に昔の友達からフレンドメールが来て、

開けたら自分が大好きだったゲームソフトが入ってる。

そんなステキな関係も良いですね(^○^)